移動ロボットに搭載する、カレントリミッター付サーボモーター用電源を発売

2021/02/19  株式会社 アトラックラボ 

サーボモーターに過負荷がかかった場合でも、電源停止とならず一定の電力を供給し続けます。

株式会社アトラックラボ(埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37 代表取締役 伊豆智幸 TEL 049-293-6138)は、合同会社ランニングエレクトロニクス(神奈川県相模原市南区新磯野2-1-5 アネックス新磯野ビル5F 代表 渋谷国広 TEL 042-705-7796)と共同で、ロボットに使用するサーボモーター用電源を開発いたしました。


移動型ロボットでは、意図しない外力によりサーボモーターへ過負荷がかかる場合があります。そのような場合でも電源を遮断する事なく、電圧を下げ一定の電力を供給し続けサーボモーターの焼損を防止すると共に、移動型ロボットの動作に支障をきたさないよう設計されています。
カレントリミッター付サーボモーター用電源

電源ユニットは、アルミ削り出しのヒートシンクユニットに格納されており、12V100Wの高出力ながら小型ファンレスで、移動ロボットに組み込みやすくなっています。強い外力が生じる恐れのある収穫ロボットのアームや、車両のステアリングサーボの電源として適しています。
使用電圧の変更にも対応しております。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アトラックラボ
メールアドレス:sales@attraclab.com

他の画像

関連業界