製造業向け「失敗しない部品の海外調達」のノウハウがわかるハンドブックを応募者全員に無料プレゼントするキャンペーンを開始しました

2020/11/19  近代精機 株式会社 

コロナ禍でも金属・樹脂加工品をアジア諸国から調達するためのノウハウが1冊で理解できるハンドブックを、製造業への社会貢献を目的に無料配布いたします。

製造現場応援企業 近代精機株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 可児 宜彦)は、生産設備・製造設備などに携わる開発・技術・調達購買担当者様向けに「コロナ禍でも金属・樹脂加工品をアジア諸国から調達するためのノウハウ」が1冊でわかるハンドブックを応募者に無料プレゼントするキャンペーンを開始しました。


製造現場応援企業 近代精機株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 可児 宜彦)は、生産設備・製造設備などに携わる開発・技術・調達購買担当者様向けに「コロナ禍でも金属・樹脂加工品をアジア諸国から調達するためのノウハウ」が1冊でわかるハンドブックを応募者に無料プレゼントするキャンペーンを開始しました。


【「コロナ禍でもできる!!失敗しない部品の海外調達のポイント」ハンドブックの概要】
今回無料ダウンロードができるハンドブックは、部品の海外調達コストダウンセンターを運営する、近代精機株式会社の海外調達に関する資料となっております。



お申込みページ:https://overseas-parts-processing.com/download


【このような方にオススメ】
● 生産技術・製造・調達など、金属・樹脂部品の設計・製作・調達に関わる方
● コストダウンにお悩みの方
● 海外調達をご検討の方

本ハンドブックは以下7つのコラムをベースに、上記の方向けに
海外調達における概要から注意点まで解説しております。

[ハンドブック内容]
1.どんな加工品が海外調達に向いているのか
2.海外部品加工と国内部品加工の流れの違い
3.失敗しない海外部品調達先の選び方
4.おすすめの部品調達先
5.海外部品調達で気を付けること
6.ありがちな海外部品調達トラブル
7.コロナ禍の変化による海外部品調達における注意点


【お申込み方法】
以下のページからどなたでもダウンロードを行っていただけます。
https://overseas-parts-processing.com/download


【部品の海外調達コストダウンセンターとは】

部品の海外調達コストダウンセンターとは、昭和39年に設立した愛知県の“製造現場応援企業”近代精機株式会社が設立した海外調達応援サイトです。全国の加工事例、海外調達やコストダウンのポイントをまとめたコラムを掲載、随時更新しております。



【URL】https://overseas-parts-processing.com

近代精機株式会社では、数十人程度の企業様から大手企業様まで数多くの海外調達実績がございます。
通常、部品製作を海外にて行うと”輸送コスト”と“輸送頻度”がネックとなりますが、現在は受注量が安定し”週2回程度”輸入を実施しております。

その結果、送料は各製品に分散されて安くなりますので、1個からでもコストダウンを実現できます。もちろん、生産能力も十分に確保しておりますので、1,000個以上といったオーダーでも十分に対応可能です

ものづくり業界における部品調達は、規格品でないことが多いためリードタイムが長くなりがちであり、コスト要求が満たされないというようなことが、国内でも起こります。また、様々な加工業者がそれぞれの技術を持っており、どこに依頼すればよいのかも見えづらいといった実情もあります。

海外調達ともなると物理的な距離とコミュニケーションの問題でさらに調達が複雑化し、さらにコロナウイルス感染拡大の影響で、これらの問題がさらに深刻化しています。

そこで、近代精機株式会社では「部品の海外調達コストダウンセンター」を立ち上げ、様々な金属・樹脂加工を一括して受け持ち、海外サプライヤーと顧客企業を繋げることで企業間取引をより円滑にし、コストダウンを実現することで、国内製造業の競争力向上を目指します。

【安全・安心して海外調達できる8つの理由】
海外調達のポイントは、高品質かつ人的ミスを最小限にし、顧客企業が国内調達と同じ感覚で注文できるようにすることです。近代精機株式会社では長年の海外調達実績から、安全・安心して8つの理由を確立しております。

理由1.信頼できる加工外注先を厳選し、密な連絡を徹底
弊社の協力工場は中国・ベトナムなどアジア圏にございますが、その中でも10年以上の長きに渡る取引を経て、対応レベルが国内とそん色のないレベルの製作精度・品質を実現でき、かつ短納期対応やトラブルに対応できるように24時間操業の工場を外注先として選定しております。

