当社製の無線機を「Bridgestone World Solar Challenge 2023」に出場した独アーヘン工科大学「チーム・ゾンネンワーゲン」に提供

2023/11/18  株式会社 JVCケンウッド 

JVCケンウッドグループで、ドイツの販売会社であるJVCKENWOOD Deutschland GmbH(以下、「JKDE」)は、10月22日(日)より開催され、約5日間をかけてオーストラリア大陸約3,000kmを縦断する世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge 2023」のチャレンジャークラスに出場したドイツのアーヘン工科大学による「チーム・ゾンネンワーゲン」に無線機などを提供しましたので、お知らせします。


「チーム・ゾンネンワーゲン」のソーラーカー
JKDEは2019年大会より、当時2回目の出場であった「チーム・ゾンネンワーゲン」から無線機とビデオ機材についてのサポート依頼を受けて提供を開始。3回目の出場となった本大会では、無線機「NX-1000」シリーズや4Kビデオカメラを提供しました。実際のレースに先んじて、ドイツ国内での試験走行の段階から機材を提供し、開催地のオーストラリアでは当社グループのオーストラリアの販売会社であるJVCKENWOOD Australia Pty. Ltd.と連携し、無線機器の設定や操作のサポートを行いました。


「Bridgestone World Solar Challenge」では、世界各国から集まる若きエンジニアたちが制作したさまざまなソーラーカーが競い合います。ソーラーカー開発には空気力学、電気工学、電子工学などさまざまな科学分野の知識が必要とされるため、分野の垣根を越えたエンジニア育成の場として世界的にも注目を集めています。当社グループは、未来を創る若きエンジニアの育成に共感するとともに、ソーラーカーというサステナブルなEVによる同レースに賛同し、これをサポートしています。
実際のレースにおける無線機「NX-1000」シリーズの使用シーン1.

実際のレースにおける無線機「NX-1000」シリーズの使用シーン2.

<無線機「NX-1000」シリーズについて>
今回提供した無線機「NX-1000」シリーズは、その信頼性と明瞭な音質で高い評価を得ており、KENWOODブランドにおける海外向け業務用無線機のベストセラーシリーズとして、過酷な環境下でも安定した通信を提供します。

「NX-1000」シリーズ モービル(左)& ポータブル(右)

<「World Solar Challenge」について>
太陽光のみを動力源として、約5日間かけてオーストラリア北部の都市「ダーウィン」から南部の都市「アデレード」までの約3,000kmを走行するソーラーカーレース。1987年から2年に1度開催され、今年で16回目となります。世界一速いソーラーカーを決める「チャレンジャークラス」、実用性を競う「クルーザークラス」、そして順位よりも大会を楽しむ「アドベンチャークラス」の3クラスが設定され、世界各国から集まった大学生を含む40以上のチームが広大なオーストラリア大陸を走り抜けます。走行可能時間は8:00~17:00までとされ、夜間は広大な砂漠の中で各チームがキャンプを張って過ごすというサバイバル要素なども特徴的な大会です。

<商標について>
・記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

当社プレスリリースURL:https://www.jvckenwood.com/jp/press/2023/1117-01.html

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com


他の画像

関連業界