「熱意や興味が持てない」学校生活、学びのつまずきが人生をダメにする?~生きる力を引き出すL. ロン ハバードの「勉強の技術」と国際アプライド・スカラティックス

2020/09/15  特定非営利活動法人 イマジン 

「熱意や興味が持てない」学校生活、学びのつまずきが人生をダメにする?~生きる力を引き出すL. ロン ハバードの「勉強の技術」と国際アプライド・スカラティックスのご紹介です。
 グローバル化が進展し変化し続ける現代。次世代を担う子ども達は、さらに幅広い知識が必要となっています。多文化を認め合い共存してより良い未来を創っていくために、有能な人々が必要であり、子ども達がさらに有能になれるよう効果的な教育が一層求められます。  平成22年の文部省のデータでは、高校を中退する理由に「学業不振」、「高校生活に熱意が持てない」、「授業に興味がわかない」のような勉強の問題が上位にきています。  また、学校を卒業しても勉強の必要がなくなるわけではありません。どんな職業であれ、重要な情報を得て、適用しなければなりません。生きることは学ぶ、実践することです。  ハバード氏は、読み書きのできない人が、仕事や好機を奪われることでしばしば犯罪や薬物へと身を落とすことを観察し、教育水準と読み書きレベルの低下が社会にもたらす深刻な影響を認識しました。  そこで、ハバード氏は勉強という主題の調査に着手し、あらゆる活動や勉強における成功や失敗の明確な原因を発見しました。その基礎は教育分野における彼の発見であり、彼はそれを広範な用途のために発表しました。  「教育という問題を扱う時、どのような社会でもその目的と目標は、能力と率先力の文化のレベルを高め、それら全てによってその社会の生存レベルを高めることです。」とハバード氏は述べています。  国際アプライド・スカラティックスは、教育と読み書き能力の分野におけるL. ロン ハバードの発見を普及することにより、識字率低下の問題に真正面から取り組む非宗教・非営利の公益法人です。学ぶことと読み書き能力への解決策を国際的に普及させることに関して、40年以上にわたって貢献してきました。  テストのために勉強するのではなく、「実力」をつけるために学ぶことで本当の理解へと繋がります。そして学びで得た知識が適用できるようになります。  「勉強の技術」を適用し、世界各地で生徒たちの成功を助けているメキシコのアガミ氏のストーリーをご覧ください。  https://www.scientology.tv/ja/series/voices-for-humanity/dan-and-ari-agami.html  特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、自立する人々を応援しています。

関連業界