国内で外注加工を実施する場合、なるべく多くの企業と連携をとることでQCD向上を図りがちですが、当サイトの場合、あえて取引先を厳選し、コミュニケーションの頻度を高めております。


理由2.ISO9001認証を取得した弊社指導のもと、品質検査を実施!高い品質を実現
当サイトを運営する近代精機株式会社はISO9001認証を取得しており、そちらの基準に従った厳しい検査を、海外外注先においても指導・実施するなど、品質は国内生産レベルを満たすよう、日々尽力しております。 また、検査機に関しましては、三次元測定機を初めハイトゲージ、ブロックゲージ、ピンゲージなど、日本で品質検査を実施する場合と同じ設備にて、海外にて出荷前検査を行っておりますので、海外調達一番の不安要素である、品質に関しましても、ご安心ください。


理由3.複数の大手メーカーとの取引実績あり
大手企業様に依頼いただけるように品質保証体制と品質管理ノウハウを日々磨きこんでまいりました。その結果、大手Tier1、装置メーカー、電気機器メーカーなど、上場企業との取引実績も数多くあり、おかげ様でリピートもいただけております。今では大手企業様との取引実績も、安心して依頼いただける理由の一つとなっております。


理由4.国内で調達できるものは全て海外調達可能
近年では中国・ベトナムにおいても、最新・高性能な工作機械の普及が進み、 日本でできる加工は、ほとんど海外でも実施が可能になってきておりますので、 お客様には、日本の外注先にご依頼いただく場合と同じ感覚で、ご依頼をいただけます。 中でも依頼者様から特に驚かれるのは、製缶加工品の輸入も可能である点です。 製缶加工品のような大型製品・部品についても当然限界はありますが、 当サイトの調達ネットワークにて可能な限り調達します。 また、その際の海外工場は、もちろん弊社にて一貫してやり取りを実施いたしますので、海外とやり取りする際にネックになる「英語でのやり取り」「イメージが伝わらない」等の心配はございません。


理由5.設計・作図・装置製作まで対応
当サイトでは、部品加工・調達だけでなく、その周辺業務も含めて対応できます。
例えば、
・3DCADによる設計・作図
・装置の組立・据付・制御
・校正証書・品質保証書の発行
などもまとめてご依頼いただくことも可能です。

なお、以上のような周辺業務はコミュニケーションの頻度・物流・品質保証などのお客様への安心感を重視して、全て国内対応で行っております。


理由6“週2回”輸送によって1個からでも1000個以上でも対応可能!
通常、部品製作を海外にて行うと”輸送コスト”がネックとなりますが、現在は物量が安定し、”週2回程度”輸入を実施しております。

その結果、送料は各製品に分散されて安くなりますので、1個からでもコストダウンを実現できます。
なお、生産能力も十分に確保しておりますので、1000個以上といったオーダーでも十分に対応可能です。


理由7.万が一のトラブルに備え、国内外に特急調達・追加工体制を完備
部品製作を行う際、どうしても「不良品」の発生は防ぎきれません。
その際は、弊社にて特急製作対応をし、お客様のお手を煩わせないよう、最善を尽くしております。


理由8.日本材の指定、材質違いの計測、検査成績書の提出も可能
ISO9001を取得し、専門の検査チームが万全の体制で丁寧に品質保証しております。
例えば、海外部品加工・調達でありがちなトラブルは、製品の材質の番手が異なるトラブルがあげられますが、当サイトでは非破壊式の簡易な材質検査装置を導入することで、上記のトラブルを最小限に抑えております。

また、希望いただければ、日本材の指定や、各種検査成績書・校正証書など各検査データをお客様のご要望に合わせて納品時に添付いたします。

お手隙の際に、以下のサイトにアクセスいただき、お気軽にご依頼・ご相談いただければ幸いです。

【URL】
https://overseas-parts-processing.com

その他、ハンドブック・サイト・事業に関するご不明点がございましたら、以下にご連絡をお願いいたします。

【近代精機株式会社】
メール info@overseas-parts-processing.com
TEL 052-692-8201
FAX 052-692-8225
コーポレートサイトURL
http://www.kindaiseiki.co.jp

他の画像

関連業界