固体酸化物形燃料電池市場ータイプ別(平面および管状)、用途別(発電、熱・電力の組み合わせ、軍事)、最終用途別(データセンター、商業・小売、およびAPU)、地域別ー世界的な予測2025年

2021/02/19  SDKI Inc. 

SDKI Inc.は、2020―2025年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的とした固体酸化物形燃料電池市場の調査レポートを2021年02月18日で発刊しました。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-110206



世界の固体酸化物形燃料電池の市場は、2020年の推定収益7億7200万ドルから、2025年までに28億8100万ドルに達し、予測期間中に30.1%のCAGRで成長すると予測されます。

固体酸化物燃料電池市場の主な推進力には、政府の補助金、燃料電池プログラムと燃料の柔軟性に関する研究開発の増加が含まれます。また、ヨーロッパと北米でのエネルギー効率の高い発電と厳しい排出基準に対する需要の高まりは、クリーンエネルギー源の需要につながり、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。

レポートを購入する主な利点:

このレポートは、世界の固体酸化物形燃料電池市場を包括的にセグメント化し、市場全体とさまざまな業種および地域にわたるサブセグメントの収益の最も近い概算を提供します。
レポートは、利害関係者が固体酸化物燃料電池市場の動向を理解するのに役立ち、主要な市場ドライバー、制約、課題、および機会に関する情報を提供します。
このレポートは、利害関係者が競合他社をよりよく理解し、ビジネスにおける会社の立場をより良くするためのより多くの洞察を得るのに役立ちます。競合状況のセクションには、競合他社のエコシステム、新製品の開発、合意、買収が含まれます。

市場セグメント

固体酸化物形燃料電池市場は、タイプ別(平面および管状)、用途別(発電、熱・電力の組み合わせ、軍事)、最終用途別(データセンター、商業・小売、およびAPU)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

平面セグメントは、固体酸化物燃料電池市場を支配すると予想されます。

タイプ別に基づいて、平面セグメントは、予測期間中に、最大の市場になると予想されます。単純な形状と比較的簡単な構築プロセスにより、成長が推進されます。

地域概要

北米は価値の面で世界の固体酸化物燃料電池市場をリードします。この地域の成長は、燃料電池発電に対する高い需要と、水素生成の研究開発の増加により起因する可能性があります。さらに、米国エネルギー省(DoE)の固体エネルギー変換同盟(SECA)プログラムを含む政府の政策と補助金は、米国市場の成長の主要な推進要因です。

固体酸化物形燃料電池市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

市場の主要なキープレーヤー

固体酸化物形燃料電池市場の主要なキープレーヤーには、Bloom Energy(米国)、Ceres Power(英国)、Mitsubishi Power(日本)、Aisin Seiki Co(日本)、Hitachi Zosen(日本)などがあります。この調査には、固体酸化物形燃料電池市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/solid-oxide-fuel-cell-market/110206

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

他の画像

関連業界