【銀座 蔦屋書店】国内初登場ニュアンスカラーが美しい江戸切子「Edokiriko Mermaid」や、縁起の良い伝統文様の江戸切子などを提案する「暮らしを彩る江戸切子・ガラス工芸」フェアを開催。

2021/02/22  CCCアートラボ 株式会社 

中国 蔦屋書店限定モデルとして作られた美しい赤い工芸グラス「Inner Red」も期間限定で登場

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)は、日本の美しい伝統工芸品を通して、暮らしを"楽しく美しく演出したい"という想いを込め、「暮らしを彩る江戸切子・ガラス工芸」フェアを3月5日から店頭・オンラインストアで開催します。ギフトとして、節目のおめでたい宴席、毎日の食事のひとときなど様々なシーンに合わせて使っていただける美しい硝子の世界をお楽しみください。


今回、日本の伝統工芸士が作る美しい江戸切子の器のほか、円熟した技術により生み出される和のカットガラスを揃えたフェアを開催いたします。



江戸切子は江戸時代にイギリスから来た職人によりカットガラスの技術が日本の職人らに伝えられ、発展してきました。現在は江戸切子は国指定の日本の伝統工芸品として認められ、世界的にもその美しさが評価されています。


今回、銀座 蔦屋書店では現代のライフスタイルに合わせたトレンドを取り入れた新しいデザインの江戸切子や、伝統的な和の趣を大切にした縁起文様の江戸切子などを中心にガラス工芸の器を提案いたします。また、特別企画として中国 蔦屋書店限定モデルのグラスが日本国内で期間限定で販売されます。

国内外で愛される日本の伝統的な工芸・技術に親しみ、また新しいトレンドのガラス工芸品にも出会えるこの機会を店頭・オンラインストアでお楽しみください。

特集ページ:https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/18758-1635130219.html


フェアのご紹介1.|毎日の暮らしのワンシーンに「Edokiriko Mermaid/Dots」

従来の江戸切子の「和」「縁起物」といったイメージに対し、様々な料理や空間でグラスが用いられる現代のライフスタイルにあった江戸切子として、KIMOTO GLASS TOKYOの新作「Edokiriko」シリーズが登場します。


他の器やテーブルシーンと親和性のある「スモーキーな色合い」と持ちやすさや洗いやすさといった使い心地にこだわったグラスに、伝統工芸士である大場和十志(おおばかずとし)が柔らかさを感じるデザインのカットを施しています。カットの名称も「Mermaid」「Dots」といった国内外のお客様にもデザインが伝わりやすい名称を採用しています。

〈商品詳細〉
KIMOTO GLASS TOKYO
・Edokiriko Mermaid Blue/Violet 各色 11,000円(税込)
・Edokiriko Dots  Blue/Violet 各色 8,800円(税込)


フェアのご紹介2.|季節の食卓や、贈り物としても使いたい。縁起物としての伝統的な江戸切子

「江戸切子彩鳳」シリーズからは、江戸切子の伝統的な幾何学模様が印象的な「菊繋ぎ文様」グラスなど、日本で古くから大切にされてきたモチーフが施された作品をご提案します。日本の伝統文様にはそれぞれに縁起を担いだ意味が込められています。



「菊繋ぎ文様」は細かいカットが不老長寿の意味を持つ「菊」が連なっているように見えることから名づけられています。日本人は昔から文様とその意味を大切にし、日々の生活に取り入れてきました。大切な人がいつも健やかで幸せであって欲しい、そんな気持ちを込めて贈りたくなる逸品です。
古来から日本人の想いとともに受け継がれる、伝統的な江戸切子の職人の技術を是⾮感じてみて下さい。

〈商品詳細〉
株式会社ミツワ硝子工芸 江戸切子彩鳳
・菊繋ぎ文様 オールド 金赤 46,200円(税込)
・菊繋ぎ文様 オールド ルリ 41,800円(税込)


フェアのご紹介3.赤いガラスに躍動感のある"龍"や"鳳凰"の切子。中国限定シリーズが期間限定で登場。

銀座 蔦屋書店ではKIMOTO GLASS TOKYOのガラス工芸品シリ―ズ「Inner Black(インナーブラック)」を長くご提案をしてきています。こちらのシリーズは、一般的なガラス工芸で用いられる透明な硝子の外側に色ガラスを被せる「外被せ」ではなく、内側に色ガラスを被せる「内被せ」を採用しており、色ガラスが浮いているような印象が特徴です。グラスの空間の中で研磨剤を吹き付けるため、特に底面に近い部分にも均一に吹付けを行わなくてはならず、非常に難しい技術となります。彫った部分にムラがなく、細かなデザインまで表現できているのは職人による高い技術の証です。


昨年、中国に蔦屋書店が2店舗オープンした際、銀座 蔦屋書店で海外インバウンド客にも人気のあったこちらの商品の中国限定モデルとして「Inner Red(インナーレッド)」を企画し店頭で販売しております。今回のフェアでは期間限定で特別にこちらのモデルを日本国内販売を行います。

今にもグラスから飛び出して動き出しそうなダイナミックで躍動感のあるモチーフを意識し、中国絵巻物や日本の屏風絵からヒントを得て制作しています。日本の職人によるサンドブラストの技術力が伝わるような細かなデザインも見どころです。通常のInner Blackシリーズにはない「鳳凰」のモチーフも今回のみのお取り扱いです。
大切な人への記念のプレゼントなどにいかがでしょうか。

〈商品詳細〉
KIMOTO GLASS TOKYO
・中国 蔦屋書店限定モデル Inner Red(インナーレッド) 龍/虎/鳳凰 各柄 33,000円(税込)

KIMOTO GLASS TOKYO
・Inner Black(インナーブラック) 龍/虎/アロワナ 各柄 33,000円(税込)


ブランド紹介

KIMOTO GLASS TOKYO/木本硝子株式会社

硝子食器問屋として培った90年以上の経験と知識を活かし、「硝子製品のプロデューサー」の立場でデザイナーや都内の手づくり硝子工場や江戸切子職人とタッグを組み、様々なものづくりに取り組んでいます。
伝統工芸を「もっと現代のライフスタイルに寄り添うものに」と製作した世界初の漆黒の江戸切子グラスや、東京の手づくり硝子職人による日本酒専用グラス「サケグラスセレクション」、ワインボトルのアップサイクル「Funew」など、他では見ることのできない新しい硝子製品を開発してまいりました。
かつては50社程あった東京都内の硝子工場も、現在は数社のみ。江戸の硝子文化を後世に残していくためにも、我々木本硝子は硝子製品のプロデューサーとして「Made in TOKYO」の硝子の魅力を国内外に伝えてまいります。そして、硝子製品を通して、皆様のライフスタイルがより豊かに、より楽しくなる、そんなものづくりを目指します。

江戸切子彩鳳/株式会社ミツワ硝子工芸

39歳の日本の伝統工芸士石塚春樹を筆頭に3名の日本の伝統工芸士を擁する若手中心の工房です。伝統文様を踏襲しながらも、常に新しい文様・技法に挑戦しています。


フェア詳細

暮らしを彩る江戸切子・ガラス工芸

特集ページ:https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/18758-1635130219.html

期間|2021年3月5日(金)~4月11日(日)(終了日予定)
会場|銀座 蔦屋書店 文具売場、オンラインストア
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
※フェア終了日は変更になる場合があります


銀座 蔦屋書店~文具・雑貨~

アートピースとしての筆記具やオブジェをご提案



世界中から集めた美しい筆記具やオブジェ、 日本の素晴らしいものづくりを伝える売場づくりを追求しています。 特に、 伝統技術を継承しながらも、 現代的なデザインを取り入れ、 新しい挑戦をしている職人の工芸品を中心に発信しています。 銀座 蔦屋書店限定の商品も多数取り揃えておりますので、 東京銀座のお土産品探しにも是⾮、 お立ち寄りください。


店舗情報

銀座 蔦屋書店



本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号: 03-3575-7755
営業時間:店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ: https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook: https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter: https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram: https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

他の画像

関連業界