『VOGUE JAPAN』2021年4月号(2月26日発売)クリエイティビティが明日をつくる。『VOGUE』27エディションが世界のクリエイティビティを総力特集!

2021/02/22  合同会社 コンデナスト・ジャパン 

創造力を刺激するモードの新定義ほか、伝統から最新イノベーションまで日本の創造性に注目。また、「服のちから」について80分にわたり語りおろした川久保玲の特別インタビューも掲載。

 世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』2021年4月号が、2月26日に発売されます。2020年10月の「HOPE」号に続き、世界の『VOGUE』27エディションが「Creativity」という共通のテーマのもと再結集。ファッション、音楽、アート、映画などの様々な分野で活躍する若い希望の星をそれぞれの国ごとに紹介し、背中を後押ししてくれるようなコラムやファッションストーリーとともに、今最も刺激的でクリエイティブな才能にフィーチャーします。


『VOGUE JAPAN』2021年4月号 Cover:Luigi & lango (C) 2021 Conde Nast Japan. All rights reserved.
 表紙を飾るのは世界的スーパーモデル、ケイト・モスの娘のライラ・モス。2021年春夏でランウェイデビューを飾った18歳の彼女が纏うのは、トモ コイズミとエミリオ・プッチによる待望のコラボコレクション。本誌でおなじみのフォトグラファーデュオのルイージ&イアンゴがアンナ・デッロ・ルッソと組み、南イタリアで撮影しました。コケティッシュな魅力溢れる彼女のカバーストーリーも必見です。

 『VOGUE JAPAN』は本誌「クリエイティビティ」特集にて、日本の「創造性を支える」才能や仕事に注目。ファッションを中心に、サステナブルな素材開発や伝統工芸を革新するアーティストなど、伝統から最新テクノロジーまで日本のクリエイティビティパワーを読者の皆さまにお届けします。

 服の既成概念にとらわれず独自のクリエイションを追求し続ける日本人デザイナーたち。グラフィカルなプリントに構築的なシルエット。どこかダークでミステリアスなムードに、ポップアートのような世界観。多様なテイストを絶妙な折衷主義でミックスする日本独自のセンスを、ユースカルチャーが生まれる渋谷を舞台に、冨永愛、新井貴子、TSUGUMIといった世界で活躍する日本人モデルたちが自由な感性で纏ったファッションストーリーをお楽しみください。そして、独創的なアイデアが生み出す服と日本が誇るデジタルアートを融合し、角川武蔵野ミュージアムとチームラボボーダレスで撮影したドラマティックなファッションストーリーも要チェック。

 また、ルールに縛られないフリースピリットで創造力を刺激するモードの新定義を、4つのキーワードとともにご紹介。さらに、いつだってモードな心を忘れない世界のファッショニスタたちが、21年春夏のウィッシュリストを公開!日本ブランド発の人気の新作など、今季ワードローブに加えたいベストバイアイテムをお見逃しなく。

 今号のインタビューでは、日本を代表するデザイナーの川久保玲が登場。コロナ禍により、過去40年間継続してきたパリでのコレクション発表を断念し、東京で2021年春夏のショーを開催したコム デ ギャルソン。ごく少人数の規模ではありますが、「服を直接見せること」にこだわった彼女が、この未曾有の「困難」の中で思うこととは。本誌編集長の渡辺三津子が、その率直な「言葉」に向き合った80分を全7ページにわたってお届けします。

 日本には、世界から注目されていながらも国内ではあまり知られていない素材のイノベーターが何人もいます。日本が誇る「サステナブル」な素材革新の今を『VOGUE』工場見学でレポートします。また、古来の伝統技法を進化させ、新たなクリエイションを生む工芸作家たちの唯一無二な作品をご紹介。日本の伝統を生かしつつ新しいもの作りに挑む、伝統工芸レボリューションで「日本のクリエイティビティ」を再認識し、明日へのパワーに変えていくことの重要性を説きます。

 ファッションに求められる価値観やシーンをとりまく環境がドラスティックに変化する今、新世代がファッションを「つくる」理由とクリエイションへの原動力にも迫ります。日本の20代は今、何にインスパイアされ、どんな思いで、誰に向かって表現し続けているのか。アイナ・ジ・エンド、アオイヤマダら新世代の表現者たちの今の姿をインタビュー。さらに、ユニークな世界観で国内外からも注目を集める、ジェネレーションZ世代のクリエイター4名もピックアップします。

 ビューティーは、フラットシューズをモードに美的に履きこなす「筋肉美とライン」に着目。美脚に見せる3つの前提から、鍛え方、履きこなしのトレンドまで、フラットシューズとの付き合い方を美のプロが指南します。また、メイクでは、マスク必須の今、美しい肌作りに必要な最旬ベースメイクティップスと、シーン別に使い分けられる3つのパターンを厳選して紹介します。

最新号の情報についてはこちら。
https://www.vogue.co.jp/magazine/2021-4

【VOGUE JAPAN】
1892年に米国で創刊し、現在27 のエディションで発行される、世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版として、1999年7月に創刊。世界のトップフォトグラファーとのコラボレーションによる美しいヴィジュアルが誌面を飾り、最新のファッションとビューティーの情報から文化・社会的なトレンドまで、洗練された“ヴォーグの世界”を展開。 2020年にはダイバーシティ&インクルージョン、サステナビリティ、ワーク&ライフに主軸をおいた「VOGUE CHANGE」もスタート。ウェブサイト、SNSを中心にインサイトに満ちたオリジナルコンテンツを発信している。

公式サイト:https://www.vogue.co.jp/
Facebook:VOGUEJAPAN
Twitter:voguejp
Instagram:voguejapan
TikTok:voguejp

【コンデナストについて】
コンデナストは、Vogue、The New Yorker、GQ、Glamour、AD、Vanity Fair、Wiredなどの象徴的なブランドを擁したグローバルメディア企業です。同社の受賞歴を誇るコンテンツは、印刷物で7,200万人、デジタルで3億4,400万人、ソーシャルプラットフォームで4億5,100万人の消費者に届けられ、 毎月10億回以上の動画視聴を得ています。同社はニューヨークとロンドンに本社を置き、世界中の現地ライセンスパートナーとの提携のもとに、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、ラテンアメリカ、ロシア、スペイン、台湾、英国、米国を含む世界32の市場で事業を展開しています。2011年に発足したCondé Nast Entertainment(CNÉ)は、映画、テレビ、ソーシャルビデオ、デジタルビデオ、バーチャルリアリティにわたるプログラミングを作成する、数々の賞を受賞した制作および配信スタジオです。コンデナスト・ジャパンは、1997年の設立以来、20 年以上にわたりハイクオリティーでプレミアムなコンテンツを発信してきました。1999年に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』日本版、『VOGUE Girl』『VOGUE Wedding』を日本で展開しています。雑誌、デジタルマガジン、ウェブサイトでのコンテンツ発信に加え、「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT(FNO)」「VOGUE JAPAN Women of the Year」、そして「GQ Men of the Year」では、強力なエクスペリエンス(体験)をオーディエンスの皆様に提供しています。また、日本市場の複雑なニーズと絶え間なく変化するメディア環境に対応するため、2014年にホワイトレーベルのクリエイティブスタジオ事業「Condé Nast Creative Studio」をローンチし、2020年1月にはこれをフルサービス・クリエイティブ・エージェンシー「CNX」としてリブランディングしました。2016年にはビデオコンテンツを扱う「Condé Nast Video」事業を立ち上げ、映像事業領域でもプレミアムプレーヤーとしていち早く活動を開始しました。さらに、Gen Zに向けた新たなプロジェクト「Rumor Me」やCondé Nast Social Talent Agencyを2019年に立ち上げ、ソーシャルメディア、次世代のクリエイティブ・インフルエンサーとの事業を開始しています。

コンデナスト・ジャパン 公式サイト:www.condenast.jp
LinkedIn公式アカウント:www.linkedin.com/company/condenastjapan
コンデナスト・グローバル 公式サイト:condenast.com

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース