【ゲーム規制】プレイ時間制限、過半数が効果「あると思う」

2020/03/26  株式会社 NEXER 

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は、「ゲーム」に関する調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開いたしました。

「ゲーム」に関するアンケート結果を公開

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は、「ゲーム」に関する調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開したので、一部を紹介します。

 

◆ゲーム時間を制限している方は13.4%、効果は「あると思う」が過半数

3月18日、香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」が県議会で可決、成立しました。 条例では、18才未満の子供のゲーム時間について、平日は60分、休日は90分を上限の目安としています。

 

では、そういった条例による制限を受けたことのないみなさんは、ゲームのプレイ時間についてどのようにされているでしょうか?

今回は実際にゲーム時間に制限をかけているのかと、その効果に対する考えについて調査してみました。

 

調査期間:2020年3月23日~3月24日

集計対象人数:329人

 

コンピューターゲームで「よく遊ぶ」「時々遊ぶ」と回答した329人に、ゲーム時間に制限をかけているのか聞きました。

時間制限.jpg

「制限している」は13.4%となりました。実際に時間制限を設けてゲームをプレイしている方は少ないようです。 次に、時間制限をかけることで、ゲーム依存症対策としての効果があると思うかについて聞きました。

効果全体.jpg

「あると思う」は55.6%でした。過半数の方が効果があると考えているようです。

 

当リリースでご紹介した内容やその他の調査結果は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。

https://trend-research.jp/2020/03/25/2481/

 

※アンケートデータを記事として引用される際は、「日本トレンドリサーチによる調査」である旨と、「日本トレンドリサーチ」の該当記事のURLをあわせてご紹介いただきますようお願いいたします。

 

【日本トレンドリサーチについて】   『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

 

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

 

【株式会社NEXERについて】

本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F

代表取締役:宮田 裕也

Tel:03-6890-4757

URL:https://www.nexer.co.jp

事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作



他の画像

関連業界