6月19日(土)から7月23日(金)までの期間「カットレタス」(通常60g)を40g増量!

2021/06/10  株式会社 サラダクラブ 

産地との取り組み強化で持続可能な農業を促進

 株式会社サラダクラブ(代表取締役社長:金子俊浩、本社:東京都調布市)は、2021年6月19日(土)から7月23日(金)までの期間限定で、「カットレタス」を40g増量し、100g(通常60gの約1.6倍)で販売します。


 カットレタス40g増量キャンペーンは、2019年からレタスの旬の時期に合わせて実施しており、今回で3回目となります。昨年は6月27日(土)から7月31日(金)で実施し、レタス原体の相場価格が安価な時期であったにも関わらず、「カットレタス」の売上が直近比※1117%となるなど、大変ご好評いただきました。
※1 2020年5月27日(水)~6月26日(金)と、キャンペーン開始後2020年7月1日(水)~7月31日(金)の曜日まわりを合わせた同日数のデータです。

 今年も、長年契約産地としてレタスを供給いただいている「JA全農長野(全国農業協同組合連合会 長野県本部)」の協力のもと、日頃よりサラダクラブ商品をご利用いただいているお客さまに感謝の気持ちを込めて増量企画を実施します※2。

 また、本企画に合わせて長野県産「シャインマスカット」が当たるプレゼントキャンペーンを2021年6月20日(日)から7月20日(火)の期間で実施します。※2 商品には「JA全農長野」協力のレタスだけでなく、他契約産地のレタスも使用します。


 長野県は、夏場の収穫量が国内シェアの8~9割※3を占める日本一のレタスの生産地です。しかし、6~7月は天候が良く豊作になることが多いことに加え、昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大による外食企業の休業や営業時間短縮の影響で、産地の野菜の需要が減少しています。それにより、安価で販売しても余らせて廃棄してしまう、いわゆるフードロスに陥ることが懸念されます。
※3 野菜情報総合把握システム(通称:ベジ探)より。

 サラダクラブでは、持続可能な農業やSDGsへの取り組みを強化しています。産地との長年の安定的な取引や増量企画などを実施することでより良い関係性が構築でき、工場への産地直送や商品の品位向上、原料の安定供給に繋がっています。今年も増量企画を継続して実施することで、産地の持続的な生産体制の維持や産地廃棄(フードロス)削減の支援を行います。

【概要】



※4 悪天候などにより影響を受けた場合は販売期間が短くなる可能性があります。


■シャインマスカットプレゼントキャンペーンについて
 長年契約産地としてレタスを供給いただいている「JA全農長野(全国農業協同組合連合会 長野県本部)」と共同でプレゼントキャンペーンを実施します。2021年6月20日(日)から7月20日(火)の期間、対象商品についているバーコードを集めてご応募いただくと、長野県産「シャインマスカット」2 房が抽選で100名様に当たります。詳細はキャンペーンサイトをご確認ください。

【キャンペーン特設ページ】
https://www.saladclub.jp/campaign/shine_muscat_2021/

■株式会社サラダクラブについて
 株式会社サラダクラブは、野菜の鮮度とおいしさにこだわり、色々な種類の野菜を組み合わせ、洗わずにそのまま食べられる「パッケージサラダ」を製造・販売しています。キユーピー株式会社と三菱商事株式会社の共同出資により1999年に設立しました。利便性と価格が一定という経済性が評価され需要が拡大しているパッケージサラダ市場で、サラダクラブは国内最大のシェア(金額)*を占め、販売店舗数は16,030店(2020年11月現在)となっています。
*:マクロミルQPR(サラダメーカー別 2020年1月-2020年12月)

他の画像

関連業界