【新刊情報】浪速のビックマウス カリスマ格闘家 皇治 初の著書『凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法』 2/26発売

2021/02/19  株式会社 宝島社 

ISKA 世界ライト級王者が語るビジネスにも通用する思考法と人生哲学

 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、『凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法』を2021年2月26日(金)に発売します。


『凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法』(宝島社)
 昨年、K-1からRIZINに電撃移籍し注目を浴びた格闘家・皇治の、初の著書を発売します。16歳でプロのキックボクサーとしてデビュー後、長い下積み期間中はほぼ“ 無名”だった皇治ですが、地道なトレーニングで自らを鍛え上げ、キックボクサーとして多くの名勝負を生んできました。その一方で、他のどの選手よりも試合のチケットを売りさばき、多くのスポンサーを獲得し、さらにはアパレル事業のサイドビジネスも手掛けるなど、ビジネスの手腕も発揮しています。「『いちばん強いヤツは誰だ』という議論に意味はない。」「プロの格闘家だったら、アスリート的な考えだけじゃなく、勝ち負けの先を見越した客観的なビジネス視点を持つことが大事」などの発言も注目を集めています。
 本書は、アスリートでありながらも俯瞰的な視点を持ち続ける皇治の、最強のメンタルの鍛え方、モチベーションの高め方、さらには経験から語る独自のビジネス論などを一挙公開。いま目の前にある「壁」を突破したいすべての人に向けた、現代を生き抜く指標になる一冊です。

(内容) 
1章 皇治の成功哲学…「ありのままに」自分の道を進むことが成功への一番の近道 
2章 皇治流セルフプロデュース術…「謙虚になるな、ギラギラしろ!」 
3章 皇治の金を生み出す仕組みの作り方…「すべては金のため」 
4章 父親との確執に苦しんだ少年時代…「男は強くて当たり前」
5章 格闘技界、若手格闘家、そして読者に提言…「誰も歩いていない道を進め」


結果を出したい全ての人へ!成功へ導く、数々の格言も掲載



「下積み時代が長くても腐るな!反逆心と逆境に打ち勝つ強さを育ててくれる」


「過去を語るな、未来を語れ!将来性にヒト・モノ・金は集まる」


「長いものに巻かれるな!他のヤツらとは違う道に成功がある」





「どれだけ強くても、それはプロじゃない。金を稼いで客を呼べる「プロ」になれ!」


「目先の金に気を取られて、その先にある大きなチャンスを逃してはならない」


「キャリアの階段を上るために、『意味のある喪失』を恐れるな」




著者取材・出演可能です!

著者:皇治(こうじ)プロフィール
2016年から2019年の間、類いまれなるタフネスと賛否両論を巻き起こす言動で、新生K-1を代表する選手として活躍。なかでも2018年12月に開催された地元の大阪大会での対武尊戦は、K-1史に残る壮絶な殴り合いを繰り広げ、「皇治」の名前を広く知らしめた。2020年 7月、RIZINへの電撃移籍を発表。第1戦は天才・那須川天心、第 2戦はレジェンド・五味隆典と注目のカードを連戦。新天地でもその存在感を強く残している。


『凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法』(宝島社)


『凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法』

発売日:2021年2月26日

価格:本体1,400円+税

https://tkj.jp/book/?cd=TD013798&path=&s1=

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース