WeCharge電気自動車充電サービス、マンション居住者向けに「充電設備設置サポートキャンペーン」を開始! 管理組合や賃貸オーナーとの交渉、充電インフラ補助金申請も全て代行

2020/11/19  ユビ電 株式会社 

マンションで「おうち充電」できる。毎朝、電気自動車は満充電で出発だ。マンション駐車場からEVシフトを起こそう!

▶ マンション居住者(分譲・賃貸問わず)が、マンション共用部駐車場でEVを「おうち充電」できる環境つくりをサポートするキャンペーン ▶ 主なサポート内容は、マンション管理組合や賃貸オーナーとの交渉、経済産業省や東京都の充電インフラ補助金申請の代行 ▶ 共用部駐車場の専用使用権と同じように、EVコンセントでの充電についても専用使用権を ▶ WeCharge電気自動車充電サービスは、EV充電に使った電気代相当を、充電受益者が負担する仕組み


ユビ電株式会社(以下、「ユビ電」)は、マンション駐車場で電気自動車(以下、「EV」)やプラグインハイブリッド車(以下、「PHEV」)を「おうち充電」したいマンション居住者向けに「充電設備設置サポートキャンペーン」を開始しました。

マンション居住者向け充電設備設置サポートキャンペーンの詳細情報については、以下特設サイトをご参照ください。

マンション居住者向け充電設備設置サポート特設サイト
https://www.wecharge.com/aptcnp


東京、大阪、名古屋は、一戸建てより集合住宅に住んでいる人の割合が多い大都市です。この大都市におけるEV充電環境つくりを解決しないと、日本のEVシフト元年は始まらない。WeCharge電気自動車充電サービスは、マンション駐車場で「おうち充電」をしたい居住者を全力でサポートします。


マンション駐車場に充電設備がない。それならEVオーナーやEV購入予定の居住者の方が、設置・導入しませんか。集合住宅向け充電インフラ補助金を活用し、補助金9割、自己負担1割で、充電設備を導入できます。管理組合や賃貸オーナーとの交渉も、全てWeChargeが代行します。

マンション居住者が充電設備を設置する場合、管理組合や賃貸オーナーの設置費用やランニングコストは不要で、充電環境つくりの合意形成が容易です。またWeChargeでは、充電管理や充電課金などの初期費用、ランニングコストを、管理組合や賃貸オーナーに一切求めません。
WeCharge電気自動車充電サービス

マンション駐車場で充電できたら、毎朝、満充電で出発できます。もうガソリンスタンドに行く必要も、公共の充電スポットに通う必要もありません。あなたに安心して帰ることができる「おうち」があるように、EVにも安心して帰ることができる「おうち」を用意しましょう。
WeCharge電気自動車充電サービス

充電に使った共用部の電気代相当は、管理組合や賃貸オーナーにWeChargeが費用をお戻しします。WeChargeは対応するコネクティッドカーと連携し、マンション駐車場で充電した電気代相当を自動的に記録し、清算、返戻します。

WeChargeが対応するコネクティッドEV、PHEVメーカー:テスラ 、ジャガー、ランドローバー

わたしたち皆に公平で、わたしたち皆の充電サービス、それがWeCharge電気自動車充電サービスです。

ユビ電は、今までEV充電が難しいとされてきた集合住宅、マンションの駐車場を起点に、いつでもどこでも「じぶんの電気」を使える電力環境づくりを目指しています。もっともっと充電場所が増えれば、ますますEVは便利で使い易くなります。マンション駐車場での充電課題を解決し、EVシフトのさらなる加速を目指します。

マンション居住者向け充電設備設置サポート特設サイト
https://www.wecharge.com/aptcnp


WeCharge電気自動車充電サービス

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース