電気自動車を活用したVPP実証の実施について【株式会社REXEV】

2021/01/13  株式会社 REXEV 

~ 電気自動車のバッテリーを調整力として利用 ~

・Energy TechのREXEVは、電気自動車(EV)を活用した電力需給調整システムを開発するVPPの実証実験を実施します。 ・本実証実験では、REXEVのEV30台とMUIの冷凍機・蓄電池などをVPPリソースとして活用します。 ・REXEVは、EVの蓄電池を電力の調整力として活用することにより、再生可能エネルギーの更なる普及を支援します。


電気自動車(以下、EV)を使ったカーシェアリング“eemo”並びにエネルギーマネジメントに取り組むEnergy Techの株式会社REXEV(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部健、以下「REXEV」)は、MULユーティリティーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本 義法、以下「MUI」)と、電気自動車(以下、EV)を電力需給の調整に活用するため、当社で構築したシステムにて電力取引を想定した指令に基づく制御を行い、 EVのVPP ※1(Virtual Power Plant:バーチャルパワープラント)リソースとしての技術的な評価を目的とした実証実験を実施します。

具体的には、REXEVが神奈川県小田原市および福島県会津若松市で運用している車両30台とMUIが遠隔指令により制御する冷凍機、蓄電池などをVPPリソースとして組み合わせ、電力の需給調整への活用の可能性を検証するものです。
REXEVは実証実験において、昨年度、福島県が実施する「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」等にて開発したeモビリティマネジメントシステム(eMMS)※2を用いてEVの利用管理や充放電制御を担当し、利用者に不便を感じさせることなくEVが併せ持つ“モビリティ”と“蓄電池”という二つの機能を活用できるよう、EVのエネルギーマネジメントを行い、EVをグリッド内の調整力として機能させます。
今後、再生可能エネルギー等の分散型エネルギーが普及する中で、電力系統を安定化するための調整力確保はますます重要になってきており、REXEVはEVを調整力として活用することにより、分散エネルギーの導入を促進するとともに、当社がビジョンとして掲げる「全ての人が限界費用ゼロで移動できる持続可能な社会インフラの実現」の達成に向けさらに邁進して参ります。


■実証の概要
1.実証内容
 ・eMMSを用いたVPP機能の構築及び機能検証(上位電力システムとの連携や充放電制御の指令)
 ・EVをカーシェアとVPPで並列運用する場合の成立性検証
 ・EVの充放電制御量に関するポテンシャル評価、検証など

2.実証期間
 ・2021年1月4日~2021年2月26日(予定)


※1  VPP(Virtual Power Plant:バーチャルパワープラント)とは

  急速に普及が予想される蓄電池やEV等の分散型エネルギーリソースをまとめて一つの発電所のように機能させるもの。電力の需給バランスを調整する機能(調整力等)を担う。

図. VPPのイメージ(経済産業省のHP(https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/advanced_systems/vpp_dr/about.html)より)

※2 eモビリティマネジメントシステム(eMMS)
  REXEVが以下の取組みで開発したe-モビリティのシェアリング管理並びにエネルギーマネジメントを行うシステム
・環境省「脱炭素型地域交通モデル構築事業(設備導入)」に 湘南電力・小田原市と共に採択
 URL:https://rexev.co.jp/2019/09/19/release/
・福島県における 「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」に採択
 URL:https://rexev.co.jp/category/news-release/page/2/

図. 実証の全体構成


■実証の実施体制




■株式会社REXEV 会社概要



《本件に関するお問い合わせ先》
株式会社REXEV 盛次・落合 
Tel:03-3525-8008
e-mail:info@rexev.co.jp

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース

「ユニヴァーサルデザイン検定(UD検定)・初級」オンライン開催 2021/01/12 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会
「IAUD国際デザイン賞2020」受賞結果発表 2020/12/25 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会