広がる大麻、危険ドラッグ乱用ー薬物の真実を伝えるドキュメンタリーのご紹介です

2020/09/15  特定非営利活動法人 イマジン 

広がる大麻、危険ドラッグ乱用から子供たちを守るため、さまざまな薬物の真実を伝えるドキュメンタリーをご紹介しています。
 有名芸能人が大麻所持で逮捕される報道が後を絶ちません。もし、大麻や危険ドラックなどに一度手を染めてしまうと、徐々にその薬物の罠から逃げられなくなります。  大人が薬物乱用で人生を大変なものにしてしまう、それを見る子ども達はどう思うのでしょうか。  誠実でかっこいい大人の姿とは、子ども達の希望でありヒーローであって、薬物は危険だと真実を伝えていくのが大人の役目です。  薬物の売人は都合よくなんでも嘘をついて近づいてくるため、自身や家族を守るために正しい情報・知識を持っている事が必要です。  「友達にマリファナをやってるとかっこいいと言われた」、「一回だけでは中毒にならないと言われた」、「集中力が出るって言われた」、・・・薬物についての正しい知識がないために、安易に手にしてしまった薬物で、その後の人生を台無しにしてしまいます。そして自分だけでなく、家族や周りの人々もそれは大変な思いをします。  薬物という罠が子ども達に身近な今、薬物問題について、また薬物に手を出させない育児・環境づくりについて、解決策が求められています。  まずは知ることから始めましょう。 「そんなの嘘だった」ドキュメンタリーをご覧ください。(サイエントロジー・ネットワークより)  https://www.scientology.tv/ja/documentaries/they-said-they-lied.html  米国の人道主義者であり「薬物に侵された社会の再生」を著したL. ロン ハバード氏は次のように述べています。  「最も深刻なのは、医療用の薬物と街角で売買される薬物によって(政治指導者も含め)こういった物事に対処できたかもしれない人々の大半が無能にされてしまっているということであり、来たるべき世代が麻痺させられているということなのです。」  未来を作っていく若者たちを守っていくため、知識を広げていきましょう。 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、自立する人々を応援しています。

関連業界