ダスキン事業所用商品「吸塵・吸水マット」等のマットパイル(繊維)について、付着したウイルス99.9%減少※を確認

2021/02/19  株式会社 ダスキン 

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が展開するダストコントロール事業の事業所用商品「吸塵・吸水マット」等で用いているマットパイル(繊維)について、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターの抗ウイルス性試験(JIS L 1922)により、マットパイル上に付着したウイルスが99.9%減少※することを確認しました。


今回、社会情勢の変化と消費者の衛生意識の高まりに伴い、目に見えない衛生リスクと不安に対応するべく、商品に使用している吸着剤を改良し、対象商品の「抗菌性能」に加え、「抗ウイルス性能」を追加しました。

リニューアルした「吸塵・吸水マット」について、直接試験を行ったものではありませんが、マットパイルに関する試験結果から靴裏に付着したホコリを除去し、除去したホコリの中のウイルスを一定数減少させることが商品自体に期待できます。事業所の入り口にマットを敷くことで、施設内に持ち込まれるホコリを減らし、足元から施設内の衛生対策が実施できます。

当社は、事業所や家庭の衛生を支える企業として、1963年から水を使わずホコリを除去するダストコントロール事業を開始して以来、社会環境の変化や顧客のニーズに対応するべく、マットやモップ等の清掃関連商品に使用する素材、吸着剤等を独自に研究開発してまいりました。

今後も、社会の変化と衛生に関するお客様のニーズにお応えできるよう研究を進め、新しい衛生商品の開発にも着手してまいります。

※すべてのウイルスが減少するわけではありません。エンベロープタイプのウイルス1種で効果を検証。
※記載した数値については、当該試験における結果であり、すべての商品の効果効能を保証するものではありません。

■抗ウイルス試験概要
試験対象:吸着剤を塗布したパイル(繊維)
ウイルス:エンベロープタイプのウイルス1種
ウイルス力価(感染価)測定法:プラーク測定法
作用時間:2時間
効果:ウイルス99.9%減少
※JIS L1922「繊維製品の抗ウイルス性試験方法」にて評価
(試験管内の試験であり、特定商品を用いた検証は行っておりません。)

関連業界