コロナショックによる“食品ロス”をストップ!行き場を失った食品を特価で販売する即売会が山梨県甲府昭和で開催予定、県内事業者の食品出品を募集中

2020/03/25  山梨ニュース~YAMANASHI NEWS~ 

全国各地で相次ぐ、イベントの中止、外出の自粛、小・中学校等の一斉休校などにより、売上激減や過剰在庫に苦しむ食品事業者が急増。これらの事業者の救済のために、賞味期限間近の食品や、需給のバランスがとれていない食品等を特価にて販売します。

観光土産品や健康補助食品等の製造・卸販売事業を展開する株式会社ヤマフジ(所在地:山梨県甲府市、代表取締役:山本 富士雄)は、新型コロナショックによる影響で供給が困難となっている食品を集め、特価で販売する即売会「たすけ愛やまなし」を開催することを決定しました。

2020年4月15日(水)~19日(日)の間のおよそ5日間を目処に

イトーヨーカドー甲府昭和店にて実施し、山梨県内の食品ロス削減を目指します。   ▼ たすけ愛やまなし:http://tasukelove.mystrikingly.com/ ■イベント中止や外出自粛などで、売上激減や過剰在庫に苦しむ事業者が急増   新型コロナウイルス感染拡大を受け、全国各地で、大規模イベントの延期・中止、旅行や外出の自粛、小・中学校等の一斉休校といったさまざまな動きが広がっています。

それに伴い、予定されていたはずの食品の需要が急減。

売上の落ち込みや過剰在庫に苦しむ事業者が後を絶ちません。 そこでヤマフジは、コロナショックに悲鳴を上げる事業者を救済するとともに、食品ロス削減を目指す取り組みに着手。

会場には地元スーパーさんのイトーヨーカドー甲府昭和店の協力を、

そしてその他土産品等の企画開発・販促を行う富士山プロダクトや、食品メーカーの有限会社味研、それに山梨郷土料理店の割烹立よし等、山梨県内の有志の協力を得て

「たすけ愛やまなし」 を開催する運びとなりました。 ■全品100円ワゴンの特価販売も予定、試食禁止・マスク着用など感染防止を徹底   「たすけ愛やまなし」では、コロナショックで売れ残り賞味期限が間近の食品や、需要と供給のバランスがとれていない各種食品等を、100円均一ワゴンなどの特価販売も予定しています。 会場は、趣旨に賛同してくれたイトーヨーカドー甲府昭和店の催事場を使用。

クラスター感染を防ぐために、施設側でも厳重な体制とマスク着用の義務付け等の対策を徹底します。

また、飛沫汚染の恐れのあることから、試食行為も一切行いません。 現在、食品ロスに困っている山梨県内の事業者の、本イベントへの出品を募集中。

出品に関する問い合わせや申し込みは、ヤマフジにて受け付けています。  

出品に関する問い合わせや申し込み先は下記より

http://tasukelove.mystrikingly.com/

※お電話でのお問い合わせはお控えいただきますようお願い申し上げます。

<「たすけ愛やまなし」開催情報>   期間:2020年4月15日(水)~19日(日)の間の5日間(予定) 場所:イトーヨーカドー甲府昭和店 催事場 住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条13-1 【株式会社ヤマフジについて】 本社:〒400-1501 山梨県甲府市上曽根町83-1 代表者:代表取締役 山本 富士雄 URL:http://business4.plala.or.jp/yamafuji/ 事業内容:健康補助食品、観光土産品、雑穀、麺類、箱菓子、漬け物、原料等の製造・販売



他の画像

関連業界