読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センターに「免疫サポート」2,000個を寄贈

2021/02/22  株式会社 ファンケル 


 株式会社ファンケルは2月22日(月)、読売巨人軍がキャンプ地である沖縄県那覇市に開設した「読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センター」に、免疫機能を維持する機能性表示食品「免疫サポート」2,000個を寄贈いたしました。
 同センターは、読売巨人軍など沖縄県内でキャンプを実施するNPBの球団やJリーグのクラブ、報道陣や関係施設などの方に、定期的にPCR検査を実施する目的で開設されました。今回の寄贈は、PCR検査を受診した巨人軍の選手やスタッフ、球場関係者の方に、健康な方の免疫機能を維持する働きを持つ「免疫サポート」をお渡しし、健康管理に役立てていただくのが目的です。
 当社では、今後も特徴的な働きを持つ「免疫サポート」をさまざまな団体に寄贈していく予定です。

読売巨人軍 原辰徳監督(ファンケルパートナー)
 
【寄贈製品】

製品名:免疫サポート(機能性表示食品)
容量:14粒/7日分、価格:790円<税込>
※容量:60粒/30日分、価格:3,100円<税込>の製品も販売中
販売:7日分/コンビニエンスストア・30日分/通信販売・直営店舗・ドラッグストア・スーパー
届出表示
本品には、プラズマ乳酸菌(L.lactis strain Plasma)が含まれます。
プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の
免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

【寄贈先】

読売ジャイアンツ・スポーツ健康検査センター
主管:読売巨人軍、読売新聞社
協力:(株)木下グループ、(株)ホット沖縄、一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー
監修:医療法人社団 和光会
開設場所:沖縄県那覇市前島2-3-6 イースタービル1階
検査対象:NPBの各球団、キャンプを取材する報道陣、評論家、Jリーグの各クラブ、キャンプ地の
ホテルやバス会社など関連産業の団体・法人等

他の画像

関連業界