点呼支援ロボット『kenco』を運輸・交通業界向けにリリース!

2019/05/17  株式会社 ウイズ 

株式会社ウイズは、Pepperを活用した点呼支援ロボット『kenco』(ケンコ)を運輸・交通業界向けにリリースしました。ドライバーはPepperとコミュニケーションを取ることで、アルコールチェックや血圧・体温測定、キーの受け渡しを乗務前・乗務後に行うことができます。対面点呼の支援に、社員の健康管理に、ぜひkencoをご活用ください。

株式会社ウイズ(本社:大阪市西区、代表:澤田稔)は、2019年5月、運輸・交通業界向け点呼支援ロボット『kenco』(ケンコ)をリリースしました。

 

製品サイト:https://www.wiznet.co.jp/kenco/

 

■「早朝・深夜の点呼、ラクにします。」点呼×健康管理×ロボット

kencoは、人型ロボットPepper(ペッパー)を活用した点呼支援&健康管理システムです。

 

安全管理の最後の砦とされる点呼。24時間稼働する運送業などの現場では、人手不足や高齢化に伴う管理者の確保が大きな課題となっています。kencoはそんな事業者の課題を背景に開発されました。

 

kencoを利用すると、ドライバーはまず顔認証による本人確認が行われ、その後アルコールチェック、血圧測定、体温測定、睡眠確認などの体調チェックを受けます。1つでも異常が検知されると車両のキーが入っているキーボックスが開かず、ドライバーは乗務ができません。

 

kencoの機能。

・点呼:Pepperによる乗務前・乗務後の点呼。

・顔照合:PepperカメラとAIを用いた顔照合でなりすましを防止。

・アルコールチェック:アルコールを検知した場合、ドライバーを乗務させません。

・血圧測定:トラック協会助成対象の血圧器を用いた脈拍・血圧測定。

・体温測定:毎日の体温チェックで社員の健康を管理。

・問診:免許証携帯確認や睡眠確認など、任意に設定した質問をPepperが投げかけます。

・鍵管理:専用のキーボックスで車両の鍵を管理。異常時はキーを取り出せません。

・履歴管理:管理者が点呼の履歴をWeb画面から確認・印刷。

 

kencoは深夜帯や早朝など管理者の負担が大きい点呼業務をサポートするとともに、ドライバーの毎日の健康状態を把握することで安全運転を実現します。

対面点呼の支援に、また社員の健康管理に、ぜひkencoをご活用ください。

 

※kencoは、牧田運送株式会社代表 牧田英明氏 の監修のもと、運送会社経営の長年の経験と実績に基づいて開発されています。(特許申請中)

 

 

■「運輸・交通システムEXPO 2019」へ出展

運輸・交通業界の課題を解決するためのサービスや技術が一同に集う専門展示会「運輸・交通システムEXPO 2019」へ出展します。

ブースではkencoの製品説明をはじめ、デモンストレーションや体験会を行います。

ぜひブースにてkencoをご体験ください!

 

・東京開催

会期:2019年5月29日(水)〜31日(金) 10:00〜18:00(最終日は17:00)

会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール

小間番号:227

・大阪開催

会期:2019年6月6日(木)〜7日(金) 10:00〜17:00

会場:インテックス大阪

小間番号:1-15

・公式サイト:http://www.truckexpo.jp/2019/index.html

※東京・大阪ともに出展します。

※招待券をご希望の方は下記よりお問合せください。

 

■お問合せ先

株式会社ウイズ

kenco@wiznet.co.jp

06-6225-0800

https://www.wiznet.co.jp/kenco/

 



他の画像

関連業界