爽快なトレッキングと幻想的な鏡面絶景が楽しめる長野県白馬八方尾根、2021グリーンシーズンの営業を6月12日より本格的に開始

2021/06/11  白馬観光開発 株式会社 

 白馬観光開発株式会社(本社:長野県北安曇郡白馬村、代表取締役社長:荻野 正史、以下「白馬観光開発」)は2021年6月12日(土)より、八方池にアクセスするゴンドラリフト等の2021グリーンシーズンの営業を本格的に開始いたします。 オフィシャルHP:http://www.happo-one.jp





 長野県白馬村にある白馬八方尾根では、信州を包む山々を見渡す大パノラマや鏡面絶景が楽しめる八方池までのトレッキングをはじめ、北アルプス・唐松岳までの登山のアクセスとして人気の「八方アルペンライン」の営業を開始いたしました。新型コロナウイルス感染症によって生活が制限される中、大自然での心身の癒しを提供してまいります。SNSでは「#登山女子」での投稿が25万件(※1)を超えており、山を楽しむ「ハイカー女子」も増え、白馬エリアでも大自然での山登りファッションを楽しむ姿が見受けられます。

初心者でも気軽にアクセスできて鏡面絶景が楽しめる「八方池」



 白馬三山をまるで鏡のように映し出す「八方池」は、標高2,060mの高山にあり、高木が少ないため見晴らしが良く、大パノラマが広がります。晴天時には水面に空や景色が映し出されることで、天と地が融合したかのような“鏡面絶景”が楽しめます。

 八方池までのアクセスは、八方アルペンライン(ゴンドラリフトと観光リフト2本の総称)で標高1,830mまで上がり、片道約1時間のトレッキング。ゴンドラリフト山頂でランチを食べてから登り始めても十分に八方池の景色を楽しむことができます。可憐な花々が咲き誇る自然研究路には整備された木道があり、登山初心者や小さな子どもがいるファミリーも軽装備のまま安心・安全に自然と触れ合っていただけます。また、条件によっては雲海を眼下に見渡し、幻想的な風景を体感することもできます。

 八方尾根特有の自然環境や高山植物を学びながら山岳観光ができるガイド付きプランや、トレッキングに適したレインウェアやシューズのレンタルサービスを白馬駅前の白馬山麓ツアーズにて提供しています。

【「八方アルペンライン」運行情報】
運行期間:2021年6月12日(土)~10月31日(日)
運行時間:8:00~17:00
運賃(往復):大人 3,000円、小児 1,850円
URL:https://www.happo-one.jp
お問い合せ:白馬観光開発(株)
TEL:0261-72-3280

標高1,400mから望む満天の星空イベント「天空の天体ショー」「流星群観察会」



 夜のゴンドラリフトに乗って山の上から空を見上げれば、格別に美しい星空が広がります。天の川や季節の星座を観察する「天空の天体ショー」や、深夜に流星群を眺める「流星群観察会」を7月中旬より順次開催。 眼下に広がる白馬村の夜景のほか、流星群観察会ではご来光も楽しめます。両イベントの講師は、日本天文学会所属の天文歴37年のベテランで、星空案内のアステリズム代表の渡辺康充氏が務め、星空や天体について丁寧に楽しく解説します。

イベント概要】
<天空の天体ショー>
開催日:2021年7月23日(金)・24日(土)、8月1日(日)~22日(日)の間は毎日、9月18日(土)・19日(日)
料金:大人(中学生以上)2,400円、小人(小学生)1,600円
※料金に含まれるもの:ゴンドラリフト往復乗車代、ガイド料

<流星群観察会>
開催日:2021年8月11日(水)・12日(木)・13日(金)
料金:大人(中学生以上)5,400円、小人(小学生)3,900円
※料金に含まれるもの:ゴンドラリフト往復乗車代、ガイド料、休憩スペース使用料

詳細・オンライン予約:https://www.nsd-hakuba.jp/green/tenku_hoshizora.html

※悪天候時は室内で講師による星空講座を開催します。
※当日強風、雷等でゴンドラが運行出来ない場合や最小催行人員に満たないときは、中止させていただく場合もございます。
※新型コロナウイルス感染予防対策を徹底し、入場数を制限した内容で開催いたします。

TRAVEL WORK AWARD 2021」カフェ部門金賞を受賞した高原カフェ施設

 白馬八方尾根のゴンドラリフト「うさぎ平駅」に併設する「うざぎ平テラス」が、最先端の働き方を推進、実現、策励しているモノ・サービス・場所を表彰する、株式会社アステル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高橋悠、以下「アステル」)が主催する「TRAVEL WORK AWARD」のカフェ部門にて、2021年5月に金賞を受賞しました。

 標高1,400mに位置する「うさぎ平テラス」は、カフェやレストランなど複数のスポットを有し、仕事や休憩など思い思いに過ごしていただけます。

【カフェ部門 金賞「うさぎ平テラス」受賞理由】※一部抜粋


仕事の場所を自由に選択できるトラベルワーカーは、暑い夏には涼しいエリアで仕事をすることが多く、白馬は都心や中京エリアからも比較的近いうえ、涼しいため夏場のワークスポットとして人気が高い。
普段なかなか読む気になれないビジネス書を読んだり、後回しにしがちな気乗りしない仕事に向き合うときに利用したい。
ビールを飲みながら、白馬の気持ち良い風の中で仕事をしたい。


お得に利用できる「絶対に行きたい信州絶景チケット」

「絶対に行きたい信州絶景チケット」ビジュアルイメージ

 白馬八方尾根のほか、栂池高原、白馬岩岳、北志賀竜王の長野県を代表する絶景4スポットを楽しめるスペシャルチケット「絶対に行きたい信州絶景チケット」が発売中です。白馬八方尾根からの山岳景観を楽しみ、他のスポットでも大自然を体感できるお得なチケットです。

 1セット4枚綴りのチケットは切り離し式で、各スポットにアクセスするゴンドラリフトやロープウェイなどの索道施設を通常より最大5,000円(※2)お得にご利用いただけます。1人で4ヵ所の絶景を周遊することも、家族や友人と複数人でシェアすることも可能です。

絶対に行きたい信州の絶景チケット」概要
期間:各施設の2021年グリーンシーズン営業期間中
料金:1セット4枚綴り 9,800円(税込)※大人・小児どちらもご利用いただけます。
利用可能施設:
1.八方アルペンライン(ゴンドラリフト+観光リフト2本往復乗車)
2.つがいけロープウェイ(ゴンドラリフトとロープウェイ往復乗車+栂池自然園入園料)
3.岩岳ゴンドラリフト往復乗車
4.竜王ロープウェイ往復乗車
※お好きな施設をチケット1枚でお一人様1回ご利用いただけます。
特設販売サイト: https://www.geekout.jp/lp/zekkei/

※1... 2021年6月4日現在、Instagramによる「#登山女子」での投稿数
※2...つがいけロープウェイ(自然園入園料込み)を大人4人で利用された場合

【会社概要】
会社名:白馬観光開発株式会社 HAKUBA RESORT DEVELOPMENT Co.,Ltd.
代表:代表取締役社長 荻野 正史
住所:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城6329-1
設立:1958年(昭和33年)7月4日
事業内容:スキー場一般(索道事業・飲食業)、索道施設32基(内、白馬八方尾根スキー場では7基)、食堂施設8店舗

【新型コロナウイルス感染防止対策】
白馬観光開発は、地域社会の安全と共にお客様と従業員の健康を守るため、新型コロナウイルス感染防止対策を講じて営業してまいります。白馬八方尾根では、トレッキングや散策、屋外ラウンジなどアウトドアでお楽しみいただけるサービスを提供していますが、レストランやゴンドラリフトなど、”三密”(密閉、密集、密接)になり得る箇所も存在します。こうした箇所については、消毒や換気をはじめとする対策を徹底しております。お客様にもマスク着用・消毒等、ご協力を依頼しております。今後も安心して大自然の素晴らしさを体感いただけるよう、感染防止に努めてまいります。
https://www.happo-one.jp/news-green/16982/

他の画像

関連業界