寂しげな表情の"放っておけない"野菜たち 雑貨店ブルーブルーエがオリジナルの野菜シリーズを発売!ぬいぐるみにポーチにスリッパ、全6種類の野菜・果物が集合

2020/02/14  ブルーブルーエジャパン 株式会社 

雑貨店を運営するブルーブルーエジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区神宮前、代表取締役社長:神山邦雄)は、野菜をキャラクターにしたオリジナルシリーズ雑貨を全国180店舗ある「Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)」の各ショップとオンラインストアで発売いたしました。昨年も発売して人気があった「野菜ぬいぐるみ」が、今年は種類を変えて新登場。イチゴにバナナにアボカドなど野菜と果物で全6種類、ブルーブルーエだけの限定発売です。また、ぬいぐるみの他にポーチとスリッパも発売されついつい集めたくなるラインナップです。

雑貨店を運営するブルーブルーエジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区神宮前、代表取締役社長:神山邦雄)は、野菜をキャラクターにしたオリジナルシリーズ雑貨を全国180店舗ある「Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)」の各ショップとオンラインストアで発売いたしました。昨年も発売して人気があった「野菜ぬいぐるみ」が、今年は種類を変えて新登場。イチゴにバナナにアボカドなど野菜と果物で全6種類、ブルーブルーエだけの限定発売です。また、ぬいぐるみの他にポーチとスリッパも発売されついつい集めたくなるラインナップです。

 

■アイテム詳細

・やさいてのりマスコット/980円+税

・やさいマスコットM/1,600円+税

・やさいポーチ/1,500円+税

(マスコットとポーチ:トマト、イチゴ、スイカ、バナナ、アボカド、キノコの6種)

 

・やさいスリッパ/1,500円+税

(スリッパ:トマト、イチゴ、スイカ、トウモロコシ、ニンジンの5種)

 

■オンラインストアURL

https://www.bleubleuet.jp/shop/e/etopi104/

 

部屋に飾って楽しむことはもちろん羊毛フェルトなどで作ることを趣味にする女性も多いぬいぐるみ。最近では持ち主が一緒に連れて歩いたり撮影して楽しんだり、SNSの流行を背景に趣味や使い方が多様化されてきました。

それにともない、ぬいぐるみとなるモチーフの幅も広がり、ブルーブルーエでは昨年2019年に野菜をモチーフにしたぬいぐるみを発売。

 

どの野菜・果物にも少し寂しげな表情が刺繍されていて、食べ物というよりペットを見ているようで母性本能をくすぐられます。

 

6種ある野菜・果物のマスコットは、両手で持つ大きさの存在感あるMサイズと小さな手乗りサイズがあります。

・やさいてのりマスコット/980円+税

・やさいマスコットM/1,600円+税

 

ぬいぐるみのかわいさそのままにデザインされたフラットポーチ。ファスナーが付いていてかばんの中で迷子になりがちな細々したものを収納できます。

・やさいポーチ/1,500円+税

 

見た目のかわいさはもちろん、モチモチとした肌触りがクセになるスリッパ。足元からじっと見守る眼差しに、使うたびに癒されます。

・やさいスリッパ/1,500円+税

 

 

【ブルーブルーエについて】

ブルーブルーエのコンセプトは「地元の素敵なお店」

いつでも気軽に立ち寄れて、季節ごとに居心地の良さを感じさせるようなナチュラルな生活雑貨を中心に取り揃えております。毎日が楽しくなるようなお手伝いをするお店です。生活雑貨屋アパレル、一部店舗では食品を取り扱い、関東を中心に全国に180のショップとオンラインストアを運営しています。

 

■ブルーブルーエ公式サイト

https://www.bleubleuet.jp

 

■問い合わせ先

ブルーブルーエ お問い合わせフォーム

https://www.bleubleuet.jp/shop/contact/contact.aspx

 

※価格はすべて本体価格(税抜)です。

※店舗によってお取扱いアイテムは異なります。

※実際の商品と仕様が異なる場合がございます。

※都合により入荷しない場合がございます。

※アイテムがなくなり次第終了する場合がございます。

 



他の画像

関連業界