特許技術を使用した傘「星降る森」を八ヶ岳俱楽部にて発表します

2021/06/11  株式会社 槙田商店 

株式会社 槙田商店(本社:山梨県南都留郡西桂町小沼 1717 代表取締役:槇田則夫)は、6月24日(木)、八ヶ岳倶楽部にて、夏の星空を表現した傘「星降る森」の発表を記念した展示販売を行います。8~9万もの星や天の川が描かれたデザインには、山梨県産業技術センターで開発された特許技術が使われています。柄は2種類(各1配色)。


星降る森 Twilight(夕暮れ)

【山梨県の特許技術を使った新しい傘「星降る森」発表】
日程:2021年6月24日(木)~6月29日(火)
時間:10:00~17:30(最終日は16:00まで)
会場:八ヶ岳倶楽部 (〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240−2594)
アイテム:先染ジャカード傘「星降る森」
仕様:親骨60cm 、UVカット加工
柄:2柄 各1配色(Twilight(夕暮れ)、Midnight(真夜中))
価格:19,800円(税込価格)
※新商品「星降る森」の他に、槙田商店の他のラインナップも展開いたします。
※6月24日(木)13時~15時、県産業技術センターの研究担当者も展示販売会に立ち会い、取材対応いたします。
※オンラインショップ(https://shop.makita-1866.jp/)での取り扱いは、6月30日から開始します。
イメージ写真:https://drive.google.com/drive/folders/1Z1KCx-KxpPgOT9NvCYL08t2qP3HADl79?usp=sharing


「星降る森」開発の背景

星降る森 Twilight(夕暮れ)


今からおよそ100年前のヨーロッパでは「スティーブングラフ」と呼ばれる、精巧な絵画調のジャカード織物が作られていました。この設計方法をもとに、山梨県の特許技術を使ってデジタル化、高精度化した新技術「デジタルスティーブングラフ」が山梨県と山梨大学の共同研究の中で誕生。その新技術を使用し、私たちのジャカード織機で作られた「星降る森」はその名に相応しく、幾万の星や天の川が織り描かれています。これらを織物として美しく表現するためには、織機と技術、双方の繊細さと緻密さが必要不可欠となります。ジャカード織機とは、糸の織り方によって細かい柄が出せる織機で、槙田商店の得意分野でもあります。細かい柄が出せる織機と、精度が高められた技術によって、美しく輝く星空を織物上に再現することができました。

星降る森 Midnight(真夜中)

「星降る森」の星

今にも落ちてきそうな星空を再現するため「星降る森」には全部で8~9万個の星が描かれています。このうち、明るい約6,000個の星と天の川は、恒星観測データをもとに実際の星空をほぼ再現しています。さそり座、白鳥座、こと座など、夏の星座を中心として、関東から見える星座はもちろん、鹿児島や沖縄からでないと見られない南の星座も併せて40以上の星座が含まれています。実際の星空がそうであるように、星々の背景となる空自体も時間や箇所によって明るさが異なり、それが美しいグラデーションによって表現されています。


星降る森 Twilight(夕暮れ)
「星降る森と八ヶ岳俱楽部

今回の発表の場となる八ヶ岳俱楽部は、その豊かな自然と澄んだ空気が人気で、槙田商店がここ数年、新作発表をしている場所でもあります。手入れの行き届いた雑木林から見上げる星空は、とても美しい景色です。そんな八ヶ岳の夜空を想像しつつ、日本国内から見える星座をなるべく多く網羅したデザインを作り上げました。裾の部分には木々が描かれ、星空と地上の豊かな自然とその壮大な美しさを感じることができます。


*「八ヶ岳倶楽部」とは
俳優・タレントの柳生博氏一家が1976年に八ヶ岳に移住し、1989年にオープンしました。ご自分達の手で雑木林を作り上げ、作家を紹介するギャラリーや、ステージが有り、柳生夫人が作られたフルーツティーが有名です。日本各地から八ヶ岳の自然(鳥や植物)、料理、喫茶、デザイン、芸術などを楽しむ方が足を運ばれます。


【会社概要】
会社名:株式会社槙田商店
所在地:山梨県南都留郡西桂町小沼 1717
代表者:代表取締役 槇田則夫(マキタノリオ)
設立:1979 年
URL:https://www.makita-1866.jp
事業内容:服地、傘生地、傘の製造・卸・販売

槙田商店について
槙田商店の作る生地は、郡内織物の特徴でもある先染細番手の糸を使用した、ジャカードテクニックを活かした生地が特徴です。服地においては、雑誌「Pen」の、日本を代表するアパレルブランド「イッセイミヤケ」の特集の中でも、その物作りをバックアップするメーカーとして紹介をされました。その他にも、海外ビッグメゾンの服地や、スペインの靴ブランド「Camper」のバッグにも採用されるなど、国内外でも高い評価を得ています。

また、服地で培った多様な織技術・ノウハウや、傘製品を自社製造できるという点を強みとして活かし、他では展開できないような「織」に着目した自社オリジナルの傘製造を始め、現在は都内セレクトショップ等多くの店舗にオリジナル傘を取り扱っていただくようになりました。傘生地作りに興味を持つ新規の分野との取り組みもはじまり、革新的腕時計のベンチャーブランド「Knot」の腕時計のベルトに採用されるなど、傘生地の可能性にもトライをしています。

アーカイブ資料・生地






織機、職人作業の様子







そのほかの商品
Stig L・HERBARIUM・BLUE
feel.t フ゛ロックカット パープル 生地アップ
tute ク゛リーン 小
mozique shushu#1011

他の画像

関連業界