ジョージア共和国の不動産投資で年利10%以上が確実!? 確実に利益の出る投資のそのワケとは?

2019/10/09  アドエンターグループ 株式会社 

近年オフショア地域として注目を集めているジョージア共和国。そのジョージア共和国での不動産投資の利回りが年利10%以上が確実だと投資家の間で話題になっています。今回はジョージア共和国での不動産投資でなぜそれだけの利回りが得られるのかその理由を解説していきます。

■ジョージア共和国とは?

1991年にソビエト連邦の崩壊とともに独立した南コーカサスと呼ばれるエリアに位置する共和制国家。

人口は390万人とカンボジアの4分の1程度で、一人あたりのGDPは4,000米ドル(2019年)、主にワインを始めとした農業や食品加工が盛んな国です。

 

GDP成長率は約5%で安定した成長を近年は続けており、東南アジアに比べて在留邦人は非常に少なく40人程度だそうです。

ほとんどの行政手続きがネットで可能であったり、教育にブロックチェーンの導入を試みるなどIT国家としても有名です。

 

近年ではオフショア地域としても人気があり、2019年ビジネス環境ランキングでは6位との位置づけとなっています。また、法人税が15%と安いため、世界中のベンチャー企業がジョージア共和国で法人設立をしています。

 

■ジョージア共和国の不動産投資は年利10%以上が確実!?

 

 

ここからが本題ですがジョージア共和国の不動産投資で年利10%以上が確実!と聞くと何だか怪しく感じてしまいませんか?

ですが、ジョージア共和国の不動産投資においては当たり前のことなんですね。

その理由は・・・ジョージア共和国の銀行の定期預金の金利は年利10%だからなんです!

 

つまりジョージア共和国で不動産投資をするのに年利が10%以下ならば銀行の定期預金に預けた方がイイと考えますよね?

またジョージア共和国では年々家賃相場が上がってきており、最初は利回りが10%以下だった物件でも年を追うごとに利回りが上がってきているという事情も含め、ジョージア共和国では基本的に不動産投資において年利10%以上が確実!と言えるわけなんですね。

 

 

■日本国内にいながらジョージア共和国の銀行口座開設から不動産投資まで可能

 

 

Venus Coin プロジェクトで話題のブロックチェーン開発企業CryptoLive OÜがジョージア共和国の資産運用会社と提携し、日本国内にいながら銀行口座開設から不動産投資まで行える日本国内向けの資産運用コンサルティングの窓口(GEORGIA-BANKING.COM)を開設しました。

これによりジョージア共和国は日本とは遠く離れた国ですが、魅力的な投資先としてはとても身近になってきています。

 

CryptoLive OÜの発表では日本国内からの問い合わせが増えてきており、スムーズな案内に支障が出る場合は一時的に資産運用コンサルティングの窓口を締め切る可能性もあるとのことです。

 

【GEORGIA-BANKING.COM】

https://georgia-banking.com/

 

気になる方はお問合せからでもお早めにすることをオススメします。

 

 

 

【Venus Coin プロジェクト&ジョージア共和国資産運用相談窓口】

Company name : CryptoLive OÜ

 URL : http://cryptolive.ge

 TEL : +372-618-9563

 ADDRESS : Narva mnt 5, Tallinn, Harjumaa 10117

 E-mail : admin@cryptolive.ge

 

Venus Coin公式サイト:http://Venuscoin.ge/

公式Facebook:https://www.facebook.com/vnsproject/

公式Twitter:https://twitter.com/venus_coin

公式Instagram:https://www.instagram.com/venus_coin_project/

公式Linkedin:https://www.linkedin.com/company/venuscoin/

公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCIk_9GAYAttM0n8WwzBJDCQ/



他の画像

関連業界