【フィルダクト】Mistletoe Japanをリード投資家として約1.5億円を資金調達

2022/06/23  株式会社 フィルダクト 

3Dデジタル歯科矯正サービス『DPEARL』への事業投資および採用活動を強化

株式会社フィルダクト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:金子奏絵)は、2022年6月23日、Mistletoe Japanをリード投資家として、SEGMENT、OPEN VENTURESおよび個人投資家を引受先とする、約1.5億円の第三者割当増資をプレシリーズAラウンドにて実施したことをお知らせいたします。これにより累積資金調達総額は約2億円となり、3Dテクノロジーを用いたマウスピース型歯科矯正サービス『DPEARL(ディパール)』( https://dpearl.jp/ )の事業投資および採用活動に積極的に取り組んでまいります。


<左より、W ventures 東明宏 氏、当社 取締役COO 春名航佑、同代表取締役CEO 金子奏絵、PKSHA Capital 海老原秀幸 氏、Open ventures 今泉滉平 氏>
■事業開発の背景および市場概況
これまで日本では生活者の約50%以上にとって歯並びの改善が必要であるにも関わらず、治療することができていないと言われてきました。その一方で、歯科矯正の国内価格相場が約100万円にのぼっていることや、矯正期間中の通院回数の多さ、ワイヤー矯正による審美的問題への懸念などから、日本の歯科矯正業界は他の先進国に比べて大きく遅れを取っている状況が続いてきました。こうした背景から、当社ではデジタル革新による3DプリンターやCADを活用し、効率化した独自のワークフローを構築することで、現代の生活者のライフスタイルとニーズに即した歯科矯正サービスをより多くの人々に届けるべく、3Dテクノロジーを用いたマウスピース型歯科矯正サービス『DPEARL』の事業開発を着想しました。

そして、近年ではコロナ禍をきっかけとした環境の変化もあり、歯科矯正を含む審美歯科の需要が世界的に伸長傾向にあります。加えて、未曾有の超高齢社会を歩む日本においては、特に予防ヘルスケアの観点で口腔の健康(オーラルヘルス)への期待と関心が高まっています。フィルダクトでは、その時代に必要なニューモデルを生み出していく存在となることをミッションに掲げ、その第一歩として『DPEARL』の企画・開発に取り組んでいます。

■資金調達の目的
『DPEARL』は、3Dテクノロジーを用いた透明マウスピース型の歯科矯正サービスです。2019年11月に先行受付を開始し、2020年3月に『DPEARL』を正式ローンチしてからこれまでのおよそ2年間で、市場ニーズの検証や製造キャパシティの確保、東京エリアにおける実証などを行ってきました。2022年3月には、サービス申込み窓口であるLINE公式アカウントでの友達登録数が累計1万人を突破。コロナ禍でのライフスタイルの変化による需要の急増を追い風に、都市部に加えてクリニック数の少ない地方からのサービス登録を含めて、20~40代の男女を中心に利用者数を伸ばしています。

この度、『DPEARL』が提携する医院ネットワークの本格的な全国拡大フェーズを見据え、プロダクトUXおよびオペレーション強化によるサービス品質のさらなる向上と、事業拡大に伴う積極採用と組織構築を目的に、プレシリーズAでの資金調達を実施する運びとなりました。

■今後について
今後はスピーディーかつ安心・安全な歯科矯正治療と万全なオンラインサポートを引き続き提供するとともに、オーラルヘルスがもたらす健康寿命の価値とその社会意義性の啓蒙を通して、日本の歯科業界における「キュア」から「ケア」へのパラダイムシフトに取り組んでまいります。

【採用募集ポジション】
サプライチェーン マネージャー、セールス・クリニックサクセスマネージャー、CMO(マーケティング責任者)、PM、UI/UXデザイナー、歯科医師/歯科衛生士/歯科技工士、その他。業務委託やインターンなどの雇用形態も含め、メンバー募集中です。
https://www.wantedly.com/companies/company_917215

【引受先からのコメント】


Mistletoe Founder 孫泰蔵 氏

私自身20代で起業しましたが、多くの先輩方の助けを得てここまでやってくることができたと感じています。若き起業家である、金子さん・春名さんとの何度かのミーティングを経て、起業の動機そして、真摯にアイディアを交換する姿勢に大きなポテンシャルを感じました。口腔の健康は長寿社会において、健康寿命を長くするためにも、若い時から意識する大事なものだと理解しています。フィルダクト社がこれまでの常識を覆し、オーラルヘルス領域へのコミットを通じて世の中を変えることを期待しています。


Mistletoe Co-Founder 大蘿淳司 氏

Mistletoeの追求するテーマの一つとして、Holistic Welness (包括的健康維持)という、包括的に健康上の問題を解決しようというテーマに合致するスタートアップを探してきました。フィルダクト、それだけがあれば全ていらない、そういったスタートアップを志し、何が大切かを深く考え、実直に行動に移す、泥臭さ、深い思慮にもとづき失敗を恐れない大胆さ、そこに本質的なものを感じました。「オーラルヘルスと言えばフィルダクト社」と言われる世の中となることを期待しています。


セグメント BizDevマネージャー 大澤柾理 氏、OPEN VENTURES 今泉滉平 氏

事業領域のポテンシャルとプロダクトの品質はもちろんですが、経営メンバーのお二人の優秀さに加え、事業そのものの社会的意義や顧客への提供価値を真摯に考える誠実さに感じ入り、投資させていただきました。今後も日本でより求められる「歯」の問題解決のためのソリューション・サービスを、業界に先立って提供し続ける会社になっていくことを期待しておりますし、我々も微力ながらその一助になれたらと考えております。


