小児がんや重い病気と闘う子どもたちにビーズで勇気を!ABARTH(アバルト)が、クラウドファンディング「Share Christmas」の支援を募集開始

2020/11/19  FCAジャパン 株式会社 

・ABARTH(アバルト)は、2020年11月18日(水)から2020年12月25日(金)まで、小児がんや重い病気と闘う子どもたちに勇気を与える「ビーズ・オブ・カレッジ(勇気のビーズ)」プロジェクトのために支援金を集めるクラウドファンディング「Share Christmas」を実施。 ・「ピース・オブ・カレッジ(勇気のビーズ)」プログラムは、重い病気と闘う子どもたちが前向きになれるように考えられ、自分の闘病生活での治療過程を記録し、勇気や頑張りを讃える。 ・集まった支援金は30名の子ども達の1年間のビーズ・オブ・カレッジ参加費用 + 「はじめてセット」に当てられる。



FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)の取り扱いブランドである「ABARTH(アバルト)」は、2020年11月18日(水)から2020年12月25日(金)まで、小児がんや重い病気と闘う子どもたちに勇気を与える「ビーズ・オブ・カレッジ(勇気のビーズ)」プロジェクトのために支援金を集めるクラウドファンディング「Share Christmas」を実施します。




・期間:2020年11月18日(水)~ 2020年12月25日(金)
・目標金額:500,000円
・認定NPO法人 シャイン・オン・キッズ: https://ja.sokids.org/
・クラウドファンディングページ:https://greenfunding.jp/fca/projects/4231/






「ビーズ・オブ・カレッジ」プログラムは世界8カ国で数百以上、国内では23の病院に導入されています。白は化学療法、黒は穿刺、手術のときは星・・・色や形それぞれに意味のあるビーズに、子ども達は医療従事者である「ビーズ大使」と一緒に振り返りながら紐を通します。辛い経験を振り返り可視化することで、「頑張って乗り越えた」自信をつけ、次の治療に臨む勇気を得ることができるのです。小児がんのお子さまが退院するまでに受け取る平均的なビーズの数は、約900個にもなります。





現在、コロナ禍で入院中の子ども達は今まで以上に辛い思いをしています。

感染症対策のため、ご家族との面会は人数・時間共にかなり制限されています。院内のアクティビティは中止、プレイルームで集まって遊ぶことが難しい病院も多い状況です。緊急事態宣言解除により一旦緩和の傾向がありましたが、全国的に新規感染者が増大したことで対策を再度強化した病院もあります。地域ごとの差はあるものの、具体的な収束が見えない現在、子ども達の入院生活はさらに楽しみの少ない状況にあるといいます。

現在、4病院で「ビーズ・オブ・カレッジ」プログラムが新規導入を検討中であることからも、ニーズが高まっていることは明らかです。全国の「ビーズ大使」の方々からは、「コロナ禍の中、コミュニケーションツールとしてとても役立っている」「ほかに楽しめることがない」「心待ちにしている友達との面会が制限されたことで、以前よりもビーズ繋ぎを頻繁にやりたがる子がいた」「家族との面会の際に今まで以上にビーズを介して会話が弾んでいるようだ」等の声も聞こえてきます。深刻な状況だからこそプログラムに潜在する大きなちからが、さらに働き始めています。

そこで、より多くの子どもたちに「ビーズ・オブ・カレッジ」プログラムに参加してもらえるように、支援を募ることを開始しました。








「ビーズ・オブ・カレッジ」の一人あたりの費用は1年で約15,000円になり、2009年の導入以来認定NPO法人 シャイン・オン・キッズが負担しています。ご支援いただいた資金は30人の子ども達の1年間のビーズ・オブ・カレッジ参加費用 + 「はじめてセット」に当てられます。支援金を集めることにより、このような深刻な状況でより多くの子どもたちに「ビーズ・オブ・カレッジ」プログラムに参加ができるようになります。







認定NPO法人 シャイン・オン・キッズは、日本の小児がんや重い病気を患っている子どもたちとそのご家族の生活が楽になるよう支えることに力を注いでいます。小児がんや重い病気の子どもたちとそのご家族を力づける活動や医療チームと治療の充実のための活動、研究開発への支援と小児がんの認知を高めるために向かって活動しています。






「チャレンジスピリット」を大切にしているABARTH(アバルト)は、小児がんや重い病気と闘う子どもたちの「心のケア」のための活動を行う認定NPO法人「シャイン・オン・キッズ」の理念に深く共感し、長年にわたりサポートを続けています。一人でも多くの子どもたちが、自信と勇気を持って、次の治療に臨めるように、さまざまイベントや取り組みをABARTH(アバルト)がサポートしています。


【ABARTH ソーシャルメディア】
Facebook https://www.facebook.com/Abarth.Japan/
Twitter https://twitter.com/ABARTH_JAPAN
Instagram https://www.instagram.com/abarth_japan/

他の画像

関連業界