みずほ信託銀行の担当者約1,700名の情報共有基盤としてkintoneを採用

2021/02/19  サイボウズ 株式会社 

少量多品種の業務を内製で効率化

サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野慶久、以下「サイボウズ」)は、みずほ信託銀行株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:梅田圭、以下「みずほ信託銀行」)にて本部と営業店の担当者約1,700名の情報共有基盤として「kintone(キントーン)」が採用されたことを発表いたします。表計算ソフトで対応していた業務をkintoneに置き換え、スピーディな情報共有を実現しています。


■導入の背景~新たな価値創造にむけた業務の見直し
みずほ信託銀行では、これまで培ってきた強みを最大限に発揮しながら、デジタライゼーションへの取り組みを加速することで業務の効率化を推進しています。手掛けている商品・サービスが多岐にわたるリテール・事業法人部門においても、紙や表計算ソフトを使って対応している本部と営業店の非効率な情報のやりとりを見直し、新たな情報共有基盤の仕組みづくりによる業務効率化が急務でした。

■「内製化」できるkintoneで多発する仕様変更もスピーディに対応
多岐にわたる商品・サービスに加え、仕様・税制変更への対応も考慮する必要があることから、システム開発の外部委託ではスピード・コストが見合わなくなると判断しました。

そこで、ノーコード・ローコードでのシステム内製化ができること、社内ITリテラシーを向上しながらスピーディで柔軟な運用ができること、金融機関として求められるセキュリティ基準も十分満たしていることなどを踏まえ、kintoneの採用が決定しました。

kintoneには豊富なテンプレートが用意されていること、動画やマニュアルなど学習コンテンツも充実していることから、自社仕様に合わせたシステム構築と、それと並行してリテール・事業法人部門における内製化に向けた準備が進められました。

■kintone導入効果と今後の展望
みずほ信託銀行では、本部ならびに営業店の担当者1,700名がkintoneを活用しています。紙での報告等からのシフト、PCもしくはタブレットでのタイムリーなアクセスが実現され、記録・報告等の効率化が進展しました。また、登録データをリアルタイムに集計できることにより、営業店マネジメントや本部での集計・分析の負荷軽減・スピードアップにもつながっています。

新型コロナウイルスの影響でのリモートワークにおいても、支給されたタブレット上でkintoneを活用することにより、情報活用が実現しています。

みずほ信託銀行では、kintoneとRPAシステム「UiPath(※)」の連携も行い、他システムから情報を取得しkintoneへ連携する等、高度な利用も実現されています。今後は、行内事務の効率化に向けたアプリの展開等、さらなるデジタル化の推進も検討されています。
※UiPathとは:UiPath社が提供しているRPAソリューション

サイボウズでは、今後も現場担当者でも開発に参画できるノーコード・ローコードを意識したkintoneの製品開発に努めてまいります。また、同等の課題を持つ金融機関においても、チームワークを生かしたkintoneの展開を進めてまいります。

■kintoneとは
製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。


※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、下記をご参照下さい。
http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html

他の画像

関連業界