2020年、ニューノーマル時代の大掃除には多機能で家の隅々までお掃除可能なエレクトロラックスのWell Q7、Well Q6 が大活躍!

2020/11/19  エレクトロラックス・プロフェッショナル・ジャパン 株式会社 

テレワークに集中できるデスク周りの環境づくりとソファーや寝具のケアもしっかり行い、長く過ごす空間を快適に



2020年も年の瀬が近づいてまいりました。今年は新型コロナウイルスの流行により、自宅で過ごす時間が非常に長くなり、ニューノーマルと呼ばれるライフスタイルへと人々の暮らしも大きく変化を遂げました。当社が実施した調査*1によると、家の中の汚れが気になる方は83%も存在し、家の中をキレイにしたいという人々の欲求が高まった年だと言えるでしょう(図1)。
大掃除では普段掃除する場所を念入りにキレイにするのはもちろん、普段はあまり掃除の手が回らない家中の至る所までキレイにしたいもの。家にいる時間が長くなり、室内の環境で特に気になるところは?という問いに対しては、1位 床(68%)、2位 エアコンの上やフィルター(62%)、3位 お部屋の空気(55%)、4位 布団の埃(33%)、5位 ソファーなどのファブリック製品(33%)という結果に。床はもちろん、お部屋の隅々まで気にするようになっていることがわかりました(図2)。また、リモートワークになった方からは、机の上や画面の埃が気になるといった今年ならではの声も。その他、ペットの匂いや抜けた毛を挙げる方が多いことも明らかになり、ペットと一緒に過ごせる時間は増えたものの、室内環境としては気になるポイントとなっているようです。冬の間を快適に、健康に過ごすためにも例年以上に家の隅々まで見落とさずに掃除しましょう。

そこで、2021年を気持ちよく迎えるために下記の3つのポイントを意識して大掃除をしてみてはいかがでしょうか。
■ニューノーマルの大掃除ポイント
1.床はもちろん家の隅々までしっかりとお掃除を
2.テレワークで頻繁に使うデスク周りはハンディクリーナーで常に快適に
3.洗えないファブリック製品のお手入れも忘れずに

1.床はもちろん家の隅々までしっかりとお掃除を


家で過ごす時間が長くなり気になるようになった場所1 位の床。床を壁際まで掃除し、さらにフローリングの溝の埃も、しっかりと掃除することが重要です。エレクトロラックスのWell Q7、Well Q6 はゴミ除去率99%*2 で壁際の埃も吸い取り、フローリングの溝の吸引力は従来機種の約7 倍*3 と、ゴミはもちろんペットの抜け毛などもしっかりと吸い取ります。
床の見える部分はキレイになったのに、なんだか家がスッキリしない…という時には、壁と家具のすき間や、床と家具の間の掃除が不十分かもしれません。WellQ7、Well Q6 のヘッドにはワイド設計のLED ライトを搭載しており、暗いところまでしっかりと照らすので、ゴミの吸い残しを防ぐことができます。また、製品を寝かせた時の高さはわずか13.5cm とソファーやベッドの下にもしっかりとヘッドが届きます。さらにスーパーロングノズル*4 を使えば、エアコンの上など目立ちにくい高い場所の掃除にも役立ちます。

2. テレワークで頻繁に使うデスク周りはハンディクリーナーで常に快適に
デスク周りは、コンセント類や書類、本棚の上の物のすき間などに埃が溜まっています。Well Q7、Well Q6はハンドユニット部分を引き出すだけでハンディクリーナーに早変わり。ハンディクリーナーは小回りが利くため、デスクまわりの細かい部分にも便利です。本棚の上もブラシノズルをつけて掃除すれば、埃をスッキリ吸い取ります。

3. 洗えないファブリック製品のお手入れも忘れずに

家で過ごす時間が増え、ソファーに座って家族団らんの時間を過ごす時間が長くなった方も多いのではないでしょうか。ファブリック製品はフケや垢が溜まるとダニの発生リスクになってしまうため、大掃除でしっかりとケアしたいポイントです。Well Q7、Well Q6の付属アクセサリーを使えば、洗えないファブリック製品のお手入れもばっちり。ソファーなどの傷みやすいファブリック製品にはソフトブラシノズルで優しくゴミを吸い取りましょう。また、UVベッドノズル*5を使えば、ファブリック製品がよりキレイに、クッションのすき間などにはすき間ノズルが活躍します。


このように、細かい部分の掃除には、多機能で家中ありとあらゆる箇所に対応するWell Q7、Well Q6が大活躍です。さらに、Well Q7、Well Q6は0.7~10μmまでの微粒子を99.9%*6キャッチする5段階フィルターを搭載しているため、排気もキレイで窓を開けずに使用が可能。寒い冬でも快適に掃除いただくことができます。

■大掃除にはバリエーション豊かなアクセサリーが大活躍!
Well Q7、Well Q6は、アクセサリーを付け替えることで家中様々な場所の掃除ができるのが大きな魅力。普段よく使うものから大掃除に便利なものまで、各アクセサリーの役割と活用法を見てみましょう。



ブラシノズル

ハンドユニットに取り付けることで、細かい埃やゴミをしっかり吸い取ります。小さなパーツですが、充電台やすき間ノズルの先端に収納可能なので、なくしてしまう心配もありません。

すき間ノズル*7

壁際や部屋の隅、家具と家具や家電製品の隙間など、埃がたまりやすいところの掃除に最適です。本体の後ろに収納できるので、いつでもどこでもさっと取り出して掃除ができます。

UVベッドノズル*5

UVライトで布団やソファーなどのファブリック製品をキレイにすることができます。Well Q7のUVベッドノズルには新開発のものが採用されており、吸い込み口が従来品より広いため一度に広範囲の掃除が可能です。


ソフトブラシノズル

柔らかいブラシがついたノズルです。大切な家具や、ファブリック製品を優しく傷つけずに掃除することができます。


スーパーロングノズル+スーパーロングノズル用ブラシ

+スーパーロングノズル用アングルブラシ*4
カーテンレールの上や窓のサッシなどの高いところにも届くため、楽々掃除が可能です。アングルブラシをつければ角度を変えることができ、エアコンの上やランプシェイドの上など手が届かない見えないところまでしっかりとゴミを吸い取ります。また、スーパーロングノズルとスーパーロングノズル用のブラシは本体の後ろに収納できるので、いつでもどこでもさっと取り出して掃除ができます。



*1 エレクトロラックス・ジャパン「新型コロナウイルス流行後のご自宅での暮らしについて」2020年8月 N=3781 エレクトロラックスメールマガジン登録および製品登録しているユーザーのうち、マーケティング関連のコンタクトに同意いただいている方に対して実施。
*2国際規格IEC62885-2 ed.1に基づき、2020年8月に自社ラボラトリーにて実施された、ゴミ除去率テストの結果。WQ71-2BSWFの場合。
*3 国際規格IEC62885-2 ed.1に基づき、2020年8月に自社ラボラトリーにて実施された、ゴミ除去率テストの結果。WQ71-2BSWFとZB3324Bとの比較。
*4 サテンホワイト、デニムブルーにのみ付属
*5 サテンホワイトにのみ付属
*6 国際規格ISO16890に基づき、2020年8月に自社ラボラトリーにて実施された、0.7-10μmの微粒子のゴミ除去の試験結果。
*7 グラニッドグレーにのみ付属

■Well Q7・Well Q6ラインナップ

■ Well Q7・Well Q6 製品詳細

■エレクトロラックスについて
エレクトロラックスは、北欧スウェーデンに本社を置くグローバルな家電メーカーのリーディングカンパニーであり、世界約120以上のマーケットで年間6,000万台以上の製品を販売しています。豊富な経験に基づく確かな技術力とイノベーションにより、細部にまで配慮され消費者のニーズにあった製品を提供することに注力し、北欧ならではのシンプルなデザインと、製品性能や環境性能の高さでご好評をいただいております。
当社は1912年に家庭用真空式電気掃除機を発売して以来、初の家庭用食洗機(1950年)や電子レンジ(1960年代)、そして世界初の市販の家庭用ロボット掃除機(2001年)など、100年以上にわたり、常に時代をリードする革新的な製品を提供してまいりました。
エレクトロラックスは、Swedish thinking. Better living.の考えのもと、スウェーデンの価値観に基づき、サステナブルでバランスのとれた住まいを通じてより良い暮らし体験を提供できるよう努めてまいります。 使う人への細やかな思いやりにみちたデザインや機能は、北欧はもちろん世界中の人々に愛されています。 2004年には、スティック&ハンディで場所を選ばず自由自在に掃除ができる2in1コードレスクリーナーergorapido(R)(エルゴラピード)シリーズの発売を開始。2019年度には世界累計販売台数1800万台(自社調べ)を達成し、コードレスクリーナーのパイオニアとして、日本の皆さまにも広くご愛用いただいています。

他の画像

関連業界