『NAVITIME API』、定期券代と普通運賃を比較できる「運賃比較API」を提供開始

2021/06/10  株式会社 ナビタイムジャパン 

~定期券代と、1か月の出社日数分の運賃比較が1つのAPIで可能。通勤費支給を簡単にシミュレーションできます。~

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2021年6月10日(木)より、法人向け地図・ルート検索API『NAVITIME API』にて、定期券代と、出社日分を都度購入した場合の交通費を比較できる「運賃比較API」を提供開始いたします。


 コロナ禍でテレワークが推進される中、通勤手当の考え方や見直しを検討する企業が増えています。定期券代支給と、出社日の実費支給をした場合の金額をシミュレーションし、簡単に比較・検討できるよう、「運賃比較API」を開発いたしました。

 1か月の出社日数、支払い方法(現金/ICカード)、出発地・目的地を指定すると、その通勤経路の定期券代と、出社日数分の往復運賃を1つのAPIで出力することができます。支給金額や方法は企業の就業規則により異なるため、様々なケースに対応できるよう、1か月、3か月、6か月それぞれの定期券代と出社日分の普通運賃の合計額が取得できるようにしました。

 様々な交通手段を組み合わせ、ドアtoドアの最適ルートを検索できる「トータルナビ」の技術により、出発地・目的地には駅だけでなく、自宅や会社などを直接設定でき、バスなど電車以外の移動手段を組み合わせた通勤経路を算出できます。
 定期券は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の路線バス定期券にも対応しています。(2021年6月現在。対応バス路線は順次拡大中。)

 API形式で提供することで、自社で交通費計算システムをお持ちの企業では、既存のシステムに組み込んで利用できるため、通勤費支給に関する就業規則を扱う人事担当者も使い慣れたシステムで簡単に比較検討が可能です。
 また、交通費計算システムを開発・販売している企業では、提供しているシステムに本APIを組み込むことで付加価値の高いシステムを提供可能になります。

 全社員の通勤費シミュレーション機能を簡単に構築できるようにすることで、通勤費の見直しに伴う就業規則変更の検討をサポートし、企業経費の適正化にも貢献できればと思っております。



『NAVITIME API』について

法人向けにルート検索や地図表示などの機能をAPIとして提供するサービスです。お客様の業務システムやWebサイト、スマートフォン向けアプリなどに簡単に組み込むことが可能です。交通費計算に関する機能では、電車だけでなく、バスやその他移動手段を組み合わせた「トータルナビ」での検索にも対応。バスは全国の路線バス・コミュニティバスに100%対応しています。車ルートの検索にも対応しており、高速道路や有料道路の利用有無とその料金の出力も可能です。
https://api-sdk.navitime.co.jp/api/

『NAVITIME API』の導入に関するお問い合わせ先

株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業
お問い合わせフォーム https://api-sdk.navitime.co.jp/contactus/inquiryform.html


※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

他の画像

関連業界