凝った調理も沢山の食材ももういらない! 人気料理研究家・飛田和緒さんの、料理の「工夫」と「知恵」が詰まった一冊が発売!

2021/02/19  株式会社 世界文化社 

『飛田さんの料理の工夫』2月20日発売

株式会社世界文化社は、2021年2月20日に書籍『飛田さんの料理の工夫』を発売いたします。



緊急事態宣言が延長されたことで、外食の機会が減り、自宅で食事をする人が増えています。しかし、同時に毎日のごはん作りにヘトヘトになっている主婦も多いと聞きます。そんな日々が続くと、どうしても「料理=面倒くさい」と感じてしまうもの。

しかし、食材のおいしさを引き出すコツさえ知っていれば、家にある食材だけでサッと炒めたり、調味料であえたりするだけでも簡単にご飯を作れるのです。本書では、料理家として、主婦として長年家族のご飯を作り続けてきた飛田和緒さんが、時間も食材も賢く使う「料理の工夫」や「シンプルレシピ」を伝授します。

もう凝った調理も、沢山の食材もいりません。おいしく食べきるための工夫と知恵がぎゅっと詰まった一冊です。


■毎日の料理がもっと楽になる「食材の扱い方」や「シンプルレシピ」を紹介
本書では、素材別においしく食べきるための扱い方や工夫を提案しています。丸ごと1本使ったにんじんカレー、冷凍ミニトマトのスープ、1個丸ごとゆでて使い切るキャベツレシピなど、食材本来のおいしさを活かした、すぐに作れるシンプルレシピを90品紹介。
本書で提案する素材に合わせた調理法を身につければ、もっと自由に気持ちよく料理ができるようになります。
あれこれ使える「塩にんじん」
お弁当に便利な「冷凍薄焼き卵」
「ひき肉料理」は多めに作って冷凍保存

<著者プロフィール>
飛田和緒(ひだ かずを)

東京都生まれ。高校3年間を長野県で過ごす。現在は、神奈川県の海辺の町で夫と娘の3人で暮らす。毎日の暮らしから生まれる、素材を生かしたシンプルなレシピに定評がある。ここ数年は、みそやアンチョビなどの保存食作りにも力を入れている。著書に『飛田和緒のおうち鍋』『飛田和緒の郷土汁』(ともに小社刊)など多数。

<目次>
1章:「野菜」の工夫
2章:「卵・こんにゃく・豆腐類」の工夫
3章:「肉」の工夫
4章:「魚」の工夫
5章:「乾物」の工夫
6章:「毎日の暮らし」の工夫



『飛田さんの料理の工夫』

著者:飛田和緒
発売日:2021年2月20日(土)
定価:1,540円(税込)
発行:世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418213015/


他の画像

関連業界