株式会社ナルネットコミュニケーションズ、株式会社ジャステックと人材紹介で業務提携

2020/11/20  株式会社 ナルネットコミュニケーションズ 

自動車メンテナンス受託管理のリーディング・プレイヤーである株式会社ナルネットコミュニケーションズ(本社:愛知県春日井市、代表取締役社長:鈴木隆志、以下「ナルネットコミュニケーションズ」)は、人材サービス等を提供する株式会社ジャステック(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:増井 道春、以下「ジャステック」)と、自動車整備工場向け人材紹介サービスを開始するため2020年10月29日に業務提携したことを発表します。


近年、自動車整備工場では整備士の不足および高齢化という問題が顕著になっており、整備要員の確保が課題となっています。2019年~2023年に延べ約13,000人の人材不足が見込まれ、法務省によれば、このうち約7,000人を外国人で対処する計画です。ナルネットコミュニケーションズは外国人人材サービスを得意分野とするジャステックと業務提携し、人材不足に悩む自動車整備業界に外国人を主とした人材サービスを提供することにより、自動車整備工場の課題解決に挑みます。

ナルネットコミュニケーションズは2019年に新しい経営ビジョンとして「移動に関わる領域に軸足を置きながら、お客さまや社会が抱える課題に真摯に向きあい、課題を仕組みで解決するリーディング・プレイヤーへ」を掲げており、この業務提携は新経営ビジョンに沿った新しいサービス提供の一環です。

整備士の有効求人倍率は年々増加傾向にあり、全国平均4.46倍(2018年)に達しています。採用難の背景として、若者の自動車離れや職業選択の多様化があり、専修学校(自動車整備学科)の入学者数は2014年度9,193人から2018年度8,124人と減少し、定員の70%に満たない現状があります(文部科学省調べ)。このように新たな整備士のなり手が不足する中、日本自動車整備振興会連合会の実態調査結果(2014年度)によれば、全国の自動車整備工場の約50%で整備士が不足しており、約10%においては事業に支障をきたすほど深刻な状況です。


ナルネットコミュニケーションズについて

 ナルネットコミュニケーションズは、愛知県を本拠地とする自動車メンテナンス受託管理会社です。1978年「日本オートリース」として誕生後、徐々に事業を拡大し、オートリース会社に対する車両管理・メンテナンスや残価保証、個人向けリース商品の企画・提案、車両買取などを実施しています。



全国約9,400カ所の提携工場に管理車両のメンテナンスを委託、本社で車両情報を一元的に管理し、効率的なデータ収集や顧客対応を実施しています。少ない入庫回数で充分なサービスを行うことで車両稼働率を向上させ、自動車ユーザーの利便性を高めるほか、独自の整備データベースに蓄積した整備記録に基づくメンテナンス料算出を行うことで整備工場の業務効率化を支援しています。

社名:株式会社 ナルネットコミュニケーションズ
設立:1978年7月5日(会社設立時の社名:日本オートリース株式会社)
本社:愛知県春日井市下市場町5丁目1番地16
代表者:代表取締役社長 鈴木 隆志
資本金:50百万円
社員数:166人(2020年3月31日現在)
URL:https://www.nal-mt.co.jp/


ジャステックについて

社名:株式会社ジャステック
設立:1991年10月1日
本社:愛知県名古屋市中区栄二丁目9番5号 アーク栄東海ビル4F
代表者:代表取締役社長 増井 道春
資本金:20百万円
派遣事業許可番号:派遣事業 派23-302047
職業紹介事業許可番号:職業紹介事業 23-ユ-302097
URL:https://n-justec.co.jp/

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース