クリス・ヘムズワース、BOSSのグローバルブランドアンバサダーに就任

2021/01/13  ヒューゴボスジャパン 株式会社 

ハリウッドスター初のBOSSグローバルアンバサダー

メッツィンゲン、2021年1月11日: 「ソー」役で広く知られている俳優のクリス・ヘムズワース氏(Chris Hemsworth)が、今年初めにハリウッドスター初のBOSSのグローバルブランドアンバサダーに就任しました。




彼は2021年から2022年に渡ってBOSSの国際的なファッションキャンペーンの顔となります。ヘムズワース氏は2017年からHUGO BOSSの象徴的な香水であるBOSS Bottled(ボス・ボトルド)の顔としてパートナーを組んできました。彼とのパートナーシップをファッションへ広げることにより、ヒューゴ ボス グループはBOSSのブランドイメージを統一させます。そしてこの相乗効果により、ブランドの魅力をさらに高めます。

「以前からBOSSの大ファンだったので、グローバルアンバサダーとしてブランドのコレクションの顔となれて本当に幸せです。これまでの数年間のパートナーシップも最高でした。BOSSチームとこれまで以上に協力できることにわくわくしています」とヘムズワース氏は語っています。

HUGO BOSS AGのマネージング・ボード・スポークスマンのイーヴ・ミュラーは次のように述べています。「クリスという、BOSSブランドに完璧にフィットする国際的なスターを起用できることを誇りに思います。彼はこれからの時代の成功と男らしさを体現する存在です。自信にあふれ、頼りになり、しかも親しみやすいという、現代の男性の理想像なのです。彼のグローバルな人気のおかげで、BOSSブランドはますます世界中で望まれるブランドとなることでしょう」

サーフィンに情熱を燃やし、バランスの取れたライフスタイルで知られるクリス・ヘムズワース氏の起用により、ヒューゴ ボス グループはBOSSブランドのカジュアル化のプロセスをさらに前進させます。新しいキャンペーンの方向性も、カジュアル化を反映したものになります。

俳優としてのキャリアに加えて環境問題にも積極的に取り組んでいるクリス・ヘムズワース氏は、気候変動や生物種保護への関心を集めるために自身の人気を戦略的に活用しています。彼のインスタグラムは4500万以上のフォロワー数を誇り、彼が若い世代のロールモデルとなっていることを証明しています。

クリス・ヘムズワース氏が顔を務めるキャンペーンの第一弾は2021年春に始まります。さらに、サステナビリティをテーマとして同氏とコラボレートしたBOSSカプセルコレクションも発売される予定です。このコレクションは、HUGO BOSSがテキスタイル業界のサステナビリティにおいて先駆的役割を果たす企業であることを明確に示すものとなります。

クリス・ヘムズワースの最近の活躍について
クリス・ヘムズワースは、マーベル・シネマティック・ユニバースの映画作品で演じた「ソー」役で脚光を浴び、国際的な人気を獲得。2020年には、Netflixのオリジナル作品として最大のヒット作となり、およそ1億という最多視聴世帯数を記録した『タイラー・レイク -命の奪還-』に主演。今夏にリリース予定のナショナルジオグラフィック/ナショジオ ワイルドのドキュメンタリー作品『シャーク・ビーチ』では、科学者やサーファー、環境活動家と協力してサメの行動や生息環境を探索しています。2022年には、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』で再びマーベル・ヒーローとして映画の世界に帰ってきます。

本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します:

ヒューゴ ボス ジャパン 株式会社
TEL: 03-5774-7670

BOSSにつきましては下記URLをご確認ください:
https://www.hugoboss.com/jp/

Twitter: @HUGOBOSS
LinkedIn: HUGO BOSS

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース