宝塚OGによるチャリティーコンサート「忘れない~天国の大切なあの人へ~」2020再配信決定! 宝塚OGの歌と朗読をオンデマンドで!

2021/01/12  株式会社 毎日新聞社 

出演:杜けあき、北翔海莉、遠野あすか、沙央くらま、七海ひろき、十碧れいや

2021年1月24日(日)~2月7日(日)の2週間、宝塚OG 毎日希望奨学金チャリティーコンサート「忘れない~天国の大切なあの人へ~」2020の映像を、イープラス「Streaming+」、チケットぴあ「PIA LIVE STREAM」、ローソンチケット「ローチケLIVE STREAMING」にて有料オンデマンドで再配信いたします。


2020年3月に予定していた同公演は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、出演予定だった宝塚OGのみなさんから「震災支援の力になりたい」という声をいただき、オンライン上で開催。2020年7月から8月にかけて配信しました。その映像をもう一度、ファンのみなさまにお届けします。


前列左から遠野あすか、杜けあき、北翔海莉、後列左から沙央くらま、七海ひろき、十碧れいや

「忘れない~天国の大切なあの人へ~」は2011年3月11日の東日本大震災で保護者を亡くした震災遺児の支援のために毎日新聞社が設立した「毎日希望奨学金」のチャリティーコンサートです。岩手県陸前高田市にある「漂流ポスト」には、東日本大震災で亡くなられた方への手紙が日々届けられています。その「漂流ポスト」に寄せられた愛のメッセージを、宝塚OGの杜けあき、北翔海莉、遠野あすか、沙央くらま、七海ひろき、十碧れいやの6名が朗読し、愛をテーマにした曲を歌いあげます。収益の一部は毎日希望奨学金に寄付されます。期間中にぜひご覧ください。
岩手県・陸前高田市に佇む「漂流ポスト」

また、2021年3月11日(木)には、東京・渋谷区のBunkamuraオーチャードホールでコンサートを開催する予定です。

ご家庭でも会場でも、宝塚OGのみなさんの朗読と歌唱を楽しんでいただけることを願っております。

<再配信概要>
【公演名】宝塚OG 毎日希望奨学金チャリティーコンサート「忘れない~天国の大切なあの人へ~」2020
【配信期間】2021年1月24日(日)10:00~2月7日(日)23:59
※ローチケLIVE STREAMINGは2021年1月24日(日)10:00~1月31日(日)23:59
【出演】杜けあき、北翔海莉、遠野あすか、沙央くらま、七海ひろき、十碧れいや
※遠野あすかは朗読のみの出演です
【配信プラットフォーム】
▶イープラス「Streaming+」https://eplus.jp/sf/streamingplus
▶チケットぴあ「PIA LIVE STREAM」https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream/
▶ローソンチケット「ローチケLIVE STREAMING」https://l-tike.com/livestreaming/
【視聴券】3,000円(税込み)※チケットぴあのみ3,800円(税込み)
2021年1月15日(金)10:00より
▶イープラス(https://eplus.jp/wasurenai-sp/
▶チケットぴあ(https://w.pia.jp/t/takarazuka-og-2020/
▶ローソンチケット(https://l-tike.zaiko.io/e/wasurenai2020)で販売開始
プレイガイドによって販売期間や配信期間が異なりますので、上記URLまたは「忘れない」公式ホームページ(https://www.mainichi.co.jp/event/culture/wasurenai/)をご確認ください
チケットご購入から視聴までの流れは、各プレイガイドのご利用ガイドをご覧ください
▶イープラス「Streaming+」 https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide
▶チケットぴあ「PIA LIVE STREAM」https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream/#qa
▶ローソンチケット「ローチケLIVE STREAMING」https://zaiko.io/support

【曲目】「糸」「未来へ」(杜けあき)
    「君に遺したい言葉」(北翔海莉)
    「たしかなこと」「あの子はあなたを愛している」(沙央くらま)
    「ありがとう」「命の使い道」(七海ひろき)
    「夢をあきらめないで」「愛した日々に偽りは無い」(十碧れいや) ほか
【主催】毎日新聞社
【構成】カニリカ
【演出】三枝孝臣
【キャスティング】立花裕人
【制作】アブリオ
【協力】アンドステア/キョードー東京/ジーアールプロモーション/東宝芸能/北翔海莉事務所/モーリス/LINUS ENTERTAINMENT(50音順)

<再配信の出演者プロフィール>
●杜けあき(もり・けあき
1979年宝塚歌劇団入団。88年に雪組男役トップスターに就任し、『ベルサイユのばら』『華麗なるギャツビー』『ヴァレンチノ』などの名作に主演。退団公演となった『忠臣蔵』大石内蔵助役にて、現役生としては初の菊田一夫演劇賞を受賞。93年の退団後は、舞台を中心にテレビやラジオでも活躍し、『出雲の阿国』『風と共に去りぬ』『エリザベート』『シカゴ』など多数の作品に出演。宮城赤い羽根特使、みやぎ絆大使、おおさき宝大使も務める。

●北翔海莉(ほくしょう・かいり)
1998年84期生として宝塚歌劇団に入団。2015年5月星組男役トップスターに就任。2016年11月「桜華に舞え/ロマンス!!」をもって退団。2017年4月に北翔海莉1stアルバム「Alrai~エルライ~」をリリースし「ALL JAPAN TOUR 2017」を開催。ミュージカル「パジャマゲーム」、「ふたり阿国」、「海の上のピアニスト」など数々の作品にて主演。藤間勘十郎文芸シリーズ及び現代能「マリー・アントワネット」に出演する他、コンサートやディナーショーにおいても活躍中。

●遠野あすか(とおの・あすか)
1998年宝塚歌劇団入団。06年12月『ヘイズコード』より星組トップ娘役に就任。『ベルサイユのばら~ベルナール編~』、『赤と黒』などでヒロインを務め、09年『My dear New Orleans-愛する我が街-/ア・ビヤント』にて退団。退団後は『天璋院篤姫』やミュージカル『アンナ・カレーニナ』、『Magnoliahall 10th Anniversary1~安蘭けい×遠野あすか~』など、女優としてテレビや舞台でも活躍中。

●沙央くらま(さおう・くらま)
2001年宝塚歌劇団に入団。宙組『ベルサイユのばら2001』で初舞台を踏み、雪組、月組、専科に在籍。老若男女、幅広い役柄を見事に演じきる高い演技力と歌唱力を持った男役スターとして活躍。18年2月に惜しまれながら宝塚歌劇団を退団し、現在はテレビ、映画、舞台等で多才派女優として活躍中。19年は蜷川実花監督の映画「DINER」に出演したほか、ストレートプレイ「花の秘密」での主演、「ラヴズ・レイバーズ・ロスト」や「ELF The Musical」にてヒロインを務める。

●七海ひろき(ななみ・ひろき)
2003年宝塚歌劇団に入団し男役スターとして活躍。2019年3月宝塚歌劇団を退団し、2019年8月にキングレコードよりメジャーデビュー。2020年7月「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変いくさ世の徒花の記憶」に、初の女性キャストとして細川ガラシャ役として出演。現在、アーティスト・俳優・声優・ラジオパーソナリティとして多方面で活躍中。
※「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変いくさ世の徒花の記憶」の正式タイトルは「綺伝 いくさ世の徒花」に取り消し線が入ります

●十碧れいや(とあ・れいや)
2007年宝塚歌劇団に入団。「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台を踏み、星組に配属。12年「めぐり会いは再び2nd~Star Bride~」で新人公演初主演、14年「アルカサル-王城-」でバウホール初主演を務める等、男役スターとして活躍。18年7月に宝塚歌劇団を退団し、女優に転身。19年「暁の帝~朱鳥の乱編~」では主演を務め、「モンテ・クリスト伯」「通りすがりのYouTuber」(2020年)、「Run For Your Wife」(2021年)などの話題作に出演する他、雑誌など幅広いジャンルで活躍中。

<2021年公演概要>
【公演名】宝塚OG 毎日希望奨学金チャリティーコンサート「忘れない~天国の大切なあの人へ~」2021
【開催日】2021年3月11日(木) 開場17:30/開演18:30(予定)
【会場】Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
    チケット料金:全席指定 8,200円(税込)
    ※未就学児童はご入場になれません
【出演】北翔海莉、桜一花、壱城あずさ、如月蓮、妃海風
【主催】毎日新聞社
【後援】スポーツニッポン新聞社
【協賛】JR東日本、グリー
【構成】カニリカ
【演出】三枝孝臣
【キャスティング】立花裕人
【制作】アブリオ
【協力】サンミュージックプロダクション、ジーアールプロモーション、ノックアウト、北翔海莉事務所
   (50音順)
【運営協力】キョードー東京
【公演公式サイト】https://www.mainichi.co.jp/event/culture/wasurenai/
※本公演は、有料ライブ配信も実施する予定です。詳しくは、公式サイトをご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オーチャードホールでの公演は席数を50%に設定させていただきます。なお、状況により、残りの50%を販売させていただく場合がございます

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース