『おいで おいで』赤ちゃんからあそべる!あそび歌作家が贈る楽しいリズム絵本

2020/09/16  株式会社 赤ちゃんとママ社 

「このゆび とまれ」と男の子がゆびをたてると、色んな動物が集合。おともだちの輪がひろがります。ごっこあそびや模倣あそびにもおススメの1冊。

株式会社 赤ちゃんとママ社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小山 朝史、以下 赤ママ社)は、言葉のリズムが楽しい赤ちゃん絵本『おいで おいで』を絶賛発売中です。

 

▼『おいで おいで』|赤ちゃんとママ社:http://shop.akamama.co.jp/shopdetail/000000000881/

 

【献本ご希望の場合は、ご連絡いただけましたらお送りいたします】

 

 

■書籍の内容

おともだちとあそびたい男の子。

「おいで おいで」と、ひとさしゆびを だしたら、

「ぴょーん」と うさぎさんが とーまった!

「おいで おいで」とよびかけて ともだちの輪をひろげよう!

ごっこあそびや模倣あそびにもオススメです。

 

 

■著者プロフィール

福田 翔(ふくだ・しょう)

あそび歌作家。全国の保育園や幼稚園、児童館で親子コンサートや保育講習会などをおこなう。「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)の2018年2月の歌『おはよう!』他、作詞・作曲多数。

 

中川 ひろたか(なかがわ・ひろたか)

絵本作家、シンガーソングライター。絵本デビュー作『さつまのおいも』(画・村上 康成/童心社)から続々と作品を発表。『ないた』(絵・長 新太/金の星社)は日本絵本賞受賞。歌に『にじ』(作曲)、『みんなともだち』他多数。

 

亀澤 裕也(かめざわ・ゆうや)

イラストレーター。絵本、児童書などを中心に活動中。『てるちゃんのかお』(文・藤井 輝明/金の星社)、カラーパネルシアター『まちのおふろやさん』(作・福田 翔/アイ企画)他、多数出版。

 

 

■『おいで おいで』概要

書名:おいで おいで

著者:福田 翔、中川 ひろたか

絵:亀澤 裕也

出版社:赤ちゃんとママ社

価格:900円+税

判型・ページ数:B5変型・32p

 

 

■著者メッセージ

福田 翔

「おいでおいで、このゆびとまれ」から色んな動物たちが集まって、ワクワクした気持ちを子どもたちと一緒に感じてもらえたらと思います。

「だれかな、だれかな」の部分では、分かった子どもは名前を呼んでくれるでしょう。やりとりを楽しみながら、子どもとの空気感を大切に読んであげるのもポイントです。

読み終わったら、「おいでおいで、このゆびとまれ」と実際にあそんでもいいですね。子どもたちと素敵な時間を過ごせますように。

 

中川 ひろたか

一人であそぶのもいいけれど、二人いないとできないことがある。

二人だけであそぶのもいいけれど、三人いないとつまらないことがある。三人だけであそぶのもいいけれど、たくさんいると、もっと、楽しくなることがある。ひとが集まるのには、ちゃんと意味があるってことね。

 

亀澤 裕也

「おいで、おいで」のリズムの良い展開を受け、絵の具で描いた上から折り紙などをコラージュすることで絵にも自由で明るいリズムをつけてみました。物語を楽しんでくれた後に、子どもたちが絵を描きたくなってくれたら、より嬉しいです。

「おいで おいで お絵描きしたい子 このゆびと~まれ」

 

*メディア様への献本可能です。ご希望の場合お問い合わせください。

 

 

【株式会社 赤ちゃんとママ社について】

商号:株式会社 赤ちゃんとママ社

代表者:代表取締役 小山 朝史

所在地:〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町14番1号

設立:1965年10月

事業内容:出版業

資本金:2,000万円

URL:https://www.akamama.co.jp/

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

企業名:株式会社 赤ちゃんとママ社

担当者名:五十嵐

TEL:03-5367-6595

Email:igarashi@akamama.co.jp

 

 



他の画像

関連業界