Wise、日本から50以上の国と地域への海外送金で手数料を最大15%引き下げ

2021/09/15  ワイズ・ペイメンツ・ジャパン 株式会社 

ロンドン証券取引所に上場している多通貨送金・保有・決済が可能な国際金融サービスを提供するテクノロジー企業Wise(本社:英ロンドン、読み方:ワイズ)は本日、日本から50以上の国と地域への海外送金で適用される手数料を最大15%引き下げたことを発表しました。


本日より、日本のWiseアカウントおよび法人アカウントをお持ちのお客様は、より安く、より速い送金が可能となります。これは、銀行や他のプロバイダーを利用されていた日本の消費者および企業が、Wiseを活用し始めたことによる取扱量の増加と、当社のより効果的な為替変動リスク管理によるものです。

<手数料引き下げの例>




新型コロナウイルス感染症の拡大が始まって以来、2020年3~4月をピークに為替市場は非常に不安定でしたが、2021年5月にかけて徐々に以前の水準に戻り始めました。為替市場が不安定だった期間、銀行は必要なリスク管理対策の一環として為替レートのマークアップを増加させました。実際に、最大で通常比5倍のマークアップを行う銀行もありましたが、Wiseはマークアップのないミッドマーケットレートを保証し続けました。為替市場が安定したことで、Wiseの為替変動リスク管理に関連するコストは15%減少し、このたび、その恩恵をお客様に還元することになりました。

ワイズ・ペイメンツ・ジャパンのディレクター、勢井 美香は次のように述べています。
「銀行やその他のプロバイダーが課す為替レートのマークアップが前もって開示されていないため、日本の消費者や企業は世界でも最も高いレベルの海外送金手数料を払い続けています。
Wiseが日本を含む世界中で成長を続けるなかで、より多くの資金がWiseのインフラを経由するようになり、さまざまなプロセスで効率化を図ってまいりました。その結果、削減可能となったWiseの運用コストを、より安く、より速い送金サービスを提供するという形でお客様に還元することができます。
私たちのミッションは、より速く、より安く、より便利で、より透明性の高い送金サービスを提供し、そして最終的には手数料無料の海外送金を実現することです。今回の手数料の引き下げにより、このミッションの達成に向けてさらに一歩近づいたと実感しています。」 

新たな手数料の詳細については、以下のページをご参照ください。
URL: https://wise.com/price-change/send-money?source=JPY&target=USD&payInMethod=BANK_TRANSFER&sourceAmount=100000&priceChange=2021-aug-price-drop

Wiseについて
Wiseは、グローバルに展開するテクノロジー企業で、世界中で資金を移動させる最善の方法を構築しています。Wise口座を利用することで、個人や法人のお客様は56種類の通貨を保有できるほか、海外送金や海外での支払いに資金を使えます。大企業や銀行もWiseのテクノロジーを利用しています。全く新しい、国境を越えた決済ネットワークによって、誰もが、どこでも、「国境なき金融」がもたらす利便性を体験いただけるようになります。どのようにプラットフォームを利用いただいても、Wiseはお客様のより良い生活の実現を支援し、そしてお客様の資金を節約することを使命としています。

Wiseは、ターベット・ヒンリクスとクリスト・カーマンを共同創業者として、TransferWiseという名のもと、2011 年に設立されました。2021年7月にはロンドン証券取引所(証券コード「WISE」)に直接上場し、現在、世界で最も急速に成長しているテクノロジー企業の一つです。

1,000万以上の個人・法人のお客様がWiseを利用しており、毎月の処理額は50億ポンド(約7,600億円)を超え、またお客様は年間10億ポンド(約1,400億円)以上を節約しています。

他の画像

関連業界