250万人が使う訳あり品/食品ロス削減のマーケット「Let(レット)」、2/20(土)より新TVCMオンエア開始!放映記念イベントも合わせて実施

2021/02/19  株式会社 レット 


株式会社レット(本社:東京都港区、代表:佐藤 航陽)が運営する、訳あり品/食品ロス削減のマーケット「Let(レット)」の新TVCMを一部地域に向け2月20日(土)よりオンエアいたします。




新TVCM
新型コロナウイルスの影響で大量の在庫ロスが生じた生産者やメーカーをはじめ、ネット通販を活用して商品を直接販売する事業者が増加する中、「Let(レット)」ではスマートフォンアプリを活用し最短1分で完結できる出品機能を設け、販売在庫も自由に設定できるマーケットプレイスの運営を行っております。

今回のCMでは、新型コロナウイルスの影響で深刻化する食品ロス問題に焦点を当てながら、最短1分で余った在庫が簡単に出品できる機能の紹介と合わせ、アプリを通じて商品を購入することでお困りの生産者様や事業者様を応援可能である内容が表現されております。

【新CM放映開始にあたってのメッセージ】
新型コロナウイルスの影響で食品ロス問題の深刻さが増している中、店頭など既存販路での売れ行きにお困りの生産者や事業者の皆様。

「Let(レット)」では余ってしまった在庫を、最短1分で簡単に販売することが可能です。
写真を撮って説明文を入れるだけですぐに出品可能。販売後に在庫数も自由に変更可能!

また新鮮な、お野菜や果物などの食品をお得に購入して、在庫ロスが生じてしまった生産者様や事業者様を応援しませんか?

本来、廃棄されるべきではない良質な食品が、日の目を浴びずに捨てられてしまうシーンが少しでもなくなるよう、レットでは引き続き安心、簡単に商品の販売・購入ができるマーケットの運営を行い、食品ロス削減に向けた取り組みを強化して参ります。

また、新TVCMの放映に合わせて、ご利用いただく皆様に対し日頃の感謝を込めた記念キャンペーンも行う予定ですので、ぜひご利用ください。

【YouTube】
https://youtu.be/st0QYW1ytY4

◆Let(レット)とは?
Let(レット)は、余った在庫、型落ち品、見切り品、B級品、規格外品、新古品など「訳あり品」を売買できるマーケットプレイスです。アプリをダウンロードして最短1分で訳あり品を販売することができます。もちろん初期費用や月額も無料です。2021年2月現在ユーザー数は250万人を突破しており、コロナ禍のEC普及により急激な成長を続けています。新品(一次流通)や中古品(二次流通)とは異なり、通常の販売ルートには流せない訳ありの新品を「1.5次流通」と捉えて、訳あり品を処分したい人と安く買いたい人をマッチングする新しいマーケットを作っています。

App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.timebank

◆Let(レット)の想い
日本では年間54兆円もの商品が過剰在庫として積み上がり、毎日大量の商品が使われずに廃棄されています。特に食品においては毎年612万トンもの食糧が食べられずに捨てられており、食品ロス(フードロス)として深刻な社会問題になっています。世界を持続可能なものとするために作られた国際目標「SDGs」においても「2030年までに世界の食料廃棄を半減する」という目標が掲げられています。Let(レット)は過剰在庫・大量廃棄を世の中から無くしサステナブルな社会を実現するプラットフォームを目指しています。

◆会社概要
企業名: 株式会社レット
設立 : 2018年8月
代表者: 佐藤 航陽
資本金: 1億円
所在地: 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F
URL  : https://corp.let.jp/

他の画像

関連業界