文化体験を通して、楽しく日本と日本語を学ぶ―『にほんごで文化体験』、2月21日発売

2021/02/19  株式会社 アルク 

ことばと文化でつながる

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『にほんごで文化体験』のご案内を申し上げます。



日本の文化や習慣に直接触れることができるため、外国人に人気の「文化体験」。 本書は法政大学の短期交流プログラムでの実践を基に作られた、文化体験を通して日本語の表現力や応用力を身に付けるための教材です。



楽しく、実施しやすく、汎用性の高いテーマ

「食を楽しむ」「災害に備える」「伝統文化に触れる」など、日本についてのさまざまなテーマを扱っています。活動内容もバラエティー豊かで学習者を飽きさせません。また、住んでいる地域や学校・クラスの形態に関わらず、気軽に実施できる活動を厳選しています。


3つの活動で、文化体験をさらに有意義に

下調べや既有知識の共有などを行う「事前活動」、実際に体験する「現地活動」、体験で得た学びを発信する「事後活動」の三つの活動をひとつの授業として行います。学習者は日本語でこれらの活動を行うことで、表現力や応用力を身に付けるだけでなく、日本についての深い知識と達成感を得ることができます。


学習者のレベルに合わせて活動をアレンジできる

学習者の日本語レベルやクラスの状況によって活動をアレンジできるよう、活動案を多数提案しています。付録の「文化体験のための日本語」でもさまざまな活動例とワークシートを掲載。同じテーマで違う活動をしたいときや文化体験以外の授業で使いたいときなどにも役立ちます。


充実の「教師用ガイド」

別冊「教師用ガイド」はダウンロードコンテンツとして提供しております。各活動のポイントや注意点、レベル別やオンライン授業でのアレンジ案など、文化体験授業をスムーズに進めるためのヒントが満載です。

文化体験は学習者が日本語を使って日本文化や日本人に触れることのできる良い機会です。ぜひ授業に文化体験を取り入れてみてください。

<商品情報>
【タイトル】にほんごで文化体験
【URL】https://amzn.to/3aBkAkq
【価格】1,980円(税込)
【サイズ】B5、116ページ
【ISBNコード】9784757436596
【監修】村田晶子【著者】長谷川由香/池田幸弘/竹山直子
【監修・著者プロフィール】
監修:村田晶子(法政大学グローバル教育センター 教授)
長谷川由香(法政大学グローバル教育センター 専任講師)
池田 幸弘(法政大学 グローバル教育センター 専任講師)
竹山 直子(法政大学 グローバル教育センター 教育講師)


≪電子書籍版も Amazon kindle、楽天kobo、Google Play Booksなど主要電子書店で同日発売≫
[amazon]https://www.amazon.co.jp/dp/B08WP9YZGX


[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース