KeyShot 3Dレンダリング・ソフトウェア、ストラタシスのフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンタをフル・サポート

2020/11/19  株式会社 ストラタシス・ジャパン 

スクリーンから実物まで、J55/J8シリーズPolyJet 3Dプリンタによる超リアルな製品モデルの迅速で容易な製作が実現

3Dプリンティングにより、新しいデザインの造形プロトタイピングは極めて容易になっています。しかし、色、材料、仕上げ(CMF:カラー、マテリアル、フィニッシュ)の正確なシミュレーションには膨大な時間とコストが必要です。しかしながら、このたび、最新のKeyShot 10 3Dレンダリング・ソフトウェアとStratasys Ltd.(以下ストラタシス)のJ55(TM)/J8シリーズ3Dプリンタにより、クリックと造形ジョブを走らせるだけで簡単に完了できるようになりました。


ストラタシスのフルカラー・マルチマテリアル3DプリンタとLuxionのKeyShotの最新バージョンは、従来のSTL、OBJ、VRMLファイルに比べ大幅な向上を実現した新しい3MFファイル・フォーマットをサポートします。3MFにデザインを保存することで、KeyShot 10は布や木材のようなテクスチャを3次元でシミュレーションするための正確な色やバンプ/ディスプレイスメント・マップとともに、3D造形用ファイルの作成が可能になります。2021年にさらなる機能強化が予定されています。

米オハイオ州コロンバスのPriority Designsはオフィス環境に最適なJ55 3Dプリンタを使用しており、新しいKeyShot 10機能のベータ版ユーザーとなりました。シニア・インダストリアル・デザイナーのErik Fickas氏は、一連のデザイン・オプションを3Dプリンティングした場合の速さとシンプルさはまったく新しい体験だったと話しています。

Erik Fickas氏は「私たちはこのBluetoothスピーカー・モデルを開発した際にKeyShotを使用してスピーカー・グリルのようなテクスチャをすべて追加し、3Dプリンティングのために新しい3MFファイル・フォーマットに保存しました」と述べ、さらに「私たちは5つの異なる木材サンプルと異なる布サンプルを使い、5つの異なるモデルを一晩で作成しました。これまで、木材のテクスチャのラピッドプロトタイピングはとても大変な作業でしたが、以前は信じられなかったことが現在では可能になっています」と語りました。

ストラタシスの推定によると、従来のモデリングでは最終イテレーションに1週間から3週間を要していたのに対し、3MFファイルのサポートとKeyShotにより、CMFモデルの3D造形モデリング時間を1日に短縮できます。この新しいワークフローにより、デザイン・プロセスでCMFデザイン・フェーズをより早期に開始でき、新製品の迅速な市場投入とともに、モデリングの内製化が可能になり、知的所有権の損失リスクを低減できます。

ストラタシスのデザイン担当バイス・プレジデントのShamir Shohamは「J55により、場所を問わずデザイン・スタジオが真のフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンティングを使用できるようになりました。しかし、製品のデザイン方法を完全に変えるためには、ワークフロー全体をシンプルにする必要がありました」と述べ、さらに「PolyJet 3DプリンタにKeyShotのサポートが加わったことにより、コンセプト・デザインだけに3Dプリンティングを使用し、詳細なデザインのためには時間とコストのかかる従来のモデルを使用していた場合に比べ、追加的なメリットが生まれました」と語りました。

Luxionはストラタシスとともに両社共通のお客様と協力し、3Dプリンティングをよりシンプルにするために新しいKeyShot 10 Smart Export機能を向上しました。Luxionの製品およびストラテジー担当バイス・プレジデントのDerek Cicero氏は「私たちは自動UV展開、ベイク、ファイル・パッケージングをすべてワンステップで処理し、J55などの次世代フルCMFプリンタによる容易かつ高速で直観的な3Dプリンティングを可能にしました」と述べ、さらに「私たちは色、テクスチャ、その他の主要な製造情報についてのデータを包含した、業界で実証済みのオープン・フォーマットとして3MFをストラタシスとともに活用し、STLから大きな一歩を踏み出せたことを誇りに思います」と語りました。

3MFはストラタシスが主要メンバーとなっている3MFコンソーシアムが作成し、近年ますます普及が進んでいるオープンソース・ファイル・フォーマットです。このフォーマットはモデルの内部やメタデータのボクセル・レベル制御までを可能にするすべてのモデル情報を1つのパッケージに収めており、ワークフローが改善します。他の3Dプリンティング企業も3MFモデルに対するサポートを提供している中で、ストラタシスだけが3MFフォーマットの機能のメリットをフルに発揮できるPANTONE(R)認証済みフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンタを提供しています。KeyShotに加え、ストラタシスはSOLIDWORKS(R)など、多数のアプリケーション向け3MFのサポートも提供しています。

J55/J8シリーズ・プリンタでの3MFフォーマットによる3Dプリンティングの詳細については、https://www.stratasys.co.jp/software をご覧ください。Priority Designsは新しいKeyShot機能を使った体験をオンライン・ビデオ(https://share.vidyard.com/watch/e77nr2YkaFonBPTfJGUfpF?)で紹介しています。
デザイナーはKeyShotソフトウェアからストラタシスのPolyJetプリンタに データを送るだけで、フルカラーと木材のようなテクスチャでの3Dプリントが 可能になりました。
ストラタシスについて
ストラタシスは3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)技術で世界をリードする企業です。30年にわたり、ストラタシスの製品は製品開発期間、コスト、工具コストの削減/解消、製品の品質向上をサポートしてきました。ストラタシスはFDM(R) およびPolyJet™ 3Dプリンタ、各3Dプリンタ材料の製造販売、ソフトウェア開発販売、エキスパート・サービス、パーツ造形サービスに関するソリューションや専門知識を提供します。その技術は航空宇宙、車載、ヘルスケア、コンシューマ製品、教育などのさまざまな産業向けのプロトタイプ、治工具、生産部品の製造に利用されています。詳細については、https://www.stratasys.co.jp/をご覧ください。

ストラタシス・ジャパンはStratasys Ltd.の日本子会社で、ストラタシスが製造する3Dプリンタおよび3Dプリンタ材料の販売やパーツ造形サービス(DFP)の提供を行っています。本社は東京都中央区で、大阪に支店があります。

Stratasys、PolyJet、J55はStratasys Ltd.と子会社の両方あるいはいずれか一方の商標です。他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属し、ストラタシスはこれら非ストラタシス製品の選択、性能、使用に関して一切の責任を負わないものとします。

他の画像

関連業界