デジタルネイティブ世代の住宅購入を後押しする、新サービス「aukaダイレクト」をリリース。LINEを使った新しい購買体験を提供。

2023/11/20  ギバーテイクオール 株式会社 

auka(アウカ)|住宅マッチングプラットフォーム https://auka.givertakeall.com/product_auka

住宅購入検討者と住宅メーカーのマッチングプラットフォーム「auka(アウカ)」を運営するギバーテイクオール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO 河野清博、以下当社)は、新サービス「aukaダイレクト」をリリースいたしました。住宅購入を検討するエンドユーザーは、aukaにご登録いただくとLINE上から好みの住宅メーカーを探して2タップで簡単に来場予約を行うことができるようになり、訪問後に継続相談を見送りたい場合には、aukaがお断り連絡を代行します。来場にかかる手間やコスト、心理的なストレスを減らし、気軽に効率的な家づくりができるようになります。



auka(アウカ)|住宅マッチングプラットフォーム https://auka.givertakeall.com/product_auka

【背景】
住宅購入を検討し始める20代後半から30代前半の世代が、生まれつきインターネット社会に接するデジタルネイティブ世代になり、住宅購入プロセスの傾向にも大きな変化が訪れています。この世代では、子育て世帯や共働き世帯が多いこともあり、SNSやホームページなどのデジタル媒体から情報を収集し、いつでもどこでも進められる効率的な家づくりが好まれています。

また、インフレの影響で住宅購入の価格が上がっている中、最適な住宅メーカーを見つけにくくなっています。


【課題と解決策】
共働き率が高く仕事や子育てで忙しいデジタルネイティブ世代のライフスタイル・価値観に合った家づくりをサポートします。

▼デジタルネイティブ世代の家づくりの課題をaukaが解決します


課題1. インフレによる価格上昇の影響で理想の家と予算が合わない
aukaなら→希望と予算が合った住宅メーカーのみを厳選してマッチングを行います。

課題2. メールや電話で担当者とやりとりをする時間や習慣がない
aukaなら→24時間365日、LINEから2タップでスムーズに来場予約ができます。

課題3. 共働きで忙しく夫婦の予定調整が難しい
aukaなら→空きがあれば当日の直前予約も可能です。

課題4. 強引にしつこく営業されないか心配
aukaなら→住宅メーカーへのお断り連絡も代行します。


▼LINEから2タップで来場予約できます


【auka(アウカ)について】
2018年に熊本エリアで住宅購入のマッチングプラットフォームの提供を開始。現在では全国34都道府県に展開しています。今後もさらに拡大予定です。
(展開エリア*:北海道・青森県・岩手県・宮城県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・新潟県・富山県・石川県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・兵庫県・岡山県・広島県・徳島県・香川県・愛媛県・福岡県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県)
*2023年11月現在


■当社会社概要
会社名: ギバーテイクオール株式会社
住所 : 東京都港区麻布十番1-5-26 3F
代表 : 代表取締役CEO 河野 清博
事業内容: オンライン住宅カウンター「アウカ」運営、LINE集客ツール「アウカ来店プラス」開発・販売
設立 : 2017年2月
資本金: 2億1,151万円
従業員数: 20名(2023年11月現在)
株主: ジャフコグループ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、マネックスベンチャーズ株式会社 他
URL : https://givertakeall.com/

他の画像

関連業界