【2020】号泣必至!感動できる邦画ランキング

2020/06/30  株式会社 NEXER 

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は「感動できる邦画ランキング」についての調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開いたしました。

感動できる邦画に関するアンケート結果を公開

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は「感動できる邦画 」についての調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開いたしました。

 

感動できる邦画のランキングをご紹介

今回は、感動できる邦画 に関するアンケートをおこないました。

Googleで「感動できる邦画 おすすめ」と検索して表示された30作品を抽出し、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」にて、1404名に対して最も感動できる邦画を回答していただきました。

 

◆感動できる邦画の第1位は『火垂るの墓(1988年公開)』

最も多くの票を集めたのは『火垂るの墓 で、306名の支持を集めました。

火垂るの墓は、野坂昭如の小説『火垂るの墓』を原作としたアニメーション映画で、監督は高畑勲が務めました。

兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」というナレーションから物語が始まります。

戦争にすべてを奪われてしまった少年と妹の物語で、人間の命儚なさと戦争孤児になる少年の感情を描く。

ホタルのお墓を作りながら言った「何でホタル直ぐ死んでしまうん。」という節子のセリフなど、記憶に残るワードがいくつも登場します。

いろんなことを感じさせてくれる名作が堂々の第1位となりました。

 

他の映画の情報などは、弊社運営サイト「ボイスノートマガジン」にて公開しております。

https://magazine.voicenote.jp/30368/

 

※アンケートデータを記事として引用される際は、「ボイスノートマガジン」からの引用である旨と、上記URLをあわせてご紹介いただきますようお願いいたします。

 

【ボイスノートマガジンについて】   ボイスノートマガジンは、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、アンケート結果×お役立ち情報をお届けする「リサーチマガジン」です。

 

オススメの脱毛サロンからちょっとした生活の知恵まで、編集部スタッフたちが、インターネットリサーチを通じてあなたの欲しいモノやサービス、情報を見つけるお手伝いをします!

 

ボイスノートマガジン:https://magazine.voicenote.jp/

 

 

【株式会社NEXERについて】

本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F

代表取締役:宮田 裕也

Tel:03-6890-4757

URL:https://www.nexer.co.jp

事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作



他の画像

関連業界