コロナ時代でも普通の人が10万円から資産30億円を目指す、会員制資産運用コミュニティ「Billionaire Diamond Club」の3期生募集がスタート!

2020/06/30  株式会社 アセットキューブ 

会員数30万人を超える投資・助言代理業を持つ投資顧問会社である「クロスリテイリング株式会社」のグループ会社、株式会社アセットキューブ(本社:東京都墨田区、代表取締役:山口孝志)は、池田和弘が講師を務める、様々な投資案件を組み合わせて、普通の人でも億の資産を目指すことができる『Billionaire Diamond Club(以下:BDC)』にて、新たに3期生の募集を開始することを発表した。

■「成功実績1,000人超え」資産形成の成功請負人「池田和弘」が全面監修  

BDCで講師を務めるのは、これまでに1000人規模の人たちを、資産数十億円へと導いた成功請負人「池田和弘」。

世界中の資産家、投資案件とつながる独自のネットワークを持ち、一般には出回らない「世界中の優れた投資案件」が彼のもとに集まる。

毎月100万円の家賃収入を安定して生み出すニュージーランド不動産や、年利30-40%を安定して稼ぐコインパーキング投資など、「ほったらかし」で利益を生み出す案件を中心に、次々と投資家を成功へ導く。

その類まれに見る、投資案件の選球眼は、成功確率100%とまで称賛され、資産家たちから絶大な支持を受けている。

 

■わずか2年で日本トップレベルの投資コミュニティに成長  

すでに同クラブに参加した会員からは、「日本一の投資クラブ」「ビリオネア(億万長者)がついに現実的になってきた」と多数の評判が届いている。

これほどまでに、クラブが成長したのは、一般には出回らない秘密の投資情報をシェアする池田のコネクションはもちろんのこと、同じ志をもった、会員同士での密な連携や、実際に案件への参加ができることが大きな魅力なのだろう。

また講師の池田はもちろんのこと、不動産、ベンチャー投資、ブランド品投資、輸入転売、節税/会計などそれぞれの分野の第一線で活躍する、総勢16名の豪華な講師陣も全面協力。

これまでの投資クラブにはない「投資で稼ぐため」に一切妥協のない、超実践的な講義や情報が展開されることから、同業他社からもその信頼は厚く、発足してから2年「さらに質のいい案件が集まるようになった。」と池田は語る。

 

■国内外問わず、24件、最大17倍のリターンが想定される投資案件の数々  

これまでBDCでは、クラブが発足してから約2年間で、国内外を含めて24件にも及ぶ、投資案件を紹介してきた。その総投資金額はのべ10億円以上にも上り、日本の資産運用コミュニティの中では圧倒的な実績を誇る。

また、海外の不動産や土地を扱う案件では、実際に現地へ足を運び、その現状を視察するツアーを年に数回実施。

クラブに入会してから、すぐに一流の資産家としての人生がスタートする、その充実した内容に、会員からは常に喜びの声が上がっている。

1.jpg

・毎年30~40%の安定収益を狙える「コインパーキング」や「ブランド品投資案件」

・世界情勢を利用した利率5倍、10倍を狙うことができる、モンゴルベンチャー企業への投資

・不況時にも安定資産として保有でき、中には10倍以上のリターンも存在するアンティークコイン投資

 

など、私達が日本で普通に生活しているだけでは、お目にかかれない極秘案件に溢れている。もちろんクラブに入会した場合は、案件への参加方法や、質問への回答など、池田本人をはじめ専任スタッフが手厚くサポートする仕組みが完成されている。

 

■第3期ではコロナ不況を受け「資産ゼロからでも億の資産を築く方法」を伝授  

2.jpg

これまでのBDCでも少額から、実施できる投資案件を紹介してきたが、コロナウイルス発生に伴う東京オリンピックの中止、相次ぐ企業の倒産、負債額の増加により、経済の悪化が止まらない。

そこで今回、BDCの第3期で新たに取り入れられるのは『元手ゼロ・知識ゼロ』からでもほったらかしで資産を築き上げる方法。投資の概念を壊すこの取り組みに、世の中の投資家たちの注目も集まる。

今爆発的に増加傾向にある、日本の経済難民に向けて、今だからこそ、投資で利益を増やす機会があることを知ってもらいたいと、池田は語る。

 

■第3期生は7月に人数限定で募集がスタート  

3.jpg

BDCの3期生募集は7月に人数限定で開始される。厳選された方のみがその参加を許される、つまり少数精鋭の投資クラブの動向に投資業界全体の期待高まる。

日本人の投資リテラシーの向上が急務とされている今、経済的に制約のやない、自由な人生の実現を希望するのであれば、数年に一度しか行われない、この第3期生の募集を決して見逃してはいけないだろう。



他の画像

関連業界