J:COM、国内の一般消費者および法人向け10Gブロードバンドの提供にCommScopeを採用

2021/02/22  コムスコープ・ジャパン 株式会社 

世界初の仮想化された10G-EPONリモートOLTの商用展開により、J:COMは革新的な速度を実現


米国ヒッコリー 2021年2月22日- CommScope(https://ja.commscope.com/ )は、本日、日本有数のケーブルブロードバンドおよび多チャンネルビデオプロバイダーである株式会社ジュピターテレコム(J:COM)(https://www.jcom.co.jp/corporate/ )が、競争の激しい関西地区の一般消費者および法人顧客に、10Gbpsのブロードバンドを提供するために、当社のXE4202 10G-EPON リモートOLT(https://www.commscope.com/product-type/broadband-access-network-systems/passive-optical-networks-pon/ethernet-passive-optical-networks-epon/xe4202/ )ファイバーノードモジュールを採用したことを発表しました。



今回の関西地域での提携により、世界初のリモートOLTを用いた10G EPONの大規模な仮想化商用展開が可能になります。この展開により、J:COMは既存のハイブリッド ファイバー コアキシャル方式(HFC)ネットワークおよびCommScopeのCH3000 ヘッドエンド光プラットフォーム(https://www.commscope.com/product-type/broadband-access-network-systems/cable-headend-optics-platforms/platforms/ch3000-optics/ )とNC4000 オプティカルノード(https://www.commscope.com/product-type/broadband-access-network-systems/optical-hubs-nodes-passives/optical-node-platforms/nc4000/?utm_source=arris&utm_medium=redirect )によるファイバーノード資産を活用して、画期的な10Gbps対称速度を実現する10G-EPONを提供することができるようになります。
  
CommScopeのヘッドエンド、ノード、および光学ソリューションの独自の組み合わせは、J:COMのHFCと光回線方式(FTTH)ネットワークの構築を可能にします。10G EPONとファイバーディープアップグレードを同時にサポートすることで、J:COMはネットワークの広帯域化、仮想化および分散型アクセスアーキテクチャを活用して、設備投資および運用コストを削減することができます。また、リモートOLTの管理システムは集中ネットワーク管理が可能であることから、データセンターに配置することが可能となります。
  
CommScopeのエグゼクティブバイスプレジデント、CTO及びブロードバンドネットワーク部門のセグメントリーダーであるMorgan Kurkは、以下のように述べています。「このマイルストーンとなる展開は、当社とJ:COMとの強力なパートナーシップを示すと同時に、重要成長市場として日本への注力を強調しています。J:COMの将来のネットワークは、FTTHへの移行を促進する当社のポートフォリオの汎用性を示しており、より多くのネットワーク容量と信頼性をエンドユーザーに提供します。両社は協力して、日本中の何百万ものお客様に、最速かつ最先端のブロードバンドサービスを提供していきます」
  
J:COMの常務執行役員 技術部門長 斎藤 重成は、次のように述べています。「J:COMは、動画視聴や家庭内機器の IoT 化等により高まる高速・大容量通信のニーズにお応えするために、関西エリアで『J:COM NET 光 10G コース/光 5G コース/光1Gコース』を提供しています。そのための信頼できるパートナーとしてCommScopeを選択し、同社の高機能、高品質なネットワークポートフォリオとソリューションにより、安定してサービスを提供しています。今後もお客様の生活になくてはならないJ:COMを目指し、お客様の心に響くサービスを提供してまいります」
  
全ての製品、商標および登録商標はそれぞれ各社に帰属します。
  
  
J:COMについて:
株式会社ジュピターテレコム(J:COM)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。システム運用では、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの約557万世帯のお客様に、11の現地連結子会社を通じて、ケーブルテレビ、高速 インターネット接続、電話、モバイル、電力、ホームIoTなどのサービスを提供しています。J:COMフランチャイズエリアにおけるホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,180万世帯です。チャンネル運用においては、17の専門チャンネルに出資および運営を行い、CATV、衛星放送、通信事業者に提供される17の専門チャンネルに出資および運営を行っています。
  
CommScopeについて:
CommScope(NASDAQ:COMM)は、技術の境界を押し上げ、世界最先端の有線および無線ネットワークを構築しています。当社の従業員、イノベーター、技術者で構成されるグローバルチームは、お客様が次に何をすべきかを予測し、何が可能であるかを発明できるよう支援をおこなっています。さらなる情報は https://ja.commscope.com/ からご確認いただけます。
  
当社のTwitter(https://twitter.com/CommScope?utm_source=google&utm_medium=newscenter&utm_campaign=pressrelease )、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/commscope?utm_source=google&utm_medium=newscenter&utm_campaign=pressrelease )、Facebook(https://www.facebook.com/commscope?utm_source=google&utm_medium=newscenter&utm_campaign=pressrelease )
はこちらからご覧いただけます。当社のプレスリリース(https://ja.commscope.com/news-center/ )およびブログ(https://ja.commscope.com/blog/ )はこちらからご覧いただけます。
  
  
本プレスリリースには、現時点で経営者が入手可能な情報、経営者の判断及び将来の事象に関する様々な仮定に基づく将来予想に関する記述が含まれています。将来に関する記述は、業績を保証するものではなく、様々な不確実性やその他の要因に左右され、実際の業績は、現在の見通しとは大きく異なる可能性があります。当社は、将来の見通しに関する記述を提供するにあたり、新たな情報、将来の事象、その他の結果としてこれらの記述を更新する意図はなく、また更新する義務も負いません。

他の画像

関連業界