2021/06/09に広島大学において開催された2021年度コンソーシアム人材セミナーにおいて、株式会社アカリクより神中が講義を行いました

2021/06/11  株式会社 アカリク 

広島大学が主催する「2021年度コンソーシアム人材セミナー」において、弊社神中が講義を行いました(講義タイトル「博士のキャリア1『産業界への就職の現状を知る』」)。本講義には、約100名の大学院生・大学職員が参加されました。講義後には「企業を意識した研究テーマにした方が就職に有利になるか」「ポスドクとしての研究は大学院生の研究とどう違ったか」などの質問が寄せられました。



コンソーシアム人材セミナーとは

広島大学グローバルキャリアデザインセンターは、『未来を拓く地方協奏プラットフォーム』の取組の一環として「コンソーシアム人材セミナー」を例年開催しています。このセミナーは、「グローバル化と科学技術の進展に伴い、社会における人財ニーズも時代とともに変化している中、多様な業界の関係者や職業に従事されている方々からの講義やディスカッションを通じて、研究経験を有する専門性の高い人財が活躍できるキャリアの選択肢と必要な能力や資質等を理解する」ことを目的としています。大学院生が在学中から様々な業界でのキャリアに焦点をあて、大学院での研究経験を活かしつつ新たなキャリアに挑戦する意義や魅力について理解してもらうためのセミナーです。


第113回コンソーシアム人材セミナー

本セミナーの第113回として、2021年6月9日に株式会社アカリクより神中 俊明が「博士のキャリアデザイン1『産業界への就職の現状を知る』というタイトルにて、講義を行いました。


日時:2021年6月9日(水)14:35~16:05
会場:オンライン開催(Zoom)
主催:広島大学
講師:株式会社アカリク 神中 俊明



スライド資料


講義概要


講義内容

第一部 企業社会から見た大学院生、直近の就活市場


一般社会から見た大学院生という存在
大学院での研究を通じて獲得できるもの
直近の就活状況(新型コロナウイルスの影響)
大学院生ならではの就活で気をつけるポイント


第二部 博士課程のメリット、デメリット


主たる懸念は「修了後の就職」
「博士は使えない」とは何か?
博士課程学生としての就活の方向性




講義後の反響

本講義には約100名の大学院生・大学職員が参加されました。講義後には「企業を意識した研究テーマにした方が就職に有利になるか」「ポスドクとしての研究は大学院生の研究とどう違ったか」「企業の評価指標と博士の能力評価について 」などの熱心な質問が寄せられました。


セミナーに関して

今後も株式会社アカリクでは、15年以上の大学院生のキャリア支援で培ったノウハウを活かし、大学院生(博士・修士)・大学院卒社会人・ポスドク・研究者の皆様のキャリアを考える上での一助となれますよう、大学や学会を中心に講演・セミナーを行ってまいります。
講演内容に関してもニーズに合わせたご対応が可能ですので、ぜひお問い合わせください。

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース

「ユニヴァーサルデザイン検定(UD検定)・初級」オンライン開催 2021/04/06 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会
「ユニヴァーサルデザイン検定(UD検定)・中級」オンライン開催 2021/03/11 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会