STAFF STARTのサービスサイトをリニューアルオープン。E2C(Employee to Customer)、EX(Employee Experience)に着目したサービスづくりにより注力

2021/02/19  株式会社 バニッシュ・スタンダード 

株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小野里 寧晃、以下弊社)は、弊社が提供する”Staff Tech(スタッフテック)”アプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」のサービスサイトをリニューアルし、本日オープンしたことをお知らせいたします。



サービスサイトURL:https://www.staff-start.com/

「STAFF START」は現在、スタッフによるコーディネート投稿やブログ投稿、SNS投稿を手軽に行うことができるオンライン接客支援サービスとして広く活用いただいております。
導入企業はアパレル企業をはじめコスメ、サービス(ウエディング)、食品など複数業界にわたり、様々な現場のスタッフの方々にご利用いただいております。
2020年1年間のSTAFF STARTのコンテンツ経由の流通総額は、2019年の411億円と比較し2.75倍に相当する1104億円を突破、2020年末時点での導入ブランドも1200超を達成いたしました。

この度、STAFF STARTのサービスサイトをリニューアルオープンいたしました。
機能紹介のほか、STAFF STARTが提案する新しい企業とスタッフ、顧客の関係性や、「E2C(Employee to Customer)」、「EX(Employee Experience、従業員の成功体験)」といった新しい考え方、またそれを実現するStaff TechとしてのSTAFF STARTの役割もご紹介しております。
今後は、導入企業のご担当者様や実際にSTAFF STARTを活用されているスタッフの方の事例紹介、弊社主催・共催のセミナーレビューなどについても発信していく見込みです。


E2C(Employee to Customer)
SNSなどを通じたインフルエンサーや一般消費者からの情報が増加しています。一方、オンラインでの販売手法としてD2C(Direct to Consumer)に注目が集まるなど、ブランド(企業)が顧客に対し、ECモールやマス向けの広告を介さず直接メッセージを届けることの有効性が評価されています。STAFF STARTは、ブランド(企業)と顧客とをつなぐ役割としてスタッフ(Employee、従業員)がカギを握ると考え、スタッフによるオンライン上での接客や発信を強化するE2C(Employee to Customer)という考え方に着目しました。E2Cの発想でスタッフの接客業務を支援する機能を提供することで、ブランド(企業)全体の成功に寄与します。

EX(Employee Experience、従業員の成功体験)
昨今、DX(Digital Transformation)の必要性が叫ばれています。DXを通じオンライン上でのCX(顧客体験、Customer Experience)を向上することで販売促進やファンの獲得を目指しますが、そこでもブランド(企業)に所属するスタッフ(Employee、従業員)によるオンライン上での心地よい接客が重要になります。そこで、STAFF STARTはEX(Employee Experience、従業員の成功体験) が効果的なDXの達成とそれによるCXの向上に貢献すると考えます。EXを高めモチベーションアップにつながる評価などの体験づくりにも注力してまいります。
これからもSTAFF STARTは、オンライン接客支援に留まらず、Staff Techサービスとして現場のスタッフの幅広い業務を支援してまいります。

株式会社バニッシュ・スタンダード
本社所在地:東京都渋谷区神宮前1-8-14
代表取締役:小野里 寧晃
事業内容:「STAFF START」の開発、運用
URL: https://www.v-standard.com/
STAFF START:https://www.staff-start.com/

他の画像

関連業界