コロナウイルスワクチン輸送事業者向けに「LYNA 自動配車クラウド」を無償提供

2021/02/19  株式会社 ライナロジクス 

株式会社ライナロジクス(所在地:千葉県市川市、代表取締役:朴 成浩、以下「ライナロジクス」)は、新型コロナウイルスのワクチン輸送業務に従事する事業者を対象に2021年2月19日から「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」を無償提供します。これによりワクチン輸送事業者は、輸送体制の検討や日々の接種会場への輸送プラン作成を迅速かつ高精度で行うことができ、集団接種の成功に貢献できるものと考えております。





背景

全国で同時多発的に行われる集団接種において発生するワクチン輸送の需要に対し、品質維持のために必要な極低温の医薬品輸送に対応可能な輸送事業者は多いとは言えないのが実情です。ワクチン輸送能力は社会的に貴重なリソースと言えます。

さらに、今回のワクチン輸送においては、接種会場の混乱を防ぐ観点からも安全かつタイムリーにワクチンを届ける必要があり、一般貨物以上に高度な輸送管理が求められます。特に厚生労働省は輸送時間を「原則3時間以内(離島への輸送は12時間以内)」との指針を掲げており、輸送事業者は計画段階から時間的な計画精度を強く意識する必要があります。

これらのことから、ワクチンをどのように運ぶかを計画することは、集団接種を成功させる上で重要なポイントになります。

「LYNA 自動配車クラウド」は、配送情報を入力するだけで最適な車両台数と配送ルートを瞬時に算出するクラウド型完全AI自動配車システムです。「LYNA 自動配車クラウド」を輸送体制の検討段階から日々の輸送段階まで利用いただくことで、輸送リソースを最大限に生かしながら安全・確実なワクチン輸送を支援できるものと考えております。


利用シーン

(1)輸送体制の検討における利用
自治体等からのワクチン輸送の依頼に対し、輸送事業者は適切かつ正確な輸送体制を検討する必要があります。貴重な輸送リソースを無駄にしないためにもこの段階で精密な輸送シミュレーションが必要です。これを「LYNA 自動配車クラウド」のAIが行うことにより素早く正確にシミュレーションすることができます。

また、システムによるシミュレーションでは輸送車両台数や輸送時間・距離といったデータが見える化されます。品質や安全性に高度な管理が必要とされるワクチン輸送において、これらのデータは輸送計画の確かな裏付けとなります。

(2)接種会場への輸送実務における利用
どの車両がいつ、どの接種会場にワクチンを輸送するのかという毎日の輸送計画も「LYNA 自動配車クラウド」で作成可能です。日々変更される接種予定を反映し、その時々で適切にワクチンを輸送する計画を作成・実行していくことで、ワクチンの品質や安全性を損ねることなく効率のよい接種の進行に貢献します。


提供内容

提供サービス :LYNA 自動配車クラウド   ※1
対象事業者  :ワクチン輸送に携わる事業者 ※2
無償提供期間 :2021年12月31日(金)まで ※3
申込期間   :2021年 6月30日(水)まで ※3
お申し込み方法:弊社ウェブサイトよりお問い合わせください。
        https://lynalogics.com/

※1 利用規模は個別相談とさせていただきます。
※2 ワクチン輸送に関わる輸配送シミュレーションおよび日々の運行計画・管理目的であれば、企業規模は問いません。
※3 状況に応じて変更する場合があります。


LYNA 自動配車クラウドとは

ライナロジクスが提供する、完全AI自動配車システム。企業ごとに異なる複雑な制約・条件を網羅し、配車計画に不可欠な距離や時間、人件費といった配車コストを最重要視して計算。何万~何十万通りの計画を瞬時に比較検討しながら、トータルコストに最も優れた配車計画を高速で提案します。


ライナロジクスについて



ライナロジクスは、AI(人工知能)研究の中心的な技術である「組合せ最適化」技術をコアに、専門的なアルゴリズム研究が必要な高度なソフトウェア開発を行うスペシャリスト集団です。

会社名 :株式会社ライナロジクス(https://lynalogics.com/
本社  :千葉県市川市八幡3-4-8 田中ビル4F
代表者 :代表取締役 朴 成浩
設立  :2000年5月9日
事業内容:コンピューター上で動作するスケジューリング・システムの研究・開発
     効率的なロジスティクスを実現するコンサルティング
     各種情報システムの導入支援

他の画像

関連業界