世界のクロマトグラフィー樹脂市場規模調査ータイプ別(天然、合成、無機媒体)、技術(イオン交換、親和性、疎水性相互作用、サイズ排除、マルチモーダル)、アプリケーション別、地域別ー予測2022-2030年

2021/09/15  LAMORI PRIVATE LIMITED 

Kenneth Researchは調査レポート「世界のクロマトグラフィー樹脂市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 14日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336495


調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

世界のクロマトグラフィー樹脂市場は、2022年に約24憶米ドルの市場価値から2030年末までに38憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に7.0%のCAGRで拡大すると予測されます。

クロマトグラフィーは、着色された化合物の混合物を個々の成分に分離します。樹脂は、混合物から目的の成分を分離するのに役立ちます。これらには、アフィニティー、ゲルろ過、サイズ排除、イオン交換、疎水性相互作用、混合モードクロマトグラフィー技術など、さまざまな用途があります。これらの樹脂は、食品や医薬品の処理と精製、診断テストの開発、生体分子の分離など、さまざまな研究ニーズのクロマトグラフィーデバイスで使用されます。市場の成長は、新興のバイオテクノロジー、バイオ医薬品、食品および飲料業界によって推進されています。

Alliance for Regenerative Medicineによると、ヨーロッパ地域には241社があり、その中で55社が英国、27社がドイツ、24社がイスラエルにあります。これらの企業は、この地域の再生医療セクターの財務を増やしています。さらに、モノクローナル抗体、タンパク質精製、および薬物評価のための樹脂の需要の増加は、市場の成長を増大させます。

さらに、研究開発への巨額の投資と広範な学術および産業のコラボレーションと技術革新は、予測期間中の市場成長を後押しします。しかし、電気分解などの他の分析方法の存在は、2022ー2030年の予測期間中に市場の成長を妨げます。

化学産業は経済の主要な構成要素です。米国経済分析局によると、2020年の米国の場合、GDPに占める化学製品の付加価値の割合は約1.9%でした。さらに、世界銀行によると、米国の化学産業は、2018年の製造業の付加価値の16.43%を占めています。エンドユーザーからの需要の高まりに伴い、化学製品の市場は将来的に成長すると予想されます。UNEP(国連環境計画)によると、化学物質の売上高は2017年から2030年にかけてほぼ2倍になると予測されています。現在のシナリオでは、アジア太平洋地域が最大の化学物質の生産と消費の地域です。

中国には世界最大の化学産業があり、年間売上高は約1.5兆米ドルを超え、近年では、世界の売上高の約3分の1以上を占めています。さらに、広大な消費者基盤と有利な政府の政策により、中国の化学産業への投資が後押しされています。

世界のクロマトグラフィー樹脂市場のセグメンテーション洞察




調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/chromatography-resin-market/10336495

世界のクロマトグラフィー樹脂市場は、タイプ別(天然、合成、無機媒体)、技術(イオン交換、親和性、疎水性相互作用、サイズ排除、マルチモーダル)、アプリケーション別(製薬およびバイオテクノロジー、食品および飲料、水および環境分析、その他)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

世界のクロマトグラフィー樹脂市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

北米は、この地域での医薬品開発と生物製剤に関する強力な研究活動が拡大しているため、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。可処分所得の増加や委託製造業者の数の増加などの要因は、アジア太平洋地域全体のクロマトグラフィー樹脂市場に有利な成長見通しを生み出します。

世界のクロマトグラフィー樹脂市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界のクロマトグラフィー樹脂市場」というタイトルのレポートは、世界のクロマトグラフィー樹脂市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

世界のクロマトグラフィー樹脂市場における主要企業

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界のクロマトグラフィー樹脂市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界のクロマトグラフィー樹脂市場における業界のリーダーはGE Healthcare、Merck KGaA、Bio-Rad Laboratories、Thermo Fisher Scientific Inc.、Tosoh Corporation、Mitsubishi Chemical Corporation、Pall Corporation、Purolite Corporation、Repligen Corporation、Avantor Performance Materials Inc.などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336495

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

他の画像

関連業界