SaaS企業データ、分析を提供する『企業データが使えるノート』がnoteにて有料継続マガジンをリリース

2020/11/20  株式会社 クラフトデータ 

月額1,980円で「アナリストにSaaS企業データ集計・分析をアウトソース」

株式会社クラフトデータ(本社:東京都目黒区、代表取締役:早船明夫、以下、当社)は、メディアプラットフォームである「note」において、『企業データが使えるノート』の有料継続マガジンをリリースしたことをお知らせします。


『企業データが使えるノート』有料継続マガジンは、「アナリストにSaaS企業分析・データ作成をアウトソースできる」というコンセプトのもと、金融情報業界で長年経験を持つアナリストがnoteでSaaS KPIデータや企業分析コンテツを定期配信する月額制有料コンテンツです。



近年、SaaSスタートアップ設立やSaaS企業の新規上場が増える中で、これらの企業データを分析し、戦略策定や投資検討に活用したいというニーズが高まっています。一方で、ARRやChurn Rateといった、いわゆるSaaS KPIデータを集約したコンテンツや企業分析情報は断片的な公開情報のみが存在する状況にありました。

そのような課題感に対し、当社では、2020年初より国内上場企業のSaaS KPIや、バリュエーションデータ、資金調達データを独自集計し、noteにて無償配信を行い多くのSaaS起業家・投資家に情報提供を行って参りました。

現在では、月間数万件規模のインプレッションを集めるとともに、国内SaaS上場企業やスタートアップ関係者の注目を多く集めるメディアに成長をしました。

■ 現在までに多くの注目を集めたコンテンツ例

- SaaS KPI公表の全て(https://bit.ly/3pA5PVI)

-【特集】知られざるSaaS企業 ラクス」(https://bit.ly/35yyu5A


『企業データが使えるノート』では、日本のDX推進を牽引するSaaS企業をデータ・コンテンツで後押しすべく、オリジナリティの高い情報を提供していきます。


コンテンツに対するユーザーのコメント


SaaSの現状が網羅的にまとまっていて非常に有益だと感じています。SaaSに関するKPIやSaaS運営企業の業績、トレンドへの言及、解説はIR面、経営管理面で参考にしていて、非常に重宝しています。経営管理メンバーにも必ず共有して理解するように伝えています。(株式会社ユーザベース CFO 千葉大輔 氏)
コンテンツ作成を行っているアナリストはユーザベース社のSPEEDAをはじめ、多くの企業情報サービスで活躍した経歴を持ち、高いクオリティのコンテンツを作成しています。SaaSという切り口で個人単位でのデータ・コンテンツ購入が可能であることは非常に有用だと感じています。(株式会社xenodata lab. 代表取締役社長 関 洋二郎 氏)



■ 『企業データが使えるノート』有料継続マガジンとは?

メディアプラットフォーム「note」内での月額制有料コンテンツ

『企業データが使えるノート』解説ページ( https://bit.ly/32XUMfq


< 提供コンテンツ(以下コンテンツを月に7~8本配信) >
- 国内SaaS企業各社のComps、マルチプルデータ
- SaaS企業のARRやChurn Rate、NRRなど最新KPIデータ
- 資金調達を行ったバーティカルSaaS企業一覧
- SaaS企業の成長要因分析
- アナリストが見出す今後の成長SaaS企業

■ 有料課金形態(note内課金)
- 個人利用 月額 1,980円
- 法人利用 月額 10,000円(法人版は順次リリース予定)

■ 株式会社クラフトデータ
国内企業の財務・IRデータ組成・コンテンツ提供を主要事業。主に国内ベンチャーキャピタルのコンテンツ運営や『企業データが使えるノート』などを通じ、情報提供を行う。

名称|株式会社クラフトデータ
事業内容|国内企業の財務、IRデータ・コンテンツ組成
設立日|2020年3月
代表者|代表取締役社長 早船 明夫
株式会社アイフィスジャパンにて機関投資家向けデータ・アプリケーション営業、経営企画室を経て、2013年より、株式会社ユーザベースに入社。SaaSプロダクトSPEEDA事業部にてコンサルタント、マネージャーを務め、2020年より独立し、株式会社クラフトデータを起業。ユーザベース子会社ベンチャーキャピタル 「UB Ventures」にてシニアアナリストとして外部パートナーも務める。

■本件に関するお問い合わせ
akio.hayafune@craftdata.jp

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース