新型コロナワクチン職域接種に関する基本合意について

2021/06/10  メットライフ生命保険 株式会社 

職域ワクチン接種会場を相互に無償提供 ワクチン接種の更なる加速

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 ディルク・オステイン)は 株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野貴輝、以下「TKP」)と、新型コロナワクチンの職域接種提供に関する基本合意契約を締結しましたのでお知らせします。これにより、メットライフ生命は6月21日からTKPの職域ワクチン接種会場の提供を受け、メットライフ生命長崎本社での職域接種会場の運営をTKPに委託します。


調印式の様子
TKP は、ワクチン接種会場を総合的にサポートする「TKP 職域ワクチンセンター(仮称)」を開設し、ワクチン接種を希望するメットライフ生命の社員、家族およびビジネスパートナーなど約 52,000 人に対する職域接種を、東京都を始め、札幌市、仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市の全 8 カ所で提供します。
またメットライフ生命は、長崎本社ビル 1F のスペース(約 600 平方メートル )を一定期間 TKP へ無償で貸し出し、職域ワクチン接種会場の運営を TKP に運営委託することで、長崎における社員、その家族、およびビジネスパートナーなど約 3,200 名への接種も可能となり、その後も関係法令に従いながら地域企業への職域接種会場として提供する予定です。

本件を通じて、両社は職域ワクチン接種の実現を加速させ、一日も早く企業や地域社会が正常化するよう協力してまいります。
メットライフ生命長崎本社ビル

メットライフ生命は、お客さま、代理店の皆さま、地域社会の皆さま、そして社員の健康と安全を最優先に考え、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を受けて、さまざまな感染予防の対策を講じています。困難な状況にある時にも、お客さまの人生のパートナーとして常に寄り添える体制を整えることで、事業の長期的な持続可能性を向上させるとともに、より柔軟に環境変化に対応していく企業になることを今後も目指してまいります。

以上

メットライフ生命について
メットライフ生命は日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、現在は世界有数の生命保険グループ会社、米国メットライフの日本法人としてお客さまに常に寄り添い、最適な保障を選ぶお手伝いをしています。多様な販売チャネルを通じて、個人・法人のお客さまに対し幅広いリスクに対応できる、革新的な商品の提供に努めています。https://www.metlife.co.jp

他の画像

関連業界