PKSHA Technology 代表取締役 上野山勝也 氏

歯科の業界構造の話を聞き、フィルダクト社の取組みに関心を持ちました。歯科技工士とエンジニアがワンチームとなり、ソフトウェアの力を使って歯の健康をより多くの人に廉価に届けたいという『DPEARL』のチャレンジを応援します。


PKSHA Capital パートナー 海老原秀幸 氏

人生100年の時代と言われる昨今、歯にまつわる健康は今後、重要性を増していくと確信しています。2年程前よりフィルダクト社に支援をさせて頂いていますが、デジタルネィティブである20代経営陣が本サービスを橋頭堡に歯科業界のDX化を進めていくことを期待しています。


W ventures 代表パートナー 東明宏 氏

人間の健康を考える際に、歯の健康が大事だということが叫ばれはじめて時間が経ちますが、まだまだ歯の健康を、手軽に、安心して手にするには課題が多いと考えています。『DPEARL』が矯正を皮切りに、日本人の歯の健康を健やかに保つインフラになることを期待しております。


赤坂優 氏(franky 代表取締役 / エウレカ 共同創業者)

単にマウスピース矯正市場の拡大に取り組むのではなく、「健康寿命の伸長を見据えた予防ヘルスケアの観点から、未来のオーラルヘルスを社会実装する」という金子さんの考え方に共感し、これからより一層高まるであろう社会意義性と市場価値を感じています。予防ヘルスケア時代を代表するプロダクトのひとつとして、『DPEARL』がフィルダクト社の医療×ITを強みに、日本の歯科体験をアップデートし続けることを期待しています。


井戸義経 氏(アンカー・ジャパン 創業者)

自分自身歯列矯正をクリニックで行った経験があり、治療プロセスの全体が見えにくい、本当に理想の歯列に近づいていっているのか分からない等の不安があり、UXの観点から大いに改善の余地があると感じていました。聞くと矯正関連機器は少数の大手企業による寡占状態で、クリニックはそれら企業の実質的に使わざるを得ない状況であるとか。そんな時に『DPEARL』を展開されている金子さんと出会いました。歯列矯正サービスを民主化することを起点として、口内を健康に保つことで日本人のQOLを上げていくサービス群を立ち上げていきたいとのビジョンに共感し、投資することを決めました。スタートアップならではのスピードを活かして、フィルダクト社が様々なイノベーションを起こすことを期待しています。


大湯俊介 氏(Connehito 創業者)

これから人間の寿命が伸びていく中、「歯の健康」というのは誰にとっても大事なトピックになるだろう。そんなことを考えていた矢先、金子さんと出会いその熱量に共感し応援させていただくことになりました。私も小学生の頃にワイヤーの矯正をしており、毎回食事後の手入れが大変だったなぁという思い出が今でも残っています。新しい形の矯正が広がり、多くの人が健康に生きられる。この会社はそんな未来の一端を担えるのではないかと期待、応援しております。


武田泉穂 氏(Kawasaki-NEDO Innovation Center スーパーバイザー / 東京工業大学大学院 理学博士)

代表の金子さんと彼女が率いるチームが大変魅力的で、また日本の歯科産業の課題を解決するDXサービスを展開するフィルダクト社のビジネスが大変興味深く、1年前に出資させていただいております。日本人の歯の健康は年々向上しておりますが、世界で見ると日本人の歯の健康ランクは状況が良くありません。一方で、歯の健康は、生活の質や仕事、健康寿命とも密接に関係しています。『DPEARL』が日本人の歯の健康リテラシーを向上させるサービスへと大きな変革を成し遂げると期待しています。


前田祐二郎 氏(歯科医師 医学博士)

人間の健康を考える際に、歯の健康が大事だということが言われはじめて時間が経ちます。また、健康な歯は美しさの象徴でもあります。歯科医師としてもまだこの業界に足りていないものがあると感じます。『DPEARL』が矯正を皮切りに、日本発のアライナー矯正治療として日本人の歯の健康を健やかに保つ土壌を築くことを期待しております。

■DPEARL導入を検討いただける歯科医院さま
下記よりお問い合わせください。近隣の矯正希望者向けに、一緒に歯並び改善の機会を増やしていきましょう。
https://dpearl.jp/alliance/

■その他
各種コラボレート・協業・福利厚生導入などのお問い合わせもお気軽にご連絡ください。
info@philduct.com

■DPEARLについて https://dpearl.jp/
『DPEARL』は、3DプリンターやCADといったデジタル機器や遠隔アプリを活用した、Direct to Consumerの歯科矯正サービスです。効率的なワークフローの構築により中間コストを削減し、約1/2のコストダウンと通院回数の低減、治療期間の短縮を実現。症例経験豊富な歯科医がライフスタイルも踏まえて矯正プランをコーディネートし、データに基づく良質な矯正機会を多くの人々に届けます。サービス名の『DPEARL』には、Dental(歯科)の頭文字とPearl(真珠)を組み合わせることで、“歯の健康を通じて真珠のように煌びやかな人生を“という想いを込めています。2020年1月 リリース後、東京都内でエリア実証を実施。2022年4月に希望者が1万人を突破し、提供網の拡大を開始。2022年6月には、代表 金子の母校、東京医科歯科大学の全学教職員が参加するFD・SD研修『社会との共創』にて対談。

【株式会社フィルダクト】
所在地 : 東京都千代田区神田淡路町1-15-3 西堀ビル 2階
代表者 : 代表取締役 金子 奏絵
設立日:2018年3月6日
事業内容 : 歯科関連事業、美容及びヘルスケア関連事業
URL:https://philduct.com/

他の画像

関連業界