緊急事態宣言の再発令で問われる都市の暮らし。新しいライフスタイルは「オンライン全国移住フェア」から!

2021/01/13  LOCONECT事務局 

昨年5月と10月に開催された「オンライン全国移住フェア」。日本だけでなく、海外からもたくさんの方が参加され、すでに地方へ移住した方がいます。コロナ移住が注目されている今、待望の第3回が開催されます!

LOCONECT(山口県周防大島町)は、2021年2月7日(日)、高まる地方回帰のなか、緊急事態宣言の再発令により行動に移せない移住希望者と受入れ地域をマッチングさせる「オンライン全国移住フェア」を企画・開催することを発表し、参加者の募集を開始しました。



オンライン全国移住フェア
https://loconect.com/

○コロナ禍で地方移住の希望者が増え続けている
日に日に増え続ける新型コロナウイルスの感染者数。医療現場はひっ迫し、日本経済も悲鳴をあげています。
終わりの見えないコロナ禍に、慣れてしまった人がいる反面、都市部の暮らしに不安を感じる人が増えています。
便利であるはずの人口密集地が、かえってデメリットになってしまったのです。
緊急期待宣言の再発令により、予定されていた対面型の移住イベントは再度中止になり、再び閉塞感が漂い始めました。しかし、全国各地では移住相談が増え、リモートワークやワーケーションの拡充で「コロナ移住」と呼ばれる新たなニーズが増えています。
そこで、地方へ足を運べない移住希望者と、移住誘致をしたい地方自治体のために、待望の「第3回オンライン全国移住フェア」を開催することが決定しました。すでに前回のフェアから地方へ移住した方、移住候補地を見つけた方がたくさんいます。

都市部に住みづらさを感じる人が増え、地方回帰が再燃しています。

〇大人気の先輩移住者のトークイベントと「田舎暮らしマネーセミナー」を初開催!
前回フェアで大好況だった先輩移住者のみなさんによりトークイベント、今回は時間を拡大して開催します。
また、移住をお考えの方がもっとも気になる、田舎暮らしの家計の話を初開催します。
講師は自身も13年前に大阪から移住してファイナンシャルプランナーとしても活躍する、オンライン全国移住フェアの主催・いずたにが登壇します。
家計の話だけでなく、田舎暮らしの注意点などいろんな話が聞けます!
マネーセミナーに参加された方には、セルフチェックできるワークシートをプレゼントします。




知らなかったまちの魅力に気づく「みんなのフォトギャラリー」
地方に旅に出ると、思わず写真を撮りたくなる風景やグルメに必ず出会います。
そんな全国の`映え’を集めたのが、「みんなのフォトギャラリー」です。
知名度の高いまちや知っているまちにだけ相談するのではなく、写真がきっかけで出会いが生まれることもあります。
理想の暮らしが写真の中にあるかもしれません!



オンライン全国移住フェアはZOOMで全国の自治体と相談ができる!
移住相談には「ZOOM」アプリを使用します。まち各出展団体ごとにZOOMが設定されており、個別で会話することができますので、相談者様のプライバシーは保護されます。

1月12日現在、19道府県・46団体の出展が決定しています。前回同様、瀬戸内海の島に拠点を置くLOCONECTの声がけで、これだけの有志が集まりました。
コロナ禍だからこそ、地方から様々な仕掛けを全国に発信する必要があります。
そして、地方で暮らす子ども達に「地方にいながらでも、全国規模のイベントはできる」と実証して見せることが、地方の未来につながるとLOCONECTは考えます。

「オンライン全国移住フェア」を通じて、地方は今、自らの手で変わろうとしています。

○「第3回オンライン全国移住フェア」の開催日時と参加方法
開催日時:2021年2月7日(日)10:00~17:00
参加費:無料 ※セキュリティの関係上、事前にお申し込みをお願いします。
※オンライン全国移住フェアの参加には「ZOOM」アプリのご準備をお願いします。
参加方法:https://loconect.com/ よりお申し込み下さい。
開催場所:みなさんのPC or スマートフォン

主催・企画:LOCONECT
後援:周防大島町
Mail : info@loconect.com


他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース