【美容センサス2022年上期】≪リラクゼーションサロン編≫

2022/06/23  株式会社 リクルート 




株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』(https://hba.beauty.hotpepper.jp/)は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、過去1年間におけるリラクゼーションサロンの利用に関する実態調査を実施しましたので、その結果をご報告いたします。

[着衣の施術] の男性の年間利用回数は女性を大きく上回る
「整体・骨盤矯正・ストレッチ」は男女ともに利用メニューの1位

「15~69歳男女の過去1年間における美容サロン利用実態」を調査(2022年2月実施)

要約
ポイント1. [着衣の施術] では男性の年間利用回数が女性を大きく上回る。男性の施術時間は短縮の傾向

・サロン利用率は、男女ともに[着衣の施術][脱衣の施術]のいずれも前年とほぼ変わらない水準で推移。
・[着衣の施術]の年間利用回数は、女性の5.44回(前年比3.2%増)に対して、男性は6.21回(前年比12.5%増)と回数、増加率ともに女性を大きく上回る。
・男性の[着衣の施術]の施術時間は51分。2020年以降3年連続で減少し、施術時間は短縮の傾向。

ポイント2. 「整体・骨盤矯正・ストレッチ」は男女ともに利用メニューの1位
・女性の利用メニュー1位は「整体・骨盤矯正・ストレッチ」(46.7%)、男性は「整体・骨盤矯正・ストレッチ」「ボディケア・もみほぐし・クイックマッサージ」(ともに49.5%)が同率の1位。

ポイント3. 男性の店販購入率は[着衣の施術][脱衣の施術]のいずれも女性を大きく上回る。「アロマオイル」を購入する男性が増加
・男性の過去1年の店販(サロンで販売している「商品」)購入率は、[着衣の施術]が14.1%(前年比2.5pt増)、[脱衣の施術] 19.7%(前年比3.8pt増)といずれも前年から増加し、女性の購入率をそれぞれ6ポイント以上上回っている。
・男性の[着衣の施術]における店販購入商品の1位は「アロマオイル」(57.7%)で前年から13.0ポイント増と急伸。

リラクゼーションサロンは、美容室の次に男性の利用率が高い美容サロンです。コロナ禍において、女性の利用率にも近づいてきています。
今回の調査では、男性の店販の購入にも注目。[着衣の施術]の購入率では女性の7.6%を6ポイント超上回る14.1%に。男性にも、自宅で美容を磨く「おうち美容」が広がっているのかもしれません。

『ホットペッパービューティーアカデミー』研究員 田中 公子


調査概要と回答者プロフィール

調査名
美容センサス2022年上期≪リラクゼーションサロン編≫

調査目的
女性・男性の過去1年間における美容サロンの利用実態を把握し、美容に対する意識をとらえる

調査方法
インターネットによるアンケート調査
株式会社マーケティングアプリケーションズの「MApps Panel」を利用

調査対象
全国、人口20万人以上の都市に居住する15~69歳の男女
女性・男性 各6,600サンプル
※人口20万人以上の都市の人口比率によってエリアごとの割付数を決定
※男女それぞれ、年齢5歳刻みで均等割付(エリアと年代による割付数詳細は下記数表を参照)


調査実施時期
2022年2月10日(木)~2月18日(金)
※時系列データ:比較対象の調査の実施時期と調査対象は以下の通り


調査実施機関
株式会社アンド・ディ

※本資料で[着衣の施術][脱衣の施術]と表記しているサロンの調査時の表記は以下の通り
■着衣の施術[調査時表記:リラクゼーションサロン:服を着たまま受ける施術(整体、タイ古式、リフレ、もみほぐしなど)]
■脱衣の施術[調査時表記:リラクゼーションサロン:服を脱いで受ける施術(アロマトリートメント、リンパドレナージュなど)]

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20220623_beauty_05.pdf


▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース