evening cinemaが2021年一作目となる『永遠について』をリリース。80年代、90年代を彷彿させる渾身の冬のバラード曲。

2021/01/13  Orchard Enterprises NY, Inc 

同時にリリックビデオも公開。

レーベルメイトcinnamonsと共に「#君の虜に」でTikTok流行語大賞2020ミュージック部門賞を受賞し、さらにはSpotifyが発表した「2020年、海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」で第7位にランクインした、ネオシティポップバンドevening cinema が、2021年目1作品目となる配信限定シングル「永遠について」を1月13日リリース。サウンドエンジニアに元PAELLASのbisshiが参加。



evening cinemaは、音楽TV番組で蔦谷好位置氏が絶賛したボーカル兼コンポーザー原田夏樹を中心に構成され、70~80年のニューミュージック・シティポップなどを、90年代J-Pop的なフィルターを通して再構築したサウンドが特徴なシティポップバンド。
レーベルメイトであるcinnamonsとのコラボ曲「summertime」がTikTokをきっかけに東南アジアでバイラルヒットし、同年ベトナム・フィリピンのSpotifyチャート1、2位を獲得。また2020年7月には東南アジア4カ国でTikTokの使用楽曲1位を獲得するなど、日々記録更新し、昨年末のTikTok流行語大賞2020ミュージック部門賞にて「#君の虜に」で受賞をしている。また、チャンネル登録130万人を超えるインドネシア人YouTuber・Rainych(レイニッチ)が2020年10月30日にカバーリリースした、松原みき「真夜中のドア/ STAY WITH ME」をリアレンジをevening cinemaボーカル兼コンポーザー・原田夏樹が担当。同オリジナル楽曲がSpotifyグローバルバイラルチャート15日連続世界1位を獲得するなど、プロデューサーとしても音楽業界から注目されている。
コロナ禍にあった2020年でも日本に留まらずに世界のヒットを作ったevening cinemaの2021年1作目「永遠について」。本作は、80年代、90年代サウンドを彷彿とさせ、聴く時代に左右されない普遍的なポピュラリティーを備えた冬がテーマのバラード曲で、刹那の美しさ、尊さを考えることなど少しだけ大きな視点を得られるような歌詞、曲作りになっている。同時にリリックビデオをevening cinemaオフィシャルYouTubeにて公開した。

YouTubeリンク
https://youtu.be/rTa4-2OlZbo

アートワークはイラストレーターKachi Natsumiが手がける。街を歩きながら、ベランダでもいいし、あるいは電車など、真冬の凍風を肌身に感じて聴いて欲しい。

◆release info

アーティスト名:evening cinema (読み:イブニング シネマ)
タイトル:永遠について
デジタルリリース:2021年1月13日(水)
レーベル:Ano(t)raks
▶︎配信リンク
https://orcd.co/ano-oneternity

【アーティスト情報】
■evening cinema
音楽TV番組で蔦谷好位置氏が絶賛したボーカル兼コンポーザー原田夏樹を中心に、大学在学中の2015年8月に結成。70~80年のニューミュージック・シティポップなどを、90年代J-Pop的なフィルターを通して再構築したサウンドが特徴。敬愛する岡村靖幸氏に対するオマージュもサウンドの随所に鏤められていて音楽関係者からの注目度も高い。2016年7月、タワーレコード x Ano(t)raksによる共同レーベルLUCK by Ano(t)raks (運営終了) より1stミニアルバム “Almost Blue” をリリース。その縁から繋がり、2020年よりAno(t)raksに所属。2020年8月、日中共同レーベル Luuv Label / Ano(t)raks より2年ぶりとなるミニアルバムを発売。

https://linktr.ee/evening_cinema

■Ano(t)raks
https://twitter.com/anotraks
https://www.youtube.com/watch?v=rtVYSzJa-k0

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース