自動車エアバッグ用インフレータの新たな生産拠点をインドに設置

2021/01/12  株式会社 ダイセル 

株式会社ダイセル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:小河義美)は、インド共和国における自動車エアバッグ用インフレータの需要拡大に伴い、同国内に新たに生産拠点を設置することを決定しました。インド南部、タミル・ナドゥ州ワンハブチェンナイ工業団地に建設し、2023年12月の稼働開始を目指します。


当社は、インド自動車市場の成長や安全規制強化に呼応し、2018年10月に販売拠点(Daicel Safety Systems India Pvt. Ltd. 略称:DSSI、所在地:ハリヤナ州グルグラム) を設立し、マーケティングや現地調査を進めてまいりました。

これまではタイなどの生産拠点からインド市場へ製品を供給してまいりましたが、インド自動車市場の成長可能性や、自動車メーカー様・エアバッグモジュールメーカー様からの同国内でのサプライチェーン強化のニーズを背景に、同国内に生産拠点を設置することとしました。

今後は製品の安定生産、安定供給によって同国市場での存在価値をより強化するとともに、同国におけるインフレータ生産や部品調達などを通じて同国経済の発展にも寄与してまいります。

<インドにおけるインフレータ事業法人の概要>
【名称】Daicel Safety Systems India Pvt. Ltd. (略称:DSSI・2018年設立)
【会社所在地】インド・ハリヤナ州グルグラム (Unit412, 4th Floor, MGF Metropolis Mall, MG Road,
Gurugram, Haryana, India)
【代表者】社長 高瀬 佳史

<新設する生産拠点の概要>
【生産拠点所在地】インド・タミル・ナドゥ州カンチプラム県(Kunnapattu Village, Kunnapattu Panchayat,
Paiyanur (Via), Manamathy PO, Thiruporur Taluk, Kancheepuram District, Tamil Nadu 603105, India)
【商業運転開始】2023年12月予定
【生産品目】自動車エアバッグ用インフレータ

関連業界

法人サービス業界のニュース