楽天インサイト、「インフルエンザに関する調査」結果を発表

2020/11/19  楽天 株式会社 

‐ 今年インフルエンザ予防接種を受ける理由は「新型コロナウイルスとの同時流行が心配だから」 ‐

URL:https://insight.rakuten.co.jp/report/20201119/  楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 秀文、以下「楽天インサイト」)は、「インフルエンザに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2020年10月12日(月)から10月14日(水)の3日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20~79歳の男女1,000人を対象に行いました。コロナ禍が続く中で人々のインフルエンザ予防に対する意識や、「インフルエンザ・ハラスメント」(注)の認知度についても調査しました。 (注)インフルエンザ・ハラスメントとは、インフルエンザを理由とした嫌がらせのこと。


■□ 調査結果概要 □■


■今年、インフルエンザ予防接種を「受けた・受ける予定がある」人は、昨年「受けた」人の約1.4倍
 インフルエンザの予防接種を今年度(2020年4月以降)および昨年度(2019年4月~2020年3月)に受けたか、あるいは受ける予定があるかどうかを聞いたところ、アンケート回答時点で、今年度「受けた」(11.0%)、「受ける予定がある」(51.2%)と答えた人の合計は62.2%となり、昨年度「受けた」(43.4%)と答えた人と比べると約1.4倍の結果となった。
 年代別にみると、男性60代、女性60代で今年度「受けた」、「受ける予定がある」人は昨年度「受けた」人の約1.6倍の結果となった。

■今年、予防接種を受ける理由は「コロナとの同時流行が心配」が過半数を超える結果に
 今年度インフルエンザの予防接種を「受けた」、「受ける予定」と回答した人と、昨年度予防接種を「受けた」と回答した人に対して、それぞれ理由を聞いたところ、昨年度では「重症化させたくない」(58.1%)が最も多い理由だったことに対し、今年度では「新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が心配だから」(55.0%)が過半数を超える結果となった。今年度では、次いで「重症化させたくない」(51.3%)、「周りの人にうつしたくない」(35.4%)が続いた。

■今年度インフルエンザ予防接種を受けない理由は「接種費用が高い」・「効果がないと思う」がそれぞれ4分の1以上
 今年度インフルエンザの予防接種を「受けない」と回答した人と、昨年度予防接種を「受けなかった」と回答した人に対して、それぞれ理由を聞いたところ、昨年度では「自分はかからないと思う」(28.5%)が最も多かったことに対し、今年度は「予防接種の接種費用が高い」(25.8%)、「インフルエンザ予防接種に効果がないと思う」(25.5%)がそれぞれ全体の4分の1以上を占めた。また、「新型コロナウイルスへの不安があり外出したくないから」を理由として挙げた人は8.6%だった。

■インフルエンザ予防のために新たに心掛けたいことは「特になし」がトップ。次いで「アルコール消毒」、「適度な運動」
 インフルエンザの予防に関して、「今まで心がけていたこと」を聞いたところ、「手洗い」(76.3%)、「マスクの着用」(62.6%)、「うがい」(59.7%)が上位3位となった。
 また、インフルエンザの予防に関して、「これから新たに心がけようと思っていること」を聞いたところ、「特になし」(23.8%)が最も多く、次いで「アルコール消毒」(19.5%)、「適度な運動」(17.7%)、「予防接種を受ける」(16.2%)が続いた。「ソファー、寝具、マット等の防カビ・除菌」(16.0%)も5位に入り、「マスクの着用」(15.4%)も6位に入った。
 その他の自由回答では、「人混みを避ける」(女性50代ほか)、「下半身の冷え防止」(男性50代)といった回答がみられた。

■インフルエンザ予防のために摂取を心がけようと思っている・心がけている食べ物は「特になし」が約4割、「ビタミンCを摂取できる食材(みかんやゆずなどの柑橘類・緑茶など)」が約3割
 回答者全員に、インフルエンザ予防のために摂取を心がけようと思っている・すでに心がけている食べ物を聞いたところ、一番多かった回答は「特になし」と回答した人で約4割(37.3%)だった。次いで、「ビタミンCを摂取できる食材(みかんやゆずなどの柑橘類・緑茶など)」(33.4%)、「発酵食品(味噌・ヨーグルト・チーズ・納豆・漬物・米ぬか・米麹など)」(32.7%)が続いた。他にも「緑黄色野菜(人参・ほうれん草・かぼちゃなど)」(22.3%)、「体を温める食材(生姜・ニンニク・ネギ・香味野菜など)」(21.1%)の回答がみられた。

※回答者の回答結果であり、予防効果を保証するものではありません。

■「インフルエンザ・ハラスメント」認知度は12.5%である一方で、全体の約3分の1がインフルエンザに関して何らかの嫌な経験があると回答
 「インフルエンザ・ハラスメント」という言葉の認知を聞いたところ、「知っている(「よく知っている」と「だいたい知っている」の合計値)」は12.5%で、回答者のうち66.8%は「聞いたこともないし全く知らない」と答えた。
 一方、インフルエンザに関して何らかの嫌な経験をしたと回答した人は35.0%にのぼった。最も多かったのは「インフルエンザにかかっているのに出社・登校している人がいて感染しないか不安に感じた」(24.9%)、次いで「インフルエンザにかかったが、休みにくい・早退しにくい雰囲気を感じた」(10.8%)だった。「インフルエンザの疑いがあったのに、職場や学校が原因で病院に行かせてもらえなかった」と回答した人は3.2%、「インフルエンザにかかったことで悪口を言われた・避けられた」と回答した人は2.9%、「インフルエンザにかかったが、職場や学校から出社を強要された」と回答した人は2.8%という結果になった。

より詳細な調査結果は以下よりご覧いただけます。
https://insight.rakuten.co.jp/report/20201119/

【調査概要】
調査エリア    : 全国
調査対象者    : 20歳~79歳 男女(人口構成比)
回収サンプルサイズ: 1,000サンプル
調査期間     : 2020年10月12日(月)から10月14日(水)
調査実施機関   : 楽天インサイト株式会社
(注)本レポートでは小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合があります。

以 上

関連